自民党NFT:ブロックチェーンは「Polygon」を採用|HAZAMA BASEを活用

by BITTIMES

ブロックチェーン・スタートアップの「株式会社IndieSquare」は2022年5月27日に、自民党青年局が会議・研修会で配布するNFTの発行に、同社が提供している低コストで誰でも簡単にNFTを発行できる『HAZAMA BASE(ハザマ ベース)』が採用されたことを発表しました。自民党NFTの発行では、パブリックブロックチェーンである「ポリゴン(Polygon/MATIC)」が利用されたと報告されています。

こちらから読む:岸田首相、税制改正に前向き姿勢?「暗号資産」関連ニュース

自民党NFTの発行に「HAZAMA BASE」を採用

株式会社IndieSquareは2022年5月27日に、自民党青年局が会議・研修会で配布するNFTの発行に、同社が提供している低コストで誰でも簡単にNFTを発行できる『HAZAMA BASE(ハザマ ベース)』が採用されたことを発表しました。

自民党青年局の局長を務めている小倉 將信衆院議員は27日に、岸田首相の顔写真が付いた「岸田トークン」などのNFTを今後のイベントや集会などで配布していくことを明かしていましたが、これらのNFTの発行で『HAZAMA BASE』が活用されているとのことです。

HAZAMA BASE(ハザマ ベース)は、誰でも簡単・完全無料でNFTを発行できるプラットフォームであり、NFT発行時には以下3種類のブロックチェーンの中から使用するブロックチェーンを選択することが可能、プロジェクト作成後に発行するトークンの種類を「NFT・POAP・独自通貨」の中から選択することができるようになっています。
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ポリゴン(Polygon/MATIC)
・ハザマ(HAZAMA)

自民党が配布しているNFTは「POAP(ポープ)」と呼ばれるイベント等に参加した際の証として活用できる譲渡することができないNFTとなっており、以前報告されていたように研修会参加者に対して出席証明・記念バッジとして配布、また政策コンテストの表彰者に配布することを予定していると報告されています。

自民党NFTでの「Polygon」活用に注目集まる

ポリゴン(Polygon/MATIC)は日本国内の暗号資産取引所には上場していないものの、今回の自民党NFTではPolygonのブロックチェーンがされていると報告されているため、仮想通貨コミュニティでは『自民党NFTの発行にPolygonの技術が活用された』と注目が集まっています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、イーサリアムが抱える取引処理遅延・取引手数料高騰などといった「スケーラビリティ問題」を解決することを目的として開発された「レイヤー2」または「サイドチェーン」のスケーリングソリューションであり、イーサリアムよりも安い手数料で素早く取引を行うことができることなどから人気のブロックチェーンの1つとなっています。

ここ最近では日本国内で取引可能な暗号資産の種類も増えてきているため、コミュニティではPolygonの仮想通貨である「MATIC」の国内取引所上場にも期待が高まっています。

Polygon採用に関する補足説明も

なお「自民党NFTでPolygonのブロックチェーンが採用されている」ということを受けて、ブロックチェーン上の取引履歴を辿った一部の仮想通貨コミュニティからは『請負業者が金融庁から無登録業者として警告を受けているBINANCE(バイナンス)を使用していたことがわかった』との指摘が出ていましたが、株式会社IndieSquareは2022年5月29日にこれらの件について以下のように補足説明を行なっています。

【株式会社IndieSquareからの補足説明】
この度、当社が発行し自民党青年局が活用するNFTに関するご照会事項について、以下の通り補足させていただききます。

1)当該のNFTを作成するために使用したトークンは当社の海外居住者名義の口座で適法に調達しており、今回の施策で活用するために当社内限りで使用しております。

2)今回のNFTは自民党青年局が管理しているものではなく、当社で運用しております。

3)NFTに関しては譲渡不能の設定を行うことで金銭的な価値を持たない仕様で運用しており、決済手段として利用不可となっております。

なお、今回採用したポリゴンというブロックチェーンを活用したNFT発行は低コストで運用可能である点において、国内事業者、自治体等でも複数採用事例がある方式であり、当社として法的にも倫理的にも問題は無いと判断し今回の仕様決定にいたっております。

>>「株式会社IndieSquare」の公式発表はこちら
>>「株式会社IndieSquare」の補足説明はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

稼げる放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「CrossLink」事前登録受付開始

稼げる放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「CrossLink」事前登録受付開始

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

手越祐也氏が「XANA」とコラボ|メタバースライブ・NFT展開などを予定

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

コインチェック:BTCがもらえる「ビットコインあげちゃうキャンペーン」開始

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

Jリーグ公認ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」オープンβ版配信開始

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す