ネム(NEM/XEM)ハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を完了

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)は2021年12月1日に注目されていたハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を正式に完了しました。今回のハードフォーク完了によって、NEMとSymbolの両方でハードフォークが完了したため、今後の技術活用やコミュニティ発展には期待が高まっています。

こちらから読む:SBI VCトレードとTaoTaoが合併「「暗号資産」関連ニュース

NEM「Harlockハードフォーク」を正式に完了

ネム(NEM/XEM)は2021年12月1日に、注目されていたハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を正式に完了しました。Harlockは『NEMをSymbol専用サブチェーンとして統合することへの支持をユーザーが明示的に表明できるようにすること』を目的としたものであり、シンボル(Symbol/XYM)のハードフォークである「Cyprus(キプロス)」は先月12日時点で既に完了しています。

ハーロック・ハードフォークは当初「ブロック高3,464,800(2021年11月18日〜19日頃)」で実行される予定となっていましたが、19日にはコア開発者であるJaguar氏から『フォークコードにバグがあったため、ハードフォークを中止する』との報告がなされており、その後の発表で「ブロック高3,481,580(2021年11月30日頃)」にハードフォークを実施することが報告されていました。

Jaguar氏は本日1日のツイートで『ハーロック・ハードフォークのブロックから6時間が経過したことによってブロックチェーンが覆る可能性がなくなったため、ハーロック・ハードフォークは正式に完了した』と報告しています。

Harlockフォークを正式に通過しました!

チェーンはフォークブロック(nis.blockChainRewriteLimit)を超えて6時間以上進行しました!

おめでとうございます! 🥳🍻

Harlock・Cyprusフォークの大きな変更点は?

今回実施されたHarlock・Cyprusハードフォークによる大きな変更点としては「プロジェクトの資金管理体制が再構築されること」が挙げられており、これまで管理されていたNEMやSymbolのコア資金が全てバーン(焼却)され、新たに発行される資金がマルチシグアカウントで管理されることになっています。

このマルチシグアカウントには「米国の大手投資会社Valkyrieの4人の連帯保証人」と「Symbolの3人のコア開発者」が参加することになっており、『Valkyrie社は米国の仮想通貨規制の波を乗り越えるための支援、欧米でカストディアンや取引所での採用を拡大するための支援、流動性提供・会計・監査・コンプライアンス管理なども行うことになる』とも説明されています。

また、ハードフォーク完了によって今後は「Symbolシンジケート・リンガフランカ・不死鳥財団」という3つの組織による新体制が構築されることになっています。

ハードフォーク以前の資金は「NEMトラスト」という初期投資家からなる数名のグループによって管理されていましたが、「財団の2度の失敗」や「マーケティング・対企業重視という路線がうまく機能しなかったこと」などに対してコミュニティからは批判や疑問の声が出ていました。

しかし今回のハードフォークによって、今後はコア開発者らによる「コミュニティ中心主義の資金運用体制」が再構築されることになるため、今後の技術活用・コミュニティのさらなる活発化などに期待が高まっています。

またこのようなことを踏まえて、NEMの3,481,580ブロックに『私たちが灰のままでいるか、不死鳥になれるかは、私たち次第だ』とのメッセージが書き込まれていることも報告されています。

2021年12月1日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は先月29日に18円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2021年12月1日時点では「1XEM=19.49円」で取引されています。

2021年9月2日〜2021年12月1日 XEMの価格チャート(画像:CoinGecko)2021年9月2日〜2021年12月1日 XEMの価格チャート(画像:CoinGecko)

XEM・XYMの取引が可能な暗号資産取引所GMOコインの新規登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ライトコインが韓国の仮想通貨ATM「13,000台以上」で利用可能に

ライトコインが韓国の仮想通貨ATM「13,000台以上」で利用可能に

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

Bloktopia「アルファ版サービスの参加申込受付」開始|24時間で応募締切

Bloktopia「アルファ版サービスの参加申込受付」開始|24時間で応募締切

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

NFTクリエイターとファンを繋ぐメタバースコミュニティ「ReCone」β版提供へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年8月7日〜13日

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

東京ドーム×三菱UFJ信託銀行「Progmat UT」活用したユーティリティトークンを発行

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

オランダ中央銀行:暗号資産取引所「BINANCE」に約332万ユーロの罰金

OKCoinJapan:P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」のゲームトークンIEOを実施検討

OKCoinJapan:P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」のゲームトークンIEOを実施検討

ウズベキスタン「未承認取引所へのアクセス制限」を実施|大手取引所も利用不可に?

ウズベキスタン「未承認取引所へのアクセス制限」を実施|大手取引所も利用不可に?

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

HEXAメタバースに「レンタルNFT展示機能」搭載|美術館・協賛空間の設営が可能に

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

XANAメタバースの「XETA」大手暗号資産取引所4社に同時上場|本日18時から

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:ビットコインがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

Chiliz&Socios「バルサ・スタジオ」に1億ユーロを投資|FCバルセロナのWeb3戦略を加速

Chiliz&Socios「バルサ・スタジオ」に1億ユーロを投資|FCバルセロナのWeb3戦略を加速

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す