LINE:NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」2022年春に提供へ|日本円決済にも対応

by BITTIMES

LINE(ライン)の暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開している「LVC株式会社」は2021年12月15日に、同社が現在提供している「NFTマーケットβ」の機能を拡充したNFT総合マーケットプレイス『LINE NFT』のサービスを2022年春に提供開始することを発表しました。

こちらから読む:DMMビットコイン、XTZ・ENJのレバレッジ取引提供へ「国内ニュース」

新機能を搭載した「総合マーケットプレイス」として提供

LVC株式会社は2021年12月15日に、同社が現在提供している「NFTマーケットβ」の機能を拡充したNFT総合マーケットプレイス『LINE NFT』のサービスを2022年春に提供開始することを発表しました。

LINEは暗号資産・ブロックチェーン関連の様々なサービスを展開しており、暗号資産取引サービスである「LINE BITMAX」、独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」、LINEアカウントでNFTなどのデジタル資産を管理できる「LINE BITMAX Wallet」、LINE Blockchain基盤のNFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」などを提供しています。

「NFTマーケットβ」はこれまで"LINE BITMAX Wallet内のサービス"として提供されていましたが、2022年春にリリースされる『LINE NFT』ではNFTマーケットのサービスを独立させて「一次販売サービス」や「日本円決済」など機能を拡充させた"総合マーケットプレイス"としてサービスが提供されていく予定だと報告されています。

「LINE NFT」で追加される新機能によって、IP(知的財産)保有者はLINE Blockchain上で発行されたNFTの一次販売から二次流通までをワンストップで行うことができる他、ユーザーは欲しいNFTを日本円で簡単に購入・売買することができるようになるとされています。

また「LINE NFT」で購入したNFTはLINEのアカウントですぐに登録できるデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管できるため、ユーザーは手軽にLINEの友だちとNFTを交換したり、送り合うことができるとも説明されており、「LINE NFT」の概要・特徴としては以下のようなことが挙げられています。

  • ユーザーはIP保有者が出品したNFTを簡単に検索して日本円で購入可能
  • IP保有者はLINE Blockchain上で発行されたNFTの一次販売から二次流通までをワンストップで行うことが可能
  • 購入したNFTはデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保有・取引可能
  • 二次流通時も簡単にNFTを検索して日本円で購入可能
  • IP保有者は二次流通過程でコンテンツ料を設定し、ロイヤリティとして収益を得ることが可能
  • ユーザーは二次流通を行うことによって、好きなコンテンツを応援できる

(画像:LINE)(画像:LINE)

LINEの独自ブロックチェーンである「LINE Blockchain」上で発行されたNFTは、他の主要なブロックチェーンで課題となっている"高額なガス代(取引手数料)"もかからない仕組みとなっているため、「LINE NFT」がリリースされることによってLINE Blockchainを活用したNFTの発行・売買・取引・交換が活発化していくことになると予想されます。

>>「LINE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

エクシア・デジタル・アセット「暗号資産c0banレンディングサービス」提供へ

エクシア・デジタル・アセット「暗号資産c0banレンディングサービス」提供へ

Coinbase Wallet「スタンドアロン型のブラウザ拡張機能」をリリース

Coinbase Wallet「スタンドアロン型のブラウザ拡張機能」をリリース

Symbol活用した服薬記録活用アプリ「DrugN」iOS・Android向けのβ版アプリ公開へ

Symbol活用した服薬記録活用アプリ「DrugN」iOS・Android向けのβ版アプリ公開へ

仮想通貨マイニング企業に30%課税「DAME税」を提案:米ホワイトハウス

仮想通貨マイニング企業に30%課税「DAME税」を提案:米ホワイトハウス

ビットコイン価格「42,000ドル」まで急落|仮想通貨全面安でもエルサルバドルは押し目買い

ビットコイン価格「42,000ドル」まで急落|仮想通貨全面安でもエルサルバドルは押し目買い

注目度の高い仮想通貨ニュース

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す