スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

by BITTIMES

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」を運営している「株式会社カイカエクスチェンジ」は2022年6月10日に、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)の実施検討に向けて「株式会社スケブ」「株式会社スケブベンチャーズ」との間で覚書を締結したことを発表しました。スケブベンチャーズは2022年9月頃に暗号資産「Skeb Coin(スケブコイン)(仮称)」の発行による資金調達を予定しているとのことです。

こちらから読む:HashPort、IEO実施に向け"MATCHA NFT"と提携「国内ニュース」

スケブコインのIEOに向け3社間覚書締結

Zaif(ザイフ)を運営している「株式会社カイカエクスチェンジ」は2022年6月10日に、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)の実施検討に向けて「株式会社スケブ」「株式会社スケブベンチャーズ」との間で覚書を締結したことを発表しました。

イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)とは、企業・団体・プロジェクトなどがユーティリティトークンの発行を通じて資金調達をする仕組みのうち、暗号資産交換所がその発行体・プロジェクトへの審査を実施した上で、販売を行う方法のことであり、発行・販売される暗号資産の取引所上場が保証されていることなどから人気の資金調達方法となっています。

スケブベンチャーズは、2022年9月頃に暗号資産『Skeb Coin(スケブコイン)(仮称)』を発行・販売して資金調達を行うことを予定しているとのことで、スケブコインは暗号資産取引所「Zaif」での取引開始を予定、調達された資金は株式会社スケブが運営するSkebの発展に活用される予定だと報告されています。

Skeb(スケブ)とは?

Skeb(スケブ)とは、国内外から日本のクリエイターに対してイラスト・音声・映像などを有償でリクエストすることができるコミッションサービスであり、100以上の言語に対応した自動翻訳機能と越境決済機能によって、利用者の約30%が海外からとなっています。

6.8%〜という業界最安値の手数料と最短即日入金の報酬サイクルが特徴で、昨今の情勢の変化により、新たな収入源を求めるクリエイターの登録が急増し、登録者数約210万人、クリエイター登録者数約11万人、月間取引高4億円以上と2022年6月現在、国内最大級のコミッションサービスとなっています(※2022年6月3日株式会社スケブ調べ)。

Skeb Coin(スケブコイン)(仮称)について

Skeb Coin(スケブコイン)(仮称)は、現在開発が進められている「既存のSNS上でクリエイターへ投げ銭が可能となる新サービス」で利用することができる他、加盟店で仮想通貨を用いて支払いを行うことができる仮想通貨決済サービス「Zaif Payment」の決済可能資産に追加することも計画されていると報告されています。

スケブコインはこのように「Skeb」をはじめとした国内ECサイトでの決済に利用できるユーティリティトークンとして発行される予定となっており、今後は「Skeb利用者へのエアドロップ実施」なども検討、IEOが実施された場合には「Zaifでの売買」も可能になると説明されています。

>>「Skeb」のサービスサイトはこちら
>>「Zaif」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveアプリ:日本のAppStore無料ランキングで「2位」獲得

Braveアプリ:日本のAppStore無料ランキングで「2位」獲得

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

【日本初】Libra決済型のマーケットプレイスアプリ「FLIBRA」プロトタイプ公開

【日本初】Libra決済型のマーケットプレイスアプリ「FLIBRA」プロトタイプ公開

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

注目度の高い仮想通貨ニュース

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

カルダノ(Cardano/ADA)のVasilハードフォーク「2022年7月末」に延期

カルダノ(Cardano/ADA)のVasilハードフォーク「2022年7月末」に延期

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

avex × Singularity 0 Universe「オリジナル音源付きアートNFT」制作へ

avex × Singularity 0 Universe「オリジナル音源付きアートNFT」制作へ

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

P2Eブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!」第1回ゲームNFTセール開催へ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す