ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

イーサリアムのレイヤー2・サイドチェーンのスケーリングソリューションである「ポリゴン(Polygon/MATIC)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?

Polygon-MATIC-Logo

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは、イーサリアムが抱える取引処理遅延・取引手数料高騰などといった「スケーラビリティ問題」を解決することを目的として開発された「レイヤー2」または「サイドチェーン」のスケーリングソリューションであり、Polygonはプロジェクト・ネットワーク・ソリューションの名称、MATICは手数料の支払い・ステーキング・ガバナンスなどに使用できるPolygonの仮想通貨の名称を指します。

なお、Polygonは元々「マティック(Matic)」という名称で始まったものの、2021年2月のリブランディングで正式名称が「ポリゴン(Polygon)」に変更されており、トークンの名前はMATICのまま引き継がれています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)は代表的な仮想通貨・ブロックチェーンとして広く知られており、現在は様々なプロジェクトでイーサリアムの技術が活用されていますが、ユーザー数が増加したことなどによって「取引処理に長い時間がかかる」「送金時に高額な送金手数料がかかる場合がある」などの問題を抱えていました。

Polygonは高速な並列ブロックチェーンを作成してイーサリアムのブロックチェーンにリンクすることによってそのような問題を解決しており、それによってイーサリアムや他のブロックチェーンよりもはるかに高速で低コストな取引を実現しています。

このような仕組みを採用しているPolygonでは、イーサリアムのブロックチェーンを基盤とした様々なアプリケーションを実行・連携することができるため、現在は世界中で非常に多くのプロジェクトや企業によってPolygonの技術が活用されています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の特徴

Blockchain-Catch

ポリゴン(Polygon/MATIC)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

高速かつ低コストなトランザクションを実現

ポリゴン(Polygon/MATIC)の最も大きな特徴の一つとしては「取引処理速度が非常に速く、取引手数料も安い」という点が挙げられます。仮想通貨・ブロックチェーンが広く採用されるためには、速い取引速度・安い取引手数料が非常に重要となるため、Polygonはこれらの点で高く評価されています。

イーサリアムが1秒間に処理できるトランザクション(取引)の数は15程度とされていますが、ポリゴンが1秒間に処理できるトランザクションの数は7,000とされているため、この数字から考えるとイーサリアムの450倍以上の処理能力を有していることになります。

また、イーサリアムのネットワークで送金する場合には数百円〜数千円の手数料がかかる場合があるのに対して、ポリゴンの場合は基本的に1円未満の手数料に抑えることができるため、手数料面でも大きな利点を有しています。

イーサリアム基盤のアプリを実行・連携できる

ポリゴン(Polygon/MATIC)はイーサリアムの代替となるネットワークであり、サイドチェーンを利用して様々なイーサリアム基盤のアプリケーションを実行・連携できるようになっています。

イーサリアムのブロックチェーン上では既に非常に多くのアプリケーションやサービスが立ち上げられているため、これらのアプリケーションを実行・連携できるのは大きな利点であると言えます。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用

ポリゴン(Polygon/MATIC)は様々な仮想通貨プロジェクトで採用されている人気のコンセンサスアルゴリズム(取引承認方法)である「プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)」を採用しているため、ステーキングで資産を増やすことが可能です。

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)とは、通貨保有量が多いほどブロックを生成しやすくなるコンセンサスアルゴリズムであり、一般投資家でも手軽にブロック生成による報酬(ステーキング報酬)を獲得できる点などで人気を集めています。

ビットコイン(BTC)のような「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」を採用しているブロックチェーンでマイニングに参加するためには、数十万円もする高額なマイニング機器が必要で、マイニングのための電気代などもかかるため、一般の人々にはハードルが高いものとなっていましたが、Polygonでは簡単にステーキングに参加することができるため、長期保有しながら資産を増やすことができるようになっています。

bitbankの画像MATICも取扱う暗号資産取引所ビットバンクはこちら

ポリゴン(Polygon/MATIC)の基本情報

プロジェクト名称ポリゴン(Polygon)
トークン名称マティック(MATIC)
ティッカーシンボルMATIC
総発行枚数10,000,000,000 MATIC
公開時期2017年
コンセンサスアルゴリズムプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)

ポリゴン(Polygon/MATIC)の価格・チャート

MATICを取扱う暗号資産取引所

ポリゴン(Polygon/MATIC)の取引が可能な国内外の主要取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2023年12月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
ビットバンク
SBI VCトレード
ビットポイント
DMMビットコイン
OKCoinJapan
コインチェック
Binance Japan
ビットトレード
ビットフライヤー
Zaif
コイントレード

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Bybit(バイビット)
Coinbase(コインベース)
FTX(エフティーエックス)
KuCoin(クーコイン)
Kraken(クラーケン)
Bitfinex(ビットフィネックス)

※MATICには、Ethereumネットワーク上のMATICである「wMATIC」や、Plygonネットワーク上の「MATIC」などが存在し、取引所によってはwMATICのみしか取り扱われていない場合もあるため、MATIC送金時には注意が必要です。

ポリゴン(Polygon/MATIC)関連リンク

Polygon公式サイト
Polygon公式Twitter
Polygon公式Facebook
Polygon公式Telegram
Polygon公式Instagram
Polygon公式YouTube
Polygon公式ブログ
PolygonのRedditコミュニティ
PolygonのDiscordコミュニティ
Polygonライトペーパー
MATICホワイトペーパー
ソースコード(GitHub)
エクスプローラー①(etherscan)
エクスプローラー②(ethplorer)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)「2023年の注目ニュース」と「2024年期待の新サービス」

シバイヌ(SHIB)「2023年の注目ニュース」と「2024年期待の新サービス」

クリプタクト「DeFi取引の損益計算」に自動対応するサービス提供へ

クリプタクト「DeFi取引の損益計算」に自動対応するサービス提供へ

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

ニュージーランド銀行:ブロックチェーン技術の活用方法を検討

ニュージーランド銀行:ブロックチェーン技術の活用方法を検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す