人気NFTの「CryptoPunks・Meebits」商業利用が可能に|Yuga Labsが知的財産権を取得

by BITTIMES

世界的に人気のNFTコレクション『Bored Ape Yacht Club(BAYC)』の制作スタジオである「Yuga Labs」は2022年3月12日に、同じく世界的に人気のNFTコレクションである『CryptoPunks』と『Meebits』の知的財産権を取得したことを発表しました。Yuga Labsは今後、これらのNFT所有者にも"商業的使用権"を与えると説明しています。

こちらから読む:Bitrue、ADA取引ペアをさらに拡充「暗号資産」関連ニュース

NFT保有者に「商業的使用権」を付与

Bored Ape Yacht Club(BAYC)の制作スタジオである「Yuga Labs」は2022年3月12日に、NFTコレクション制作スタジオである「Larva Labs」から世界的に人気のNFTコレクションである『CryptoPunks』と『Meebits』の知的財産権を取得したことを発表しました。

Yuga Labsは現在「CryptoPunksの作品423点」と「Meebitsの作品1711点」に加えて「両方のコレクションのブランド・アートの著作権・その他のIP権」を所有しているとのことで、BAYCやMAYCのオーナーに"商業的使用権"を付与したのと同じように『CryptoPunks』と『Meebits』のNFT保有者にも"商業的使用権"を付与するとも説明されています。

今日はビッグニュースがあります。Yuga LabsはLarva Labsから「CryptoPunks」と「Meebits」のコレクションを取得し、NFT保有者に完全な商業的使用権を与えることにしました。BAYCやMAYCのオーナーにしたのと同じようにね。

Yuga Labsは「BAYC」や「MAYC」のNFT保有者に"それぞれのイラストの商業使用権"を付与していたため、NFT保有者はそれらのイラストをマーケティングや商品に活用することができましたが、「CryptoPunks」と「Meebits」では"商業権付与"に関する明確なガイダンスが行われていなかったため、一部のNFT保有者からは不満の声も出ていました。

「CryptoPunks」と「Meebits」のNFT保有者に"商業利用権"が付与されれば、NFT保有者がこれらの作品を自分のプロジェクトや商品に取り入れることができるようになるため、そのような作品がさらに増加し、仮想通貨業界の発展にもつながると期待されています。

なお「Yuga Labs」は現在、法務チームと協力して両コレクションの新しい利用規約を起草しているとのことで、近日中には新しい利用規約が公開される予定だと説明されています。

>>「Yuga Labs」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

米仮想通貨ATM「Coinstar」暗号資産6銘柄を新規サポート

米仮想通貨ATM「Coinstar」暗号資産6銘柄を新規サポート

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

シバイヌL2「Shibarium」ブリッジで問題発生か|170万ドル相当のETHがロック状態との報告

シバイヌL2「Shibarium」ブリッジで問題発生か|170万ドル相当のETHがロック状態との報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す