「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

by BITTIMES

米国の多国籍証券会社「Interactive Brokers」の創設者・会長・筆頭株主である億万長者のThomas Peterffy(トーマス・ピーターフィ)氏は2022年7月14に公開された「Forbes」のインタビュー記事の中で、『ビットコイン(BTC)が無価値または違法になる可能性は非常に高い』との見解を示しつつ、BTC価格がさらに下落した場合には追加購入する予定であることを明かしました。

こちらから読む:Bitfinex、エルサルバドル企業に仮想通貨寄付「暗号資産」関連ニュース

非合法化の可能性あるが、下落時には購入予定

Thomas Peterffy(トーマス・ピーターフィ)氏は、2022年7月14に公開された「Forbes」のインタビュー記事の中で、米国経済やビットコインの見通しに関する自信の見解を語りました。トーマス・ピーターフィ氏は米国の多国籍証券会社「Interactive Brokers」の創設者・会長・筆頭株主であり、米国の億万長者としても知られています。

ピーターフィ氏は今年1月に『法定通貨が地獄に落ちた場合のヘッジ手段として、資産の2〜3%を暗号資産で保有することを検討する必要がある』との考えを語っていましたが、今回のインタビューでは『私はビットコインが無価値になるか、非合法になる可能性が非常に高いと思う』と語ったと報じられています。

同氏はビットコインが非合法化される可能性がある理由について、「デジタル資産が違法行為への資金提供に使用される懸念」や「米財務省が支払いの管理・追跡・徴税を行えないこと」などから米国政府が仮想通貨を禁止しようとする可能性があるとの考えを示しています。

ただし同氏は暗号資産を完全に見限っている訳でなく『ビットコインが高価になる可能性もある』とも考えているとのことで、ピーターフィ氏はまだビットコインを保有していて、BTC価格が12,000ドル(約165万円)まで下落した場合には、さらに追加購入することを予定しているとも報じられています。

なお、ピーターフィ氏は米国のインフレ率が40年ぶりの高水準に達したことについて『インフレ圧力は数ヶ月ではなく何年も続くと思う。これは短期的な問題ではない』とも語っており、Forbesの報道では『ピーターフィ氏が考えているのはマーケットのことだけではない。今後の展望について尋ねると、彼は笑いながら"私は生き残ることを望んでいる"と答えた』と報じられています。

ビットコイン価格や今後の展望については強気なものから批判的なものまで様々な意見が語られていますが、ビットコインを「伝統的な金融システムが崩壊した時のためのリスクヘッジ手段」とする意見は以前から多数語られており、億万長者のチャマス・パリハピティヤ氏は2019年に『あなたが財政政策や金融政策を支持するかどうかは関係ない。BTCは愚かなミスを犯さないようにするための保険のようなものだ』と語っています。

>>「Forbes」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

Ripple社がブロックチェーン経済を見据え17大学に大規模寄付を表明

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Huobi Japan:パレットトークン(Palette Token/PLT)取扱いへ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す