ジェド・マケーレブ氏のXRP大量売却「終了目前」か|保有枚数は約530万枚に

by BITTIMES   

Ripple(リップル)の共同創業者の1人であるJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏が保有する仮想通貨XRPの枚数が1,000万枚を下回り、残り約530万枚となったことが明らかになりました。現在のペースで売却が進めば、今週中には全ての売却が終了することになるため、今後のXRPの値動きなどには注目が集まっています。

こちらから読む:ディズニー、事業開発プログラムにPolygon選出「暗号資産」関連ニュース

マケーレブ氏のXRP売却、今週中にも終了する可能性

Ripple(リップル)の共同創業者の1人であるJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏が保有する仮想通貨XRPの枚数が1,000万枚を下回り、残り約530万枚となったことが明らかになりました。

Jed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏は2014年にRipple社幹部との対立が報じられた後に、XRP総供給量の約9%に相当するXRPを持って同社を退社しており、その後はステラ(Stellar/XLM)を共同設立しています。

ジェド・マケーレブ氏はRipple退社後から約8年間に渡って定期的にXRPを売却し続けているため、そのような売りがXRP市場にとって大きな"売り圧力"となっていましたが、ジェド・マケーレブ氏のXRP保有量を追跡するウェブサイト「Jed Balance」のデータによると、同氏のXRPウォレット残高は「約530万XRP」とされているため、仮想通貨業界では『マケーレブ氏が毎日XRPを売却する"ジェド売り"がまもなく終了する』と注目が集まっています。

2022年7月15日時点のジェド・マケーレブ氏XRP保有残高(画像:Jed Balance)2022年7月15日時点のジェド・マケーレブ氏XRP保有残高(画像:Jed Balance

「Jed Balance」のデータによると、マケーレブ氏の1日のXRP売却枚数は2022年6月25日までで「1日あたり約372万XRP」であったものの、2022年6月26日〜7月2日の期間には売却枚数が「1日あたり約734万XRP」に急増、その後7月9日にかけては「1日あたり約473万XRP」のペースで売却し、現在は「1日あたり約421万XRP」で売却しているため、このペースで売却が進めば今週中には全てのXRPが売却されることになると予想されます。

XRPは有価証券問題などに直面したものの、記事執筆時点でも時価総額ランキング7位に位置する世界的に人気の暗号資産であり、技術開発・活用面でも順調にプロジェクトが進められているため、仮想通貨コミュニティからは『マケーレブ氏によるXRP売りが無くなれば、XRP価格上昇につながる可能性がある』と期待する声も多数出ています。

また、安い手数料で迅速に送金することができるXRPは「暗号資産取引所やウォレットなどで資金を移動する際の手段」としても人気で、仮想通貨市場全体の下落相場が落ち着いた場合には資金移動手段としてのXRP活用が増える可能性もあると予想されるため、ジェド売り終了後の価格動向などには注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:ディープコイン(DEAPcoin/DEP)取扱いへ|国内初の板取引

OKCoinJapan:ディープコイン(DEAPcoin/DEP)取扱いへ|国内初の板取引

CryptoGames「Vtuber × NFT事業」に参入|大手事務所との連携発表へ

CryptoGames「Vtuber × NFT事業」に参入|大手事務所との連携発表へ

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

仮想通貨決済対応の旅行予約サイト「Travala.com」Agoda(アゴダ)と提携

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す