インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

by BITTIMES   

インドでは仮想通貨取引の禁止が発表されたにも関わらず、仮想通貨取引量が大幅に上昇しています。この結果仮想通貨を保有しているユーザーたちは今後も市場が繁栄し続けると確信しています。

規制強化後も成長する仮想通貨市場

2018年4月にインドの中央銀行(RBI)は仮想通貨の禁止を発表しましたが、その後も日々の仮想通貨取引量は増加し続けています。

ロイター通信によると、インドでのビットコイン(BTC)の平均価格は9,270ドルとなっていますが、この数字はRBIのアナウンス後、5,250ドルだったビットコインの平均価格を大幅に上回っています。またインド国内の平均取引量も増加しており、インドに本拠を置く仮想通貨取引所であるプネによれば、日々の取引量は7,500万ドルに達しているとのことです。

取引所BuyUcoinCEOからのコメント

インドでは禁止措置が発効する前の3ヶ月の猶予期間を利用しようとするトレーダーの流入が報告されています。
こうすることで、これらの投資家は銀行が仮想通貨取引を引き続きサポートしている間に仮想通貨を取得することができます。

この状況について、ニューデリーを拠点とする仮想通貨取引所BuyUcoinのCEOであるShivam Thakral氏は次のように述べています。

政府は仮想通貨取引を禁止し、正式な銀行などの媒体を使用できない場合でも、仮想通貨取引所に移行する可能性があるという業界の肯定的な見方がある。新たな投資家が私たちの取引所に来ているが、現存する人たちは、価値が高まっており、仮想通貨の価格が上昇するにつれてお金を生み出しているため、落とした後に利益を取り戻している。

インドの仮想通貨規制状況

インド政府とRBIは仮想通貨に対して厳しい姿勢を取っています。RBIは常に仮想通貨取引市場の危険性について投資家を教育しようと努めてきました。最近銀行は、すべての商業銀行および規制された貸し手が仮想通貨取引を促進することを禁止しました。

国の政府は、仮想通貨がマネーロンダリングとテロ資金のための手段を提供していると信じていると述べています。

しかし同国の投資家は、政府が仮想通貨規制への実証されたアプローチを取ることを望んでいます。
RBI、財務省、金融規制当局の合同委員会が、同国の仮想通貨規制の枠組みを策定しているとの報告があります。
インドのアルン・ジャイトレー財務相は2018年2月に、仮想通貨を禁止すべきであると述べています。

(引用:http://bitcoinist.com

インドの仮想通貨取引所KOINEXは先日、インド国内最大となる合計23組の仮想通貨ペアの取り扱いを開始したことを発表しました。8つのリップル(XRP)ペアを追加したKOINEXは、世界初のリップル基軸の仮想通貨取引所となりました。

世界初のリップル基軸の仮想通貨取引所|取り扱う通貨ペアは?

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)ではビットコインを長期的に積立てることもできます。

仮想通貨取引所 Zaif の画像ビットコインの積立もできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

ビットコインスキル有するフリーランサー「時給20,000円」超え=UpWork調査

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

LINE:仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供開始

LINE:仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供開始

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す