ウクライナ政府:暗号資産寄付者に「エアドロップ」実施へ|ETHの少額寄付も増加

by BITTIMES

ウクライナ政府は2022年3月2日に、ウクライナ政府に暗号資産で寄付を行った人々にエアドロップ(トークンの無償配布)を行うことを発表しました。今回の発表を受けて、イーサリアム(ETH)を用いた少額寄付が急増していることも報告されています。

こちらから読む:国内初"コスプレトークン"の上場発表続く「暗号資産」関連ニュース

エアドロップ対象寄付の締切は「3月4日午前1時」

ウクライナ政府は2022年3月2日に、ウクライナ政府に暗号資産で寄付を行った人々にエアドロップ(トークンの無償配布)を行うことを発表しました。

ウクライナ政府は先月末に仮想通貨で寄付を受け取るために「BTC・ETH・USDTの寄付受取用ウォレットアドレス」を公開していましたが、今回の発表では一連のツイートに続ける形で『エアドロップが承認された』と報告されています。

「何が配布されるか」や「エアドロップの条件」などの詳細については明らかにされていないものの、エアドロップ対象となる寄付の締切となる日時は「現地時間2022年3月3日午後6時(日本時間2022年3月4日午前1時)」とされています。

また、仮想通貨寄付キャンペーン関する続報については、ウクライナの副首相兼デジタル変革大臣であるMykhailo Fedorov氏のTwitterアカウント(@FedorovMykhailo)で報告するとも説明されています。

エアドロップが承認されました。スナップショットは明日3月3日のキエフ時間午後6時(UTC/GMT+2時間)に撮影される予定です。報酬は後日。ウクライナの仮想通貨寄付キャンペーンに関する続報は「@FedorovMykhailo」をご覧ください。

エアドロップ発表を受けて仮想通貨寄付も急増

ウクライナ政府はこの数日間で「BTC・ETH・USDT・DOT・SOL」など寄付で受け取れる暗号資産の数を増やしているため、すでに数十億円規模の暗号資産が寄付された事が報告されていましたが、今回のエアドロップ発表を受けて暗号資産の寄付が急増していることも報告されています。

「Dune Analytics」が公開しているデータによると、エアドロップ発表が行われた後に「ウクライナにETHを寄付したウォレットの数」は「発表前にETHを寄付したウォレットの数」を上回っていると報告されています。

(画像:Done Analytics)(画像:Done Analytics

しかし、発表後に行われている寄付は"少額の寄付"が多いとも報告されているため『エアドロップを大量に受け取るために複数のウォレットを作成して寄付が行われている可能性がある』とも懸念されています。

エアドロップの条件は明らかにされていないため、今後も少額寄付が増加した場合には「一定金額以上の寄付に対してエアドロップを行う」などの対策がとられる可能性もありますが、いずれにせよ締切とされる日本時間2022年3月4日午前1時までは寄付数量がさらに増加することになると予想されます。

【ウクライナ政府の寄付用BTCアドレス】
357a3So9CbsNfBBgFYACGvxxS6tMaDoa1P

【ウクライナ政府の寄付用ETH・USDTアドレス(ERC-20)】
0x165CD37b4C644C2921454429E7F9358d18A45e14

【ウクライナ政府の寄付用DOTアドレス】
1x8aa2N2Ar9SQweJv9vsuZn3WYDHu7gMQu1RePjZuBe33Hv

【ウクライナ政府の寄付用SOLアドレス】
66pJhhESDjdeBBDdkKmxYYd7q6GUggYPWjxpMKNX39KV

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

TikTok運営会社:ブロックチェーン・AI関連の「合弁会社」を設立=Bloomberg報道

TikTok運営会社:ブロックチェーン・AI関連の「合弁会社」を設立=Bloomberg報道

日本政府「暗号資産の法人税」見直しへ|課税方法変更で新興企業の海外流出防ぐ

日本政府「暗号資産の法人税」見直しへ|課税方法変更で新興企業の海外流出防ぐ

GMOコイン:取引所サービスで「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始

GMOコイン:取引所サービスで「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「ETH/BTCペア手数料無料キャンペーン」開始

ビットフライヤー「ETH/BTCペア手数料無料キャンペーン」開始

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Kraken:イーサリアムの「The Merge・ETHW」対応方針を発表

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

Rakuten NFT:自治体・関係団体のNFTコンテンツ販売「ご当地NFT」提供開始

ディーカレット「Amber Japan株式会社」に社名変更|WhaleFinの提供開始

ディーカレット「Amber Japan株式会社」に社名変更|WhaleFinの提供開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

FTX:EthereumPoW(ETHW)の永久先物取引サービス提供開始

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏に「巨額の脱税容疑」米ワシントン司法長官が提訴

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏に「巨額の脱税容疑」米ワシントン司法長官が提訴

OKCoinJapan:ディープコイン(DEAPcoin/DEP)取扱いへ|国内初の板取引

OKCoinJapan:ディープコイン(DEAPcoin/DEP)取扱いへ|国内初の板取引

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領「2024年の大統領選」にも出馬へ

DEA社:Web3ユーザー共創型IP創出プロジェクト「SOUL Fusers」スタート

DEA社:Web3ユーザー共創型IP創出プロジェクト「SOUL Fusers」スタート

Chiliz:メキシコのサッカークラブ「Tigres UANL」と提携|$TIGRESファントークン発行へ

Chiliz:メキシコのサッカークラブ「Tigres UANL」と提携|$TIGRESファントークン発行へ

Braveブラウザ:翻訳機能を搭載した「バージョン1.43」リリース

Braveブラウザ:翻訳機能を搭載した「バージョン1.43」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す