チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

by BITTIMES

ウォーレン・バフェット氏が会長を務める投資持株会社「バークシャー・ハサウェイ」の副会長であるチャーリー・マンガー氏は、2022年7月12日に公開された「Australian Financial Review」とのインタビューの中で『私は邪悪な生物で溢れた下水道であるかのように暗号資産を避けている』と語り、投資家に対して"仮想通貨投資は避けるべき"とのメッセージを送りました。

こちらから読む:The Sandbox、自作アセットの公開が可能に「暗号資産」関連ニュース

「邪悪な生物で溢れた下水道のよう」と批判

ウォーレン・バフェット氏が会長を務める投資持株会社「バークシャー・ハサウェイ」の副会長であるチャーリー・マンガー氏は、2022年7月12日に公開された「Australian Financial Review」とのインタビューの中で『私は邪悪な生物で溢れた下水道であるかのように暗号資産を避けている』と語り、投資家に対して"仮想通貨投資は避けるべき"とのメッセージを送りました。

Charlie Munger(チャーリー・マンガー)氏は以前から暗号資産に対して否定的な立場を示しており、「暗号資産は性感染症のようなもので、軽蔑にも値しない」といった批判的なコメントを語っていましたが、今回のインタビューでも仮想通貨業界を汚れた下水道に例えて厳しく批判したと報告されています。

『暗号資産は従来の株式と違って、事業利益の一部を請求する権利を保有に与えないため、そのバックグラウンドは空である』と語るマンガー氏は『暗号資産の価値はその人気と希少性のみによるものしかなく、それだけでは投資する良い理由にはならない』と述べており、『そのようなものを購入・取引するなんて正気の沙汰とは思えない』ともコメントしています。

さらに同氏は『仮想通貨のようなものを売っている人は、妄想している人か悪者のどちらかだと思う』とも述べており、『私は世界の国の通貨を弱体化させることに興味はない』として、仮想通貨は既存の通貨システムを弱体化させるため購入しない方がいいとの考えも語っています。

チャーリー・マンガー氏は暗号資産を激しく批判する一方で、株や化石燃料などは優れた投資先であると評価しており、「株式は実在する企業の一部で、企業の利益に対する権利を主張することが可能」「作物を育てるための窒素肥料を作るためには天然ガスが必要であるため化石燃料も長期的に使われ続ける」と説明しています。

ウォーレン・バフェット氏ビル・ゲイツ氏のような億万長者は以前から暗号資産に対して否定的なコメントを語っており、両者はビットコイン(BTC)などの暗号資産について「自分よりも高値で買うバカな人に売り付けることによって連鎖的に価値が上昇していく"大馬鹿理論"に基づいている」との考えを語っています。

>>「Australian Financial Review」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

MicroStrategy:ビットコイン追加購入に向け「4億ドル相当の社債発行」を計画

ボーイング:ブロックチェーン活用した空域管理プラットフォーム「SkyGrid」を発表

ボーイング:ブロックチェーン活用した空域管理プラットフォーム「SkyGrid」を発表

コインチェック関連の「偽サイト・不審な連絡」に要注意|刑事責任を問われる可能性も

コインチェック関連の「偽サイト・不審な連絡」に要注意|刑事責任を問われる可能性も

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

PepsiCo:独自のNFTシリーズ「Pepsi Mic Drop」発行へ|数量限定で無料配布

PepsiCo:独自のNFTシリーズ「Pepsi Mic Drop」発行へ|数量限定で無料配布

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】ビットバンク:取引所サービスの「対BTCペア」取扱終了へ

【重要】ビットバンク:取引所サービスの「対BTCペア」取扱終了へ

株式会社スケブ「Skeb Coinのエアドロップ」実施へ|手数料無料キャンペーンも開催

株式会社スケブ「Skeb Coinのエアドロップ」実施へ|手数料無料キャンペーンも開催

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

フィナンシェ「IEO支援事業」を開始|株式会社Lightとパートナーシップ契約を締結

暗号資産取引所Bitgate「Himalaya Exchange Japan」としてリニューアル

暗号資産取引所Bitgate「Himalaya Exchange Japan」としてリニューアル

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

JCBA×JVCEA「2023年度の暗号資産税制改正要望書」金融庁に提出

GMOコイン:18銘柄の手数料が最大半額「取引所(現物取引)手数料キャンペーン」開始

GMOコイン:18銘柄の手数料が最大半額「取引所(現物取引)手数料キャンペーン」開始

シンクロライフ「Eat To Earn」モデル正式リリース|MetaMask連携でSYC受取可能に

シンクロライフ「Eat To Earn」モデル正式リリース|MetaMask連携でSYC受取可能に

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

SBI VCトレード「ADA・DOGE・XLM・XTZ・SOL」取扱いへ

イーサリアムの大型アップグレード「The Merge」9月中旬にも実施の可能性

イーサリアムの大型アップグレード「The Merge」9月中旬にも実施の可能性

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

Coinbase:イタリアで「暗号資産サービスプロバイダー」の登録を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す