ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

by BITTIMES   

NBAのダラス・マーベリックスでオーナーを務めている米国の実業家Mark Cuban(マーク・キューバン)氏は「Forbes」のインタビューに応じた際に『ビットコイン(BTC)は金融危機などの終末シナリオのヘッジ手段にはならない』との考えを語り、『"BTCなどの仮想通貨が法定通貨の代わりになる"といった会話は逆効果である』と説明を行いました。

ビットコインへの過度な期待は「逆効果」だと指摘

Mark Cuban(マーク・キューバン)氏は全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム「Dallas Mavericks(ダラス・マーベリックス)」のオーナーを務めていることなどで知られる米国の著名な実業家・投資家であり、過去に『ビットコインよりもバナナの方が優れた交換手段だ』といったコメントを語ったことなどでも知られています。

同氏は以前から『ビットコインはバブルであり、金融商品というよりも収集品のようなものである』といった意見を語っていましたが、2020年12月17日に公開された「Forbes」の記事によると、同氏はBTC価格が過去最高値まで回復した現在もこの意見を変えておらず『ビットコインは金のような価値の保存手段であり、問題解決のためのソリューションというよりも"宗教"のようなものだ』と語ったと報じられています。

「発行上限が決められていて世界中の人々が手軽に購入できる」という特徴を有しているビットコインは『金融危機などによって法定通貨の価値が暴落した際のリスクヘッジになる』とも言われていますが、マーク・キューバン氏はこのような考えも間違いであると主張しており、『各国は自国通貨の徴税能力を保護するための措置を講じるため、"ビットコインは価値の保存手段である"と信じる人が増えるほど、政府介入のリスクが高まる』と説明しています。

私はビットコインや"法定通貨に代わる"とされる仮想通貨に関する会話全体はむしろ逆効果だと思います。BTCファンの人々は『ビットコインは終末シナリオに対するヘッジ手段になる』と主張していますが、そうはなりません。

各国は自国通貨の徴税能力を保護するための措置を講じるため『ビットコインは価値の保存手段以上のものである』と信じる人が増えるほど、政府介入のリスクが高まります。

なお、このインタビューは2020年12月8日に行われたものだと報告されているため、この時のビットコイン価格は過去最高値目前となる200万円前後で推移していたと考えられます。

マーク・キューバン氏は『バナナに含まれるカリウムは地球上の全ての人にとって貴重な栄養素である』として"バナナのような商品はビットコインよりも多くの利益を提供する"と語っていますが、同氏がオーナーを務めている「ダラス・マーベリックス」は2019年時点でビットコイン決済を受け入れており、ブロックチェーンプロジェクト「リンポ(Lympo/LYM)」とも協力しています。

>>「Forbes」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

韓国政府機関:ブロックチェーン基盤の「DIDモバイル社員証」導入へ

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

東京・大手町に「Cardano Cafe」登場|ADA決済対応/メタバース連動のコミュニティスペース

東京・大手町に「Cardano Cafe」登場|ADA決済対応/メタバース連動のコミュニティスペース

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

注目度の高い仮想通貨ニュース

パレットトークン(PLT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

パレットトークン(PLT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す