インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

by BITTIMES   

インドでは仮想通貨取引の禁止が発表されたにも関わらず、仮想通貨取引量が大幅に上昇しています。この結果仮想通貨を保有しているユーザーたちは今後も市場が繁栄し続けると確信しています。

規制強化後も成長する仮想通貨市場

2018年4月にインドの中央銀行(RBI)は仮想通貨の禁止を発表しましたが、その後も日々の仮想通貨取引量は増加し続けています。

ロイター通信によると、インドでのビットコイン(BTC)の平均価格は9,270ドルとなっていますが、この数字はRBIのアナウンス後、5,250ドルだったビットコインの平均価格を大幅に上回っています。またインド国内の平均取引量も増加しており、インドに本拠を置く仮想通貨取引所であるプネによれば、日々の取引量は7,500万ドルに達しているとのことです。

取引所BuyUcoinCEOからのコメント

インドでは禁止措置が発効する前の3ヶ月の猶予期間を利用しようとするトレーダーの流入が報告されています。
こうすることで、これらの投資家は銀行が仮想通貨取引を引き続きサポートしている間に仮想通貨を取得することができます。

この状況について、ニューデリーを拠点とする仮想通貨取引所BuyUcoinのCEOであるShivam Thakral氏は次のように述べています。

政府は仮想通貨取引を禁止し、正式な銀行などの媒体を使用できない場合でも、仮想通貨取引所に移行する可能性があるという業界の肯定的な見方がある。新たな投資家が私たちの取引所に来ているが、現存する人たちは、価値が高まっており、仮想通貨の価格が上昇するにつれてお金を生み出しているため、落とした後に利益を取り戻している。

インドの仮想通貨規制状況

インド政府とRBIは仮想通貨に対して厳しい姿勢を取っています。RBIは常に仮想通貨取引市場の危険性について投資家を教育しようと努めてきました。最近銀行は、すべての商業銀行および規制された貸し手が仮想通貨取引を促進することを禁止しました。

国の政府は、仮想通貨がマネーロンダリングとテロ資金のための手段を提供していると信じていると述べています。

しかし同国の投資家は、政府が仮想通貨規制への実証されたアプローチを取ることを望んでいます。
RBI、財務省、金融規制当局の合同委員会が、同国の仮想通貨規制の枠組みを策定しているとの報告があります。
インドのアルン・ジャイトレー財務相は2018年2月に、仮想通貨を禁止すべきであると述べています。

(引用:http://bitcoinist.com

インドの仮想通貨取引所KOINEXは先日、インド国内最大となる合計23組の仮想通貨ペアの取り扱いを開始したことを発表しました。8つのリップル(XRP)ペアを追加したKOINEXは、世界初のリップル基軸の仮想通貨取引所となりました。

世界初のリップル基軸の仮想通貨取引所|取り扱う通貨ペアは?

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)ではビットコインを長期的に積立てることもできます。

仮想通貨取引所 Zaif の画像ビットコインの積立もできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

「ビットコインバブルは終わってない」半減期後、再び価格高騰の可能性:中国BTC億万長者

「ビットコインバブルは終わってない」半減期後、再び価格高騰の可能性:中国BTC億万長者

仮想通貨が使える旅行代理店「More Stamps Global」対応銘柄は40種類以上

仮想通貨が使える旅行代理店「More Stamps Global」対応銘柄は40種類以上

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ロシア中銀:中央銀行デジタル通貨「デジタルルーブル」の発行可能性を調査

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

CoinBest(コインベスト)「暗号資産交換業者」の登録完了|9月下旬に口座開設受付開始

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す