ビットバンク「ボバネットワーク(BOBA)」取扱いへ|OMG保有者へのエアドロップも

by BITTIMES   

暗号資産取引所「bitbank(ビットバンク)」は2022年3月9日に、同社が提供している「現物取引所」と「暗号資産を貸して増やす」のサービスで国内初上場となる『ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)』の取扱いを2022年3月14日から開始すること発表しました。OMG保有者に対するBOBAエアドロップも同日14日に行われるとのことで、BOBAの取扱い開始を記念した『BOBA/JPY、BOBA/BTCの取引手数料無料キャンペーン』を開催することも報告されています。
※このキャンペーンの開催期間は「日本時間2022年3月14日〜2022年4月13日午前9時59分まで」となっています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

ボバネットワーク(BOBA)3月14日から取扱い開始

bitbank(ビットバンク)は2022年3月9日に、同社が提供している「現物取引所」と「暗号資産を貸して増やす」のサービスで国内初上場となる『ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)』の取扱いを2022年3月14日から開始すること発表しました。

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)が新たに上場することによって、ビットバンクで取引可能な暗号資産は以下の合計14銘柄となります。(2022年3月9日時点の情報に基づく)
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
モナコイン(Monacoin/MONA)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCC)
クアンタム(Qtum/QTUM)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
オーエムジー(OMG Network/OMG)
シンボル(Symbol/XYM)
チェーンリンク(Chainlink/LINK)
メイカー(Maker/MKR)
ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)NEW!

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)は、イーサリアムの課題である「スケーラビリティ問題」などを解決するために実用的なLayer2ソリューションを提供するプロジェクトであり、「Boba DAO」のガバナンスに使用できる他、Boba Networkのステーキングに参加することによって報酬を得ることもできるようになっています。

「現物取引所での取扱い」について

現物取引所で新たに追加される取扱いペアは「BOBA/JPY、BOBA/BTC」の2ペアとなっており、呼値・最小注文数量/取引単位・最大注文数量は以下のように設定されていると説明されています。

通貨ペア呼値最小注文数量/取引単位最大注文数量
(指値の場合)
BOBA/JPY0.001 JPY0.0001 BOBA600,000 BOBA
BOBA/BTC0.00000001 BTC0.0001 BOBA60,000 BOBA

「暗号資産を貸して増やすの募集」について

「暗号資産を貸して増やす」のサービスでは、2022年3月14日から"2022年3月期のBOBA貸出募集"が開始される予定であると報告されています。

「暗号資産を貸して増やす」とは、ビットバンクとの間で暗号資産貸借取引契約を締結することによって「最大年率3%の暗号資産」を1年後に受け取ることができるサービスであり、1年間の満了期日を迎えると「募集月に貸出した仮想通貨」+「同社所定の利用料」を受け取ることができるようになっています。

「OMG保有者に対するBOBAエアドロップ」について

ビットバンクは昨年11月に「OMG保有者に対するBOBAエアドロップ」に対応する方針を発表していましたが、今回の発表では『BOBAエアドロップ対象者へのBOBA付与を2022年3月14日のシステムメンテナンス中に実施する』ということも報告されています。

なお、BOBAトークン付与のためのスナップショット(OMGの保有量記録)は「日本時間2021年11月12日9時」に実施されていたため、このタイミングでビットバンクのアカウントにOMGを保有している方が今回のエアドロップの対象となります。

BOBAエアドロップでは「1OMG=1BOBA」の割合でBOBAが付与されることになっているため、『日本時間2021年11月12日午前9時時点のOMG保有数量と同じ数量のBOBA』が14日のメンテナンス時に付与されると説明されています。

「BOBA取引手数料無料キャンペーン」も開催

ビットバンクはボバネットワーク(Boba Network/BOBA)の取扱い開始を記念して、キャンペーン期間中のBOBA取引手数料が無料になる『BOBA取引手数料無料キャンペーン』を開催することも発表しています。

このキャンペーンの開催期間は「日本時間2022年3月14日〜2022年4月13日午前9時59分まで」となっており、キャンペーン期間中は「BOBA/JPY」と「BOBA/BTC」のメイカー・テイカー手数料が共に"0%"になると報告されています。

なお、ビットバンクの通常の取引手数料は「メイカー手数料:-0.02%」「テイカー手数料:+0.12%」となっているため、通常時でも指値注文で取引を行えば、取引金額の0.02%相当の手数料を受け取ることができるようになっています。

>>「ビットバンク」の公式発表はこちら

暗号資産取引所ビットバンクの新規登録はこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif:トロン(Tron/TRX)取扱いへ|ゲームトークンなどの新規上場も計画

Zaif:トロン(Tron/TRX)取扱いへ|ゲームトークンなどの新規上場も計画

Solana基盤のミームコイン「Dogwifhat(WIF)」わずか10日で6倍以上の価格上昇

Solana基盤のミームコイン「Dogwifhat(WIF)」わずか10日で6倍以上の価格上昇

ビットコイン価格予想「2024年の半減期で40万ドル」Blockware Solutionsが理由を説明

ビットコイン価格予想「2024年の半減期で40万ドル」Blockware Solutionsが理由を説明

Tron CEO「トランプ大統領」をバフェットランチに招待|仮想通貨の重要性を主張

Tron CEO「トランプ大統領」をバフェットランチに招待|仮想通貨の重要性を主張

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

Poloniexをアジア地域へ拡大する計画|Circle社

Poloniexをアジア地域へ拡大する計画|Circle社

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説