ウクライナ政府:暗号資産寄付者に「エアドロップ」実施へ|ETHの少額寄付も増加

by BITTIMES

ウクライナ政府は2022年3月2日に、ウクライナ政府に暗号資産で寄付を行った人々にエアドロップ(トークンの無償配布)を行うことを発表しました。今回の発表を受けて、イーサリアム(ETH)を用いた少額寄付が急増していることも報告されています。

こちらから読む:国内初"コスプレトークン"の上場発表続く「暗号資産」関連ニュース

エアドロップ対象寄付の締切は「3月4日午前1時」

ウクライナ政府は2022年3月2日に、ウクライナ政府に暗号資産で寄付を行った人々にエアドロップ(トークンの無償配布)を行うことを発表しました。

ウクライナ政府は先月末に仮想通貨で寄付を受け取るために「BTC・ETH・USDTの寄付受取用ウォレットアドレス」を公開していましたが、今回の発表では一連のツイートに続ける形で『エアドロップが承認された』と報告されています。

「何が配布されるか」や「エアドロップの条件」などの詳細については明らかにされていないものの、エアドロップ対象となる寄付の締切となる日時は「現地時間2022年3月3日午後6時(日本時間2022年3月4日午前1時)」とされています。

また、仮想通貨寄付キャンペーン関する続報については、ウクライナの副首相兼デジタル変革大臣であるMykhailo Fedorov氏のTwitterアカウント(@FedorovMykhailo)で報告するとも説明されています。

エアドロップが承認されました。スナップショットは明日3月3日のキエフ時間午後6時(UTC/GMT+2時間)に撮影される予定です。報酬は後日。ウクライナの仮想通貨寄付キャンペーンに関する続報は「@FedorovMykhailo」をご覧ください。

エアドロップ発表を受けて仮想通貨寄付も急増

ウクライナ政府はこの数日間で「BTC・ETH・USDT・DOT・SOL」など寄付で受け取れる暗号資産の数を増やしているため、すでに数十億円規模の暗号資産が寄付された事が報告されていましたが、今回のエアドロップ発表を受けて暗号資産の寄付が急増していることも報告されています。

「Dune Analytics」が公開しているデータによると、エアドロップ発表が行われた後に「ウクライナにETHを寄付したウォレットの数」は「発表前にETHを寄付したウォレットの数」を上回っていると報告されています。

(画像:Done Analytics)(画像:Done Analytics

しかし、発表後に行われている寄付は"少額の寄付"が多いとも報告されているため『エアドロップを大量に受け取るために複数のウォレットを作成して寄付が行われている可能性がある』とも懸念されています。

エアドロップの条件は明らかにされていないため、今後も少額寄付が増加した場合には「一定金額以上の寄付に対してエアドロップを行う」などの対策がとられる可能性もありますが、いずれにせよ締切とされる日本時間2022年3月4日午前1時までは寄付数量がさらに増加することになると予想されます。

【ウクライナ政府の寄付用BTCアドレス】
357a3So9CbsNfBBgFYACGvxxS6tMaDoa1P

【ウクライナ政府の寄付用ETH・USDTアドレス(ERC-20)】
0x165CD37b4C644C2921454429E7F9358d18A45e14

【ウクライナ政府の寄付用DOTアドレス】
1x8aa2N2Ar9SQweJv9vsuZn3WYDHu7gMQu1RePjZuBe33Hv

【ウクライナ政府の寄付用SOLアドレス】
66pJhhESDjdeBBDdkKmxYYd7q6GUggYPWjxpMKNX39KV

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

Fidelity仮想通貨部門「欧州の機関投資家」向けにサービスを拡大

Fidelity仮想通貨部門「欧州の機関投資家」向けにサービスを拡大

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

MEXC Global:上場予定銘柄を投票で決める「MEXC入金コンテスト~日本の輪~」開催

MEXC Global:上場予定銘柄を投票で決める「MEXC入金コンテスト~日本の輪~」開催

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

Bybit:暗号資産P2P取引サービスで「日本円(JPY)」サポートへ

Bybit:暗号資産P2P取引サービスで「日本円(JPY)」サポートへ

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

ウィットスタジオ「アニメ3作品のNFT」をグローバル展開|Animoca Brandsと協業

ウィットスタジオ「アニメ3作品のNFT」をグローバル展開|Animoca Brandsと協業

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

Bitget:日本市場向けに「取引手数料15%割引」適用開始|体験金・賞品山分けプレゼントキャンペーンも

Bitget:日本市場向けに「取引手数料15%割引」適用開始|体験金・賞品山分けプレゼントキャンペーンも

Chiliz&Socios:ブラジル「Esporte Clube Bahia」の公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジル「Esporte Clube Bahia」の公式ファントークン発行へ

CoinBest:販売所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱い開始

CoinBest:販売所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱い開始

ビットバンク:現金8万円やPS5が当たる「創業8周年大感謝祭」を開催

ビットバンク:現金8万円やPS5が当たる「創業8周年大感謝祭」を開催

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す