FTX CEO「カルダノ(ADA)現物ペア追加も計画」上場に時間がかかる理由も説明

by BITTIMES   

グローバルに仮想通貨関連サービスを展開している大手暗号資産取引所「FTX」が、カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の現物取引ペア追加を視野に入れていることが明らかになりました。FTXの創設者兼CEOであるSam Bankman-Fried氏は、23日のツイートで「他トークンのサポートよりもADAサポートの方が時間がかかる理由」についても説明を行なっています。

こちらから読む:N26、約200銘柄の取引サービス提供へ「暗号資産」関連ニュース

「ADAスポット取引はロードマップにある」と説明

FTXの創設者兼CEOであるSam Bankman-Fried氏は2022年10月23日のツイートで、FTXが「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)現物取引ペアの追加」を計画していることを明らかにしました。

今回のツイートは1人のTwitterユーザーからの批判的な意見にコメントする形で投稿されたもので、『FTXはカルダノを"自らがコントロールしたい全てのものに対する脅威"とみなしているからADAを上場させないのだ』という意見に対して『そんなことはない。ADAのパーペチュアル取引は国際的に上場しているし、ADAの現物取引もロードマップにある』と説明を行なっています。

ADAサポートに時間がかかる理由について

今回投稿された一連のツイートでは『代表的なブロックチェーンであるカルダノが上場していないのを外部から見ると、意図的に上場させていないように見える』と指摘されていますが、Sam Bankman-Fried氏はこれに対しても『意図的なものではない』とコメントしており、ADA上場に時間がかかる理由について「サポート済みブロックチェーン関連のトークンは簡単に上場できるが、Cardanoのような新たなL1ブロックチェーンをサポートする場合には、入出金時におけるバリデータの確認などで時間がかかる」ということを説明しています。

意図的なものではないのですが...。私たちがすでにサポートしているブロックチェーン上のトークンは簡単にサポートできるため、ERC20などのトークンはほぼ自動的にサポートされます。ですが、カルダノの場合は入金・出金の際にカルダノのバリデータをうまく解析できるようにしなければなりません。

ADA上場の具体的な日時などは現時点で明らかにされていないものの、FTXはADA現物取引ペアの追加に向けた準備を進めていると思われるため、今後の上場発表などには期待が高まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

安全な仮想通貨取引に欠かせないVPNとは?活用方法・選び方・おすすめサービスについて紹介!

安全な仮想通貨取引に欠かせないVPNとは?活用方法・選び方・おすすめサービスについて紹介!

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

老舗P2Pビットコイン交換所「LocalBitcoins」サービス終了を発表

老舗P2Pビットコイン交換所「LocalBitcoins」サービス終了を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

【重要】ビットトレード「OMG・ENJの取扱い廃止」を発表|上場廃止の理由は?

【重要】ビットトレード「OMG・ENJの取扱い廃止」を発表|上場廃止の理由は?

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す