NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」2022年3月17日リリースへ

by BITTIMES

SBINFT株式会社は2022年3月2日に、NFTマーケットプレイス「nanakusa」をリブランディングした新サービス『SBINFT Market』を2022年3月17日にリリースすることを発表しました。

こちらから読む:ウクライナ政府、"エアドロップの中止"を発表「暗号資産」関連ニュース

『SBINFT Market』2022年3月17日公開へ

SBINFT株式会社は2022年3月2日に、NFTマーケットプレイス「nanakusa」をリブランディングした新サービス『SBINFT Market』を2022年3月17日にリリースすることを発表しました。

『SBINFT Market』はSBINFT株式会社が開発・運営を行うパブリックチェーンによるNFTの発行・販売・二次流通機能を備えたキュレートされたマーケットプレイスであり、公認アーティストや提携しているコンテンツ事業者がデジタルアート・音楽・写真・ゲームキャラクター・チケットなどといった有用性のあるNFTを販売する事ができるように設計されています。

また、一般利用者はそれらのNFTを購入したり、二次流通機能を通じて個人間でNFTを売買したりする事も可能で、イーサリアム(ETH)・ポリゴン(MATIC)・クレジットカードによる支払いに対応していると報告されています。

『SBINFT Market』の主な機能

『SBINFT Market』の主な機能としては以下のようなものが挙げられています。

【NFTの発行】
公認アーティスト・提携事業者は、専用ページでNFTを発行することができる。

【販売及び決済方法】
NFT作品の販売は「任意の価格で販売する通常販売」と「オークション販売」のどちらかを選択可能。通常販売時の決済方法は「暗号資産(ETH・MATIC)」か「クレジットカード」のどちらかを選択できる。

【購入】
マーケットプレイスに出品されているNFT作品を購入することができる。

【二次販売】
NFT購入者は二次流通(販売・購入)を行うことができる。取引が成立すると、公認アーティスト及び提携事業者が規定したロイヤリティが還元される。

なお、2022年3月17日の公開までは現行のNFTマーケットプレイス「nanakusa」を利用する事ができるとのことで、「SBINFT Market」がリリースされた後は公認アーティスト・提携事業者による一次販売時の販売手数料が7.5%から「10%」に改訂されるとも報告されています。

また「メタバース上に常設ギャラリーを設置して様々なイベントを実施すること」も予定されているとのことで、対応言語は現在の日本語・英語に加えて「中国語・韓国語」にも対応、3月中旬にはリニューアルキャンペーンなども発表される予定だとされています。

>>「SBINFT株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

Fidelity「ビットコインファンド」提供か|米SECに申請書類を提出

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

JPYC:アート・NFTの分散型保有プラットフォーム「STRAYM」と提携

JPYC:アート・NFTの分散型保有プラットフォーム「STRAYM」と提携

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

コインチェック:Androidアプリに「価格通知機能」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

ソラナDEXアグリゲーター「Jupiter」モバイルアプリ公開へ|Ultimate Walletを買収

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す