CHILIZ CHAIN 2.0「テストネット開始に向けたカウントダウン」開始

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2022年3月25日に、スポーツ・エンタメに特化した新たなブロックチェーン「CHILIZ CHAIN 2.0」のテストネット開始に向けたカウントダウンを開始したことを発表しました。「CHILIZ CHAIN 2.0」のテストネットは2022年3月31日に開始されると報告されています。

こちらから読む:国内取引所、満18歳以上から口座開設可能に「暗号資産」関連ニュース

CHILIZ CHAIN 2.0「3月31日」にテストネット公開

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2022年3月25日に、スポーツ・エンタメに特化した新たなブロックチェーン「CHILIZ CHAIN 2.0」のテストネット開始に向けたカウントダウンを開始したことを発表しました。

「CHILIZ CHAIN 2.0」のテストネットは2022年3月31日に開始されるとのことで、Chilizの創設者兼CEOであるAlexandre Dreyfus氏は『Web3.0(分散型ウェブ)とスポーツ&エンターテインメントを組み合わせた新しいフレームワークを立ち上げる』と報告しています。

「Chiliz Chain 2.0」テストネット開始に向けたカウントダウン。Web3×スポーツ&エンターテインメントの新しいフレームワークを立ち上げます。あと6日。

「CHILIZ CHAIN 2.0」はアンカー(Ankr/ANKR)と提携して開発が進められているスポーツ・エンタメ特化の新ブロックチェーンとなっており、具体的な特徴としては以下のような点が挙げられていました。

  • 世界中のスポーツ&エンタメ団体によるファントークン・NFT・その他デジタル資産の自由な発行を可能にする(発生する手数料の全てが$CHZで支払われる仕組み)
  • IP(知的財産)と消費者を保護し、ブロックチェーン方面におけるスポーツ・エンタメ業界の未来の繁栄を支える
  • EVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性を持ち、イーサリアムとソリディティ両方との下位互換性を有する
  • ETHと比較して最低でも500分の1のガスフィーで機能する(CHZ支払い)
  • Chiliz初のステーキング機能が実装される

また「Chiliz Chain 2.0」のローンチによって、仮想通貨CHZは『Socios.comのみで効果を発揮していた"トランザクション型トークン"』から『世界中のスポーツ&エンタメ業界での活用が期待される革新的ブロックチェーンの"ネットワーク提供型トークン"』へと形を変えていくとも説明されており、トークンを一定期間保有し続けることによって報酬がもらえるステーキングの機能が実装されることなども予定されているため、今後の正式リリースには注目が集まっています。

なお「Chiliz Chain 2.0」のテストネット開始までの残り時間は、以下のカウントダウンページで確認することができます。

>>「Chiliz Chain 2.0」のカウントダウンページはこちら
>>CHZを取り扱っている「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Facebook・Instagram両方で「NFTの投稿・共有」が可能に|複数のブロックチェーンに対応

Facebook・Instagram両方で「NFTの投稿・共有」が可能に|複数のブロックチェーンに対応

カルダノ関連イベント「Cardano Summit 2022」開催決定|東京イベントも予定

カルダノ関連イベント「Cardano Summit 2022」開催決定|東京イベントも予定

仮想通貨・ビットコインのドキュメンタリー映画「Cryptopia」公開

仮想通貨・ビットコインのドキュメンタリー映画「Cryptopia」公開

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

「ビットコイン送金時間かかりすぎ!」その問題解決しますよライトニングネットワーク

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

Oasys:分散型自律組織(DAO)に向けたガバナンス体制を立ち上げ

Oasys:分散型自律組織(DAO)に向けたガバナンス体制を立ち上げ

WhaleFin「ディーカレット公式サイトからの自動遷移終了」を発表

WhaleFin「ディーカレット公式サイトからの自動遷移終了」を発表

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

bitFlyer Blockchain「Miyabi」のブランドリニューアル|Miyabi Explorerを一般公開

bitFlyer Blockchain「Miyabi」のブランドリニューアル|Miyabi Explorerを一般公開

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す