インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

by BITTIMES   

インドでは仮想通貨取引の禁止が発表されたにも関わらず、仮想通貨取引量が大幅に上昇しています。この結果仮想通貨を保有しているユーザーたちは今後も市場が繁栄し続けると確信しています。

規制強化後も成長する仮想通貨市場

2018年4月にインドの中央銀行(RBI)は仮想通貨の禁止を発表しましたが、その後も日々の仮想通貨取引量は増加し続けています。

ロイター通信によると、インドでのビットコイン(BTC)の平均価格は9,270ドルとなっていますが、この数字はRBIのアナウンス後、5,250ドルだったビットコインの平均価格を大幅に上回っています。またインド国内の平均取引量も増加しており、インドに本拠を置く仮想通貨取引所であるプネによれば、日々の取引量は7,500万ドルに達しているとのことです。

取引所BuyUcoinCEOからのコメント

インドでは禁止措置が発効する前の3ヶ月の猶予期間を利用しようとするトレーダーの流入が報告されています。
こうすることで、これらの投資家は銀行が仮想通貨取引を引き続きサポートしている間に仮想通貨を取得することができます。

この状況について、ニューデリーを拠点とする仮想通貨取引所BuyUcoinのCEOであるShivam Thakral氏は次のように述べています。

政府は仮想通貨取引を禁止し、正式な銀行などの媒体を使用できない場合でも、仮想通貨取引所に移行する可能性があるという業界の肯定的な見方がある。新たな投資家が私たちの取引所に来ているが、現存する人たちは、価値が高まっており、仮想通貨の価格が上昇するにつれてお金を生み出しているため、落とした後に利益を取り戻している。

インドの仮想通貨規制状況

インド政府とRBIは仮想通貨に対して厳しい姿勢を取っています。RBIは常に仮想通貨取引市場の危険性について投資家を教育しようと努めてきました。最近銀行は、すべての商業銀行および規制された貸し手が仮想通貨取引を促進することを禁止しました。

国の政府は、仮想通貨がマネーロンダリングとテロ資金のための手段を提供していると信じていると述べています。

しかし同国の投資家は、政府が仮想通貨規制への実証されたアプローチを取ることを望んでいます。
RBI、財務省、金融規制当局の合同委員会が、同国の仮想通貨規制の枠組みを策定しているとの報告があります。
インドのアルン・ジャイトレー財務相は2018年2月に、仮想通貨を禁止すべきであると述べています。

(引用:http://bitcoinist.com

インドの仮想通貨取引所KOINEXは先日、インド国内最大となる合計23組の仮想通貨ペアの取り扱いを開始したことを発表しました。8つのリップル(XRP)ペアを追加したKOINEXは、世界初のリップル基軸の仮想通貨取引所となりました。

世界初のリップル基軸の仮想通貨取引所|取り扱う通貨ペアは?

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)ではビットコインを長期的に積立てることもできます。

仮想通貨取引所 Zaif の画像ビットコインの積立もできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

FCoin:仮想通貨の「残高確認用ウォレットアドレス」を公開

FCoin:仮想通貨の「残高確認用ウォレットアドレス」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

BINANCE:Polkadotのパラチェーンオークション「サポートする」と発表

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す