ウクライナ政府:暗号資産寄付者に「エアドロップ」実施へ|ETHの少額寄付も増加

by BITTIMES

ウクライナ政府は2022年3月2日に、ウクライナ政府に暗号資産で寄付を行った人々にエアドロップ(トークンの無償配布)を行うことを発表しました。今回の発表を受けて、イーサリアム(ETH)を用いた少額寄付が急増していることも報告されています。

こちらから読む:国内初"コスプレトークン"の上場発表続く「暗号資産」関連ニュース

エアドロップ対象寄付の締切は「3月4日午前1時」

ウクライナ政府は2022年3月2日に、ウクライナ政府に暗号資産で寄付を行った人々にエアドロップ(トークンの無償配布)を行うことを発表しました。

ウクライナ政府は先月末に仮想通貨で寄付を受け取るために「BTC・ETH・USDTの寄付受取用ウォレットアドレス」を公開していましたが、今回の発表では一連のツイートに続ける形で『エアドロップが承認された』と報告されています。

「何が配布されるか」や「エアドロップの条件」などの詳細については明らかにされていないものの、エアドロップ対象となる寄付の締切となる日時は「現地時間2022年3月3日午後6時(日本時間2022年3月4日午前1時)」とされています。

また、仮想通貨寄付キャンペーン関する続報については、ウクライナの副首相兼デジタル変革大臣であるMykhailo Fedorov氏のTwitterアカウント(@FedorovMykhailo)で報告するとも説明されています。

エアドロップが承認されました。スナップショットは明日3月3日のキエフ時間午後6時(UTC/GMT+2時間)に撮影される予定です。報酬は後日。ウクライナの仮想通貨寄付キャンペーンに関する続報は「@FedorovMykhailo」をご覧ください。

エアドロップ発表を受けて仮想通貨寄付も急増

ウクライナ政府はこの数日間で「BTC・ETH・USDT・DOT・SOL」など寄付で受け取れる暗号資産の数を増やしているため、すでに数十億円規模の暗号資産が寄付された事が報告されていましたが、今回のエアドロップ発表を受けて暗号資産の寄付が急増していることも報告されています。

「Dune Analytics」が公開しているデータによると、エアドロップ発表が行われた後に「ウクライナにETHを寄付したウォレットの数」は「発表前にETHを寄付したウォレットの数」を上回っていると報告されています。

(画像:Done Analytics)(画像:Done Analytics

しかし、発表後に行われている寄付は"少額の寄付"が多いとも報告されているため『エアドロップを大量に受け取るために複数のウォレットを作成して寄付が行われている可能性がある』とも懸念されています。

エアドロップの条件は明らかにされていないため、今後も少額寄付が増加した場合には「一定金額以上の寄付に対してエアドロップを行う」などの対策がとられる可能性もありますが、いずれにせよ締切とされる日本時間2022年3月4日午前1時までは寄付数量がさらに増加することになると予想されます。

【ウクライナ政府の寄付用BTCアドレス】
357a3So9CbsNfBBgFYACGvxxS6tMaDoa1P

【ウクライナ政府の寄付用ETH・USDTアドレス(ERC-20)】
0x165CD37b4C644C2921454429E7F9358d18A45e14

【ウクライナ政府の寄付用DOTアドレス】
1x8aa2N2Ar9SQweJv9vsuZn3WYDHu7gMQu1RePjZuBe33Hv

【ウクライナ政府の寄付用SOLアドレス】
66pJhhESDjdeBBDdkKmxYYd7q6GUggYPWjxpMKNX39KV

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

運輸業界初のNFTプロジェクト「東海バスNFT」始動:CryptoGames×東海自動車

運輸業界初のNFTプロジェクト「東海バスNFT」始動:CryptoGames×東海自動車

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

ビットコイン(BTC)でビジネススクールの授業料支払いが可能に:フランス

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

Bitfinexハッキング事件の容疑者2人を逮捕「36億ドル相当の暗号資産」を押収

Bitfinexハッキング事件の容疑者2人を逮捕「36億ドル相当の暗号資産」を押収

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIBUYA109:Web3メタバース「The Sandbox」で期間限定イベント|ミニゲーム等の体験コンテンツ展開

SHIBUYA109:Web3メタバース「The Sandbox」で期間限定イベント|ミニゲーム等の体験コンテンツ展開

Meal Match「ASTR報酬受取の申請受付」開始|メタマスクで受け取るための手順も公開

Meal Match「ASTR報酬受取の申請受付」開始|メタマスクで受け取るための手順も公開

OKCoinJapan:暗号資産スイ(SUI)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:暗号資産スイ(SUI)取扱いへ【国内初上場】

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」2024年まで遅れる可能性

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」2024年まで遅れる可能性

ディープコイン(DEP)を獲得できるすごろくゲーム「Rogue Roll Ruler's」登場

ディープコイン(DEP)を獲得できるすごろくゲーム「Rogue Roll Ruler's」登場

NOWNodes:シバイヌL2「Shibarium」のRPCフルノード稼働を発表

NOWNodes:シバイヌL2「Shibarium」のRPCフルノード稼働を発表

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

イーサリアム(ETH)の新テストネット「Holesky」ローンチ後に問題発生

イーサリアム(ETH)の新テストネット「Holesky」ローンチ後に問題発生

Bybit「Slashを利用した入金」に対応|日本ユーザー向けに提供開始

Bybit「Slashを利用した入金」に対応|日本ユーザー向けに提供開始

無許諾/海賊版のカルダノNFTを排除「JPG Store」と「JPNFT」が業務提携

無許諾/海賊版のカルダノNFTを排除「JPG Store」と「JPNFT」が業務提携

カシオ「VIRTUAL G-SHOCK」プロジェクト開始|Polygon基盤の会員権NFTを無料配布

カシオ「VIRTUAL G-SHOCK」プロジェクト開始|Polygon基盤の会員権NFTを無料配布

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す