米財務省:仮想通貨ミキシングサービス「Blender.io」に制裁措置

by BITTIMES

米財務省外国資産管理局(OFAC)は2022年5月6日に、複数のアドレスを混雑させることによって暗号資産の送金元の特定を困難にするミキシングサービス「Blender.io」に対して制裁措置を発動したことを発表しました。同サービスは北朝鮮のハッカーグループ「ラザルス」の資金洗浄などに使用されていたと指摘されています。

こちらから読む:Google、Web3.0専門チーム設立へ「暗号資産」関連ニュース

「北朝鮮ハッカーの資金洗浄に悪用されていた」と指摘

米国の財務省外国資産管理局(OFAC)は2022年5月6日に、複数のアドレスを混雑させることによって暗号資産の送金元の特定を困難にするミキシングサービス「Blender.io」に対して制裁措置を発動したことを発表しました。

暗号資産のミキシングサービスは既に複数提供されており、それらのミキシングサービスは"プライバシー保護"を目的として使用されていますが、一部ではハッキングなどで不正に入手した暗号資産の追跡を困難にするために使用されているため、業界では以前からそのような悪用が問題視されていました。

今回制裁措置が発令された「Blender.io」は、北朝鮮のハッカーグループ「Lazarus(ラザルス)」が人気のNFTゲーム「Axie Infinity」から盗んだ暗号資産を資金洗浄するために使用していたとのことで、米財務省外国資産管理局は『Blenderは2,050万ドル(約27億円)を超える違法な収益の処理に使用された』と指摘しています。

また今回の発表では、Blenderが「Trickbot・Conti・Ryuk・Sodinokibi・Gandcrab」などといったロシアに関連するランサムウェアグループの資金洗浄にも利用されていたことが報告されており、テロ・金融情報担当財務次官であるブライアン・ネルソン氏は、今回の制裁措置について次のようにコメントしています。

米財務省は本日初めて仮想通貨ミキサーに制裁措置を取ることになりました。不正な取引を支援する仮想通貨ミキサーは、米国の国家安全保障上の利益に対する脅威となります。我々は北朝鮮による不正な金融活動に対して行動を起こしており、国家が後援する窃盗やその資金洗浄を可能にするものを許すつもりはありません。

今回の制裁措置によって、米国内にある「Blender.io」のすべての財産および財産に対する権利は凍結されると報告されており、米国人あるいは米国内における「Blender.io」の利益や財産に関わる全ての取引はOFACが許可しない限り禁止されることになるとも説明されています。

>>「米財務省」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

Calibraウォレットに「AIチャットボット」搭載か|Facebook、Servicefriendを買収

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

日本円ステーブルコインJPYC「Astar Network」に対応|ASTRプレゼントキャンペーンも

日本円ステーブルコインJPYC「Astar Network」に対応|ASTRプレゼントキャンペーンも

Socios.com:NBA所属のプロバスケチーム「Portland Trail Blazers」と提携

Socios.com:NBA所属のプロバスケチーム「Portland Trail Blazers」と提携

クオン:The Sandboxのメタバースに「Quan LAND」開設|キャラクターNFTも販売

クオン:The Sandboxのメタバースに「Quan LAND」開設|キャラクターNFTも販売

注目度の高い仮想通貨ニュース

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

ロバート・キヨサキ氏が語る「金・銀・ビットコインが高騰する理由」

ロバート・キヨサキ氏が語る「金・銀・ビットコインが高騰する理由」

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

スペインの航空会社「Vueling」仮想通貨決済対応へ

暗号資産取引所coinbook(コインブック)とは?基本情報・特徴などを解説

暗号資産取引所coinbook(コインブック)とは?基本情報・特徴などを解説

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

弱気相場から脱する兆しあり、今注目すべきはメタケード

弱気相場から脱する兆しあり、今注目すべきはメタケード

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す