チャーリー・マンガー氏:暗号資産を「汚い下水道」と表現|投資は避けるべきと発言

by BITTIMES

ウォーレン・バフェット氏が会長を務める投資持株会社「バークシャー・ハサウェイ」の副会長であるチャーリー・マンガー氏は、2022年7月12日に公開された「Australian Financial Review」とのインタビューの中で『私は邪悪な生物で溢れた下水道であるかのように暗号資産を避けている』と語り、投資家に対して"仮想通貨投資は避けるべき"とのメッセージを送りました。

こちらから読む:The Sandbox、自作アセットの公開が可能に「暗号資産」関連ニュース

「邪悪な生物で溢れた下水道のよう」と批判

ウォーレン・バフェット氏が会長を務める投資持株会社「バークシャー・ハサウェイ」の副会長であるチャーリー・マンガー氏は、2022年7月12日に公開された「Australian Financial Review」とのインタビューの中で『私は邪悪な生物で溢れた下水道であるかのように暗号資産を避けている』と語り、投資家に対して"仮想通貨投資は避けるべき"とのメッセージを送りました。

Charlie Munger(チャーリー・マンガー)氏は以前から暗号資産に対して否定的な立場を示しており、「暗号資産は性感染症のようなもので、軽蔑にも値しない」といった批判的なコメントを語っていましたが、今回のインタビューでも仮想通貨業界を汚れた下水道に例えて厳しく批判したと報告されています。

『暗号資産は従来の株式と違って、事業利益の一部を請求する権利を保有に与えないため、そのバックグラウンドは空である』と語るマンガー氏は『暗号資産の価値はその人気と希少性のみによるものしかなく、それだけでは投資する良い理由にはならない』と述べており、『そのようなものを購入・取引するなんて正気の沙汰とは思えない』ともコメントしています。

さらに同氏は『仮想通貨のようなものを売っている人は、妄想している人か悪者のどちらかだと思う』とも述べており、『私は世界の国の通貨を弱体化させることに興味はない』として、仮想通貨は既存の通貨システムを弱体化させるため購入しない方がいいとの考えも語っています。

チャーリー・マンガー氏は暗号資産を激しく批判する一方で、株や化石燃料などは優れた投資先であると評価しており、「株式は実在する企業の一部で、企業の利益に対する権利を主張することが可能」「作物を育てるための窒素肥料を作るためには天然ガスが必要であるため化石燃料も長期的に使われ続ける」と説明しています。

ウォーレン・バフェット氏ビル・ゲイツ氏のような億万長者は以前から暗号資産に対して否定的なコメントを語っており、両者はビットコイン(BTC)などの暗号資産について「自分よりも高値で買うバカな人に売り付けることによって連鎖的に価値が上昇していく"大馬鹿理論"に基づいている」との考えを語っています。

>>「Australian Financial Review」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

canow:社会人女子ラクロスチーム「FUSION」のファントークン発行へ

canow:社会人女子ラクロスチーム「FUSION」のファントークン発行へ

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

TRON創設者「ChatGPT・OpenAI向けの分散型決済フレームワーク」を発表

TRON創設者「ChatGPT・OpenAI向けの分散型決済フレームワーク」を発表

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

NFTプラットフォームDOSI:決済手段にLINE独自の暗号資産「LINK」を追加

SBI VCトレード「FLRトークンの出庫受付」開始|残り報酬獲得の代行サービスも予定

SBI VCトレード「FLRトークンの出庫受付」開始|残り報酬獲得の代行サービスも予定

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

Bitget:コピートレードをして抽選で500ドル相当の仮想通貨を当てよう!

Bitget:コピートレードをして抽選で500ドル相当の仮想通貨を当てよう!

Cardano上のプロジェクト数「1,200」に到達|ADAクジラの取引も12週間ぶりの高水準

Cardano上のプロジェクト数「1,200」に到達|ADAクジラの取引も12週間ぶりの高水準

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す