ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

by BITTIMES

NBAのダラス・マーベリックスでオーナーを務めている米国の実業家Mark Cuban(マーク・キューバン)氏は「Forbes」のインタビューに応じた際に『ビットコイン(BTC)は金融危機などの終末シナリオのヘッジ手段にはならない』との考えを語り、『"BTCなどの仮想通貨が法定通貨の代わりになる"といった会話は逆効果である』と説明を行いました。

こちらから読む:メルカリ、暗号資産関連サービスを検討「暗号資産」関連ニュース

ビットコインへの過度な期待は「逆効果」だと指摘

Mark Cuban(マーク・キューバン)氏は全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム「Dallas Mavericks(ダラス・マーベリックス)」のオーナーを務めていることなどで知られる米国の著名な実業家・投資家であり、過去に『ビットコインよりもバナナの方が優れた交換手段だ』といったコメントを語ったことなどでも知られています。

同氏は以前から『ビットコインはバブルであり、金融商品というよりも収集品のようなものである』といった意見を語っていましたが、2020年12月17日に公開された「Forbes」の記事によると、同氏はBTC価格が過去最高値まで回復した現在もこの意見を変えておらず『ビットコインは金のような価値の保存手段であり、問題解決のためのソリューションというよりも"宗教"のようなものだ』と語ったと報じられています。

「発行上限が決められていて世界中の人々が手軽に購入できる」という特徴を有しているビットコインは『金融危機などによって法定通貨の価値が暴落した際のリスクヘッジになる』とも言われていますが、マーク・キューバン氏はこのような考えも間違いであると主張しており、『各国は自国通貨の徴税能力を保護するための措置を講じるため、"ビットコインは価値の保存手段である"と信じる人が増えるほど、政府介入のリスクが高まる』と説明しています。

私はビットコインや"法定通貨に代わる"とされる仮想通貨に関する会話全体はむしろ逆効果だと思います。BTCファンの人々は『ビットコインは終末シナリオに対するヘッジ手段になる』と主張していますが、そうはなりません。

各国は自国通貨の徴税能力を保護するための措置を講じるため『ビットコインは価値の保存手段以上のものである』と信じる人が増えるほど、政府介入のリスクが高まります。

なお、このインタビューは2020年12月8日に行われたものだと報告されているため、この時のビットコイン価格は過去最高値目前となる200万円前後で推移していたと考えられます。

マーク・キューバン氏は『バナナに含まれるカリウムは地球上の全ての人にとって貴重な栄養素である』として"バナナのような商品はビットコインよりも多くの利益を提供する"と語っていますが、同氏がオーナーを務めている「ダラス・マーベリックス」は2019年時点でビットコイン決済を受け入れており、ブロックチェーンプロジェクト「リンポ(Lympo/LYM)」とも協力しています。

>>「Forbes」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月27日〜7月3日

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す