サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

by BITTIMES   

ウクライナの首都キエフでは、ビットコイン(BTC)の制作者として知られるサトシ・ナカモトの彫像を立てる計画が進んでいます。この彫像は以前、ウラジーミル・レーニンの記念碑(ソビエト連邦の父)が立っていたシェフチェンコ通りに建設される予定となっています。

Satoshi Nakamoto Republic

Satoshi-Nakamoto-Republic

この彫像の建設計画はサトシ・ナカモトの功績を称えるために、『Satoshi Nakamoto Republic』と呼ばれるグループによって進められています。

『Satoshi Nakamoto Republic』の創設者の一人であるAndriy Moroz(アンドレ・モロズ)氏は「多くの人が新しい自由の象徴である偉大な人物の記念碑建設に取り組んでいる」と語っています。

今のところ、この『サトシ・ナカモト記念碑』はウクライナで革命が起きるまでウラジーミル・レーニンの記念碑が設置されていたシェフチェンコ通りに建設される予定となっています。レーニンの像は2013年に大規模な激しい暴動によって転落し、崩壊しました。

このプロジェクトの初期段階では、建設予定地に設置されている台座に、スマートフォンやタブレット端末のアプリを使って見ることができる"バーチャルモニュメント"が設置される予定となっています。このモバイルアプリは、バーチャルリアリティー(VR)企業である『Raccoon World』によって開発されます。

予定されている計画では仮想記念碑が完成した後に、実際の彫像を創設するための募金キャンペーンが開始されることになっていますが、募金を募る前には一度、キエフ市国家管理局に請願書が提出されることになっています。もしも市の行政が彫像を設置することを拒否した場合には、別の場所が選ばれることになります。

創設グループは次のように説明しました。

記念碑の設置の許可を受ける場合は、キエフ、レバノンの大通りシェフチェンコに建立されます。申立てが拒否された場合は、ナカモト・サトシの記念碑が別の場所に建てられます。現在、キエフの現代技術ビジネスセンターの領域の1つに記念碑を建てるために、ビジネスの部分で関心が集まっています。

ブロックチェーン共和国

モロズ氏は、『レーニンが"過去"を象徴するのに対し、サトシ・ナカモトは"未来"を表している』と語っています。

「レーニンの記念碑はすでに過ぎ去った過去の時代の象徴であり、人々の心に矛盾する感情を残しています。Satoshiと社会の地方分権化は新しい時代の象徴であり、新たなチャンスでもあります。」

さらに彼らは、サトシ・ナカモトの記念碑を建てるだけでなく『サトシ・ナカモトシティ』を正式に立ち上げるための"アイランド"を構築する計画も立てています。彼らのグループは『仮想分散型のブロックチェーン共和国』を立ち上げることを目指しています。

世界で最も募金を集めた都市は、どのような都市であってもサトシ・ナカモト像のホストになることができます。
既にこれらの取り組みを行なっている都市としては、北京、ドバイ、ニューヨーク、東京などがありますが、最大の彫像は『サトシ・ナカモトシティ』によって予約されています。

ビットコインモニュメント|スロベニア

スロベニアのビットコインモニュメントスロベニアのビットコインモニュメント(BlockchainMonumentから)

サトシ・ナカモトを称えている彫像は今回が初めてとなりますが、ビットコイン(BTC)の記念碑はすでにスロベニアのクラーニにも設置されています。コインの形をしたこの記念碑は、幅7メートル、重さ3トンもある巨大なモニュメントであり、市内中心部のロータリーに設置されています。

クラーニの市長であるボスニアン・トリイラ(Bostjan Trilar)氏によると、ロータリーに設置するモニュメントを決定するために世論調査を行った結果、『ビットコインの記念碑』が最も人気のある提案だったとのことです。

仮想通貨取引所『Bitstamp』とブロックチェーン技術のスタートアップ『3fs』は、このビットコイン記念碑を設立するために資金提供を行なっています。

巻き起こるビットコインブーム

このように世界各国でビットコイン(BTC)や分散型社会への強い期待が高まっている中で、ウクライナでも同様にビットコインブームが巻き起こっています。

現在ウクライナでは、多くの人がブロックチェーンの技術に可能性を感じていると語っています。ウクライナには、新しいテクノロジーを取り入れた新たな産業を築くことを熱望している『積極的』な市民が多く存在します。しかしそのためには、まず議会の援助と政府内の人々の支援が必要になるのですが、今のところそのような動きはそれほど多く見られていません。

残念なことにウクライナ政府の規制は遅れをとっており、仮想通貨の分野における成長を後退させています。新興技術への政府からの対応は不確実であるものの、同国の企業は新たな要求に対応するために大きな踏み込んでいます。

キエフに拠点を置くクレジットバンク『creditwest』は、約5,000の支払い端末のネットワークを立ち上げており、顧客がビットコインによる支払いを行うためサービスを開始しようとしています。彼らはより便利で安価で安全な支払いシステムの需要が高まっていることを受けて『BNK-ATMS』を確立しました。BNK-ATMは家庭費の請求書などのような支払いにもビットコインを使用することができます。

ビットコインの現在の価格

世界中から絶大な支持を集めているビットコイン(BTC)は、現在約73万円前後で取引されています。

ウクライナの仮想通貨関連のニュースはこれまではあまり報じられる機会も少なかったですが、今回の記念碑設立に伴い今後は今までよりもさらにウクライナの話題が増えることになるでしょう。

『Satoshi Nakamoto Republic』が計画している『仮想分散型のブロックチェーン共和国』がどのようなものになるのかはもちろんのこと、未だに多くの謎に包まれているサトシ・ナカモトの記念碑がどのようにデザインされるのかにも注目です。

記念碑が建てられるほどの影響を世界に与えたビットコインはこれからも多くの人からの支持を受けて成長していくことになるでしょう。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)なら6月末まで取引手数料無料でビットコイン(BTC)などの仮想通貨を購入することができます。また、 Zaif(ザイフ)では月々一定額で各種仮想通貨を積立てることもできます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 取引手数料無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

AirAsia Groupで独自の仮想通貨の導入か?

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

LINE:ブロックチェーン関連の金融事業で「野村ホールディングス」と資本業務提携へ

Liskの今後、Microsoftとパートナーシップは伊達じゃない

Liskの今後、Microsoftとパートナーシップは伊達じゃない

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

仮想通貨企業がスペインのサッカークラブ「エルチェCF」を買収|運営にトークン活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

先着1万人にイーサリアム(ETH)プレゼント「コンサヴァApp」公開キャンペーン開催へ

先着1万人にイーサリアム(ETH)プレゼント「コンサヴァApp」公開キャンペーン開催へ

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

c0ban取引所運営する「ラストルーツ」仮想通貨交換業のライセンス取得

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

リップル社:国際送金の管理・分析に役立つ「RippleNet Home」を発表

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

Braveブラウザの報酬機能が「iPhone・iPad」でも利用可能に|バージョン1.0公開

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

LINEが「ブロックチェーンプラットフォーム」を発表|新たなサービスの開発基盤を提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す