コインチェック×The Sandbox:メタバース上の近未来都市「Oasis TOKYO」建設へ

by BITTIMES   

コインチェック(Coincheck)は2022年1月31日に、世界的に人気のメタバースプラットフォーム「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」でコインチェックが保有している土地(LAND)に、2035年の近未来都市『Oasis TOKYO(オアシス東京)』を制作するプロジェクトを開始したことを発表しました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」を建設

コインチェック(Coincheck)は2022年1月31日に、世界的に人気のメタバースプラットフォーム「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」でコインチェックが保有している土地(LAND)に、2035年の近未来都市『Oasis TOKYO(オアシス東京)』を制作するプロジェクトを開始したことを発表しました。

ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)は、仮想空間上の土地を売買したり、購入した土地にゲームや独自コンテンツを構築して一般ユーザー向けに公開したり、仮想空間に入って公開されているコンテンツで遊んだりすることができるメタバースプラットフォームであり、コインチェックは以前からThe Sandbox上の土地「LAND」を購入して、暗号資産取引所「コインチェック」を通じて一般ユーザー向けにLAND販売を行なっていました。

コインチェックが新たに建設する「Oasis TOKYO(オアシス東京)」は、"2035年の近未来都市"をコンセプトにしたメタバース×NFTのコミュニティ拠点だとされており、『日本を連想させる象徴的な街並みの中に美術館やステージなど様々なイベント施設を設置し、さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指している』と説明されています。

「Coincheck」と「The Sandbox」は2020年9月にパートナーシップを締結して、コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」でLAND販売を行なっていましたが、現在は2021年後半からはメタバースやWEB3.0への注目が集まっているため、両社で連携して今回の取り組みを行うことによって、近い将来訪れるであろうバーチャルなメタバースの世界を体験するきっかけを創出していくと説明されています。

「The Sandbox」のCOOであるSebastien Borget氏と、「コインチェック株式会社」の執行役員である天羽 健介氏は、今回のプロジェクトについて次のようにコメントしています。

【The Sandbox:Sebastien Borget氏】
The Sandboxでは、日本はとても重要な市場だと位置づけ、2020年の前半より日本での取り組みを強化してきました。特に2020年にコインチェックと強固な戦略的パートナーシップを締結し、Coincheck NFTで『The Sandbox』のゲームを始める上で必要なLANDを販売するなどの連携を行ってきました。

グローバル規模でメタバースに注目が集まる中で、このようなメタバースを実際に体験できる機会を提供できることに非常にワクワクしています。「Oasis Tokyo」で多くの方々にメタバース上での体験を仲間とともに共有し合う喜びを知ってもらうことで、『The Sandbox』ファンになって欲しいと思っています。強力なパートナーであるコインチェックとの取り組みにご期待ください。

【コインチェック株式会社:天羽 健介氏】
コインチェックでは、2021年3月より暗号資産取引サービスと一体化したNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」の提供を開始しました、『The Sandbox』とは1stステップとしてLANDの販売をする事で認知拡大などの連携を強めてきましたが、2ndステップとしてLAND上でコミュニティの創出、育成を行います。そのために今回パートナーシップをさらに強化していくことを改めて合意しました。

NFTはメタバースと非常に親和性が高く、NFTやブロックチェーンを既に取り入れているメタバースである『The Sandbox』は世界で最も有力なメタバースの1つになると考えています。今回の取組みを通じて、メタバース上でアーティストや企業とファンが繋がるコミュニティをつくる支援をしていきたいと考えており私自身、企画しながらすごくワクワクしており、ぜひコインチェックとThe Sandboxのタッグによるこの共同の取り組みを楽しみにしていただければと思います。

2022年春に一般公開予定

Oasis TOKYO(オアシス東京)は「メタバース上での活動を体験する機会を提供すること」や「The Sandbox上でのコミュニティ活動の活性化」などを目的として、2022年春に一般公開することを予定しているとのことで、今回の発表では『コインチェックはNFTやメタバースの活用を考えている企業・団体を募集している』とも報告されています。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら
>>「The Sandbox」の公式サイトはこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

カルダノグッズを購入できる公式ストア「Cardano Store」公開|仮想通貨決済にも対応

カルダノグッズを購入できる公式ストア「Cardano Store」公開|仮想通貨決済にも対応

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

エルサルバドル:抗議デモ参加者が「ビットコインATM」を破壊

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説