LINE:NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」2022年春に提供へ|日本円決済にも対応

by BITTIMES

LINE(ライン)の暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開している「LVC株式会社」は2021年12月15日に、同社が現在提供している「NFTマーケットβ」の機能を拡充したNFT総合マーケットプレイス『LINE NFT』のサービスを2022年春に提供開始することを発表しました。

こちらから読む:DMMビットコイン、XTZ・ENJのレバレッジ取引提供へ「国内ニュース」

新機能を搭載した「総合マーケットプレイス」として提供

LVC株式会社は2021年12月15日に、同社が現在提供している「NFTマーケットβ」の機能を拡充したNFT総合マーケットプレイス『LINE NFT』のサービスを2022年春に提供開始することを発表しました。

LINEは暗号資産・ブロックチェーン関連の様々なサービスを展開しており、暗号資産取引サービスである「LINE BITMAX」、独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」、LINEアカウントでNFTなどのデジタル資産を管理できる「LINE BITMAX Wallet」、LINE Blockchain基盤のNFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」などを提供しています。

「NFTマーケットβ」はこれまで"LINE BITMAX Wallet内のサービス"として提供されていましたが、2022年春にリリースされる『LINE NFT』ではNFTマーケットのサービスを独立させて「一次販売サービス」や「日本円決済」など機能を拡充させた"総合マーケットプレイス"としてサービスが提供されていく予定だと報告されています。

「LINE NFT」で追加される新機能によって、IP(知的財産)保有者はLINE Blockchain上で発行されたNFTの一次販売から二次流通までをワンストップで行うことができる他、ユーザーは欲しいNFTを日本円で簡単に購入・売買することができるようになるとされています。

また「LINE NFT」で購入したNFTはLINEのアカウントですぐに登録できるデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管できるため、ユーザーは手軽にLINEの友だちとNFTを交換したり、送り合うことができるとも説明されており、「LINE NFT」の概要・特徴としては以下のようなことが挙げられています。

  • ユーザーはIP保有者が出品したNFTを簡単に検索して日本円で購入可能
  • IP保有者はLINE Blockchain上で発行されたNFTの一次販売から二次流通までをワンストップで行うことが可能
  • 購入したNFTはデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保有・取引可能
  • 二次流通時も簡単にNFTを検索して日本円で購入可能
  • IP保有者は二次流通過程でコンテンツ料を設定し、ロイヤリティとして収益を得ることが可能
  • ユーザーは二次流通を行うことによって、好きなコンテンツを応援できる

(画像:LINE)(画像:LINE)

LINEの独自ブロックチェーンである「LINE Blockchain」上で発行されたNFTは、他の主要なブロックチェーンで課題となっている"高額なガス代(取引手数料)"もかからない仕組みとなっているため、「LINE NFT」がリリースされることによってLINE Blockchainを活用したNFTの発行・売買・取引・交換が活発化していくことになると予想されます。

>>「LINE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

OKCoinJapan:販売所で「ビットコイン・イーサリアム」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所で「ビットコイン・イーサリアム」取扱いへ

OpenSea「クレジットカード決済」対応へ|Solana基盤のNFT取扱いも予定

OpenSea「クレジットカード決済」対応へ|Solana基盤のNFT取扱いも予定

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

注目度の高い仮想通貨ニュース

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す