ネム(NEM/XEM)ハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を完了

by BITTIMES   

ネム(NEM/XEM)は2021年12月1日に注目されていたハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を正式に完了しました。今回のハードフォーク完了によって、NEMとSymbolの両方でハードフォークが完了したため、今後の技術活用やコミュニティ発展には期待が高まっています。

NEM「Harlockハードフォーク」を正式に完了

ネム(NEM/XEM)は2021年12月1日に、注目されていたハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を正式に完了しました。Harlockは『NEMをSymbol専用サブチェーンとして統合することへの支持をユーザーが明示的に表明できるようにすること』を目的としたものであり、シンボル(Symbol/XYM)のハードフォークである「Cyprus(キプロス)」は先月12日時点で既に完了しています。

ハーロック・ハードフォークは当初「ブロック高3,464,800(2021年11月18日〜19日頃)」で実行される予定となっていましたが、19日にはコア開発者であるJaguar氏から『フォークコードにバグがあったため、ハードフォークを中止する』との報告がなされており、その後の発表で「ブロック高3,481,580(2021年11月30日頃)」にハードフォークを実施することが報告されていました。

Jaguar氏は本日1日のツイートで『ハーロック・ハードフォークのブロックから6時間が経過したことによってブロックチェーンが覆る可能性がなくなったため、ハーロック・ハードフォークは正式に完了した』と報告しています。

Harlockフォークを正式に通過しました!

チェーンはフォークブロック(nis.blockChainRewriteLimit)を超えて6時間以上進行しました!

おめでとうございます! 🥳🍻

Harlock・Cyprusフォークの大きな変更点は?

今回実施されたHarlock・Cyprusハードフォークによる大きな変更点としては「プロジェクトの資金管理体制が再構築されること」が挙げられており、これまで管理されていたNEMやSymbolのコア資金が全てバーン(焼却)され、新たに発行される資金がマルチシグアカウントで管理されることになっています。

このマルチシグアカウントには「米国の大手投資会社Valkyrieの4人の連帯保証人」と「Symbolの3人のコア開発者」が参加することになっており、『Valkyrie社は米国の仮想通貨規制の波を乗り越えるための支援、欧米でカストディアンや取引所での採用を拡大するための支援、流動性提供・会計・監査・コンプライアンス管理なども行うことになる』とも説明されています。

また、ハードフォーク完了によって今後は「Symbolシンジケート・リンガフランカ・不死鳥財団」という3つの組織による新体制が構築されることになっています。

ハードフォーク以前の資金は「NEMトラスト」という初期投資家からなる数名のグループによって管理されていましたが、「財団の2度の失敗」や「マーケティング・対企業重視という路線がうまく機能しなかったこと」などに対してコミュニティからは批判や疑問の声が出ていました。

しかし今回のハードフォークによって、今後はコア開発者らによる「コミュニティ中心主義の資金運用体制」が再構築されることになるため、今後の技術活用・コミュニティのさらなる活発化などに期待が高まっています。

またこのようなことを踏まえて、NEMの3,481,580ブロックに『私たちが灰のままでいるか、不死鳥になれるかは、私たち次第だ』とのメッセージが書き込まれていることも報告されています。

2021年12月1日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は先月29日に18円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2021年12月1日時点では「1XEM=19.49円」で取引されています。

2021年9月2日〜2021年12月1日 XEMの価格チャート(画像:CoinGecko)2021年9月2日〜2021年12月1日 XEMの価格チャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが完了|今後どうなる?

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが完了|今後どうなる?

日本円連動ステーブルコイン「Y-TORA」Amazonショッピングで利用可能に

日本円連動ステーブルコイン「Y-TORA」Amazonショッピングで利用可能に

Synamon:メタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN」のオープンベータ版提供開始

Synamon:メタバースブランディングプラットフォーム「SYNMN」のオープンベータ版提供開始

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

デジタル通貨・CBDCをテーマにした「無料オンライン特別講座」開催へ:コインチェック

シバイヌL2ブロックチェーン「Shibarium」メインネットで正式ローンチ

シバイヌL2ブロックチェーン「Shibarium」メインネットで正式ローンチ

注目度の高い仮想通貨ニュース

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

SOL系の最新アザラシコインSealana、プレセールは6月26日に終了

Semler Scientific:ビットコイン投資を加速「最大1.5億ドルの資金調達」も計画

Semler Scientific:ビットコイン投資を加速「最大1.5億ドルの資金調達」も計画

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

SBI VCトレード「期末時価評価課税の適用除外サービス」開始|ステーキング報酬も受取可能

SBI VCトレード「期末時価評価課税の適用除外サービス」開始|ステーキング報酬も受取可能

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

Pixelverseが大手VCから550万ドル調達、Web3ゲームの世界展開めざす

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

Flare基盤DEXのBlazeSwap:Sceptreの「sFLRトークン」をサポート

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す