FTX×Visa:仮想通貨残高を使用できるデビットカード「世界40カ国」で展開へ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「FTX」は2022年10月7日に、決済大手「Visa」と提携して『FTXアカウント連動型のVisaデビットカード』を世界40カ国で展開することを発表しました。このデビットカードはラテンアメリカ・ヨーロッパ・アジア地域で展開される予定だと報告されています。

こちらから読む:しょこたんが人気NFTの公式アンバサダーに「暗号資産」関連ニュース

ラテンアメリカ・ヨーロッパ・アジア地域で展開予定

FTXは2022年10月7日に、決済大手「Visa(ビザ)」と提携して『FTXアカウント連動型のVisaデビットカード』を世界40カ国で展開することを発表しました。

FTXは昨年3月から米国居住者向けサービスである「FTX US」の利用者向けに「FTX Card」を提供していましたが、今後はラテンアメリカ・ヨーロッパ・アジア地域でもFTXのVisaデビットカードが展開される予定だと報告されています。

最初はラテンアメリカ地域からカードが展開されることになっているものの、年内にはヨーロッパ地域でも展開される予定で、2023年には他の地域でも展開される予定だと報告されているため、比較的早いペースで提供範囲が拡大されていくことになると予想されます。

このデビットカードはFTXアカウントに紐づけられたカードとなっているため、カード利用者はFTX口座で保有している仮想通貨を現金に変換して"手数料0"で支払いを行うことができるとのことです。

「FTX」のCEOであるSam Bankman-Fried氏と、「Visa」の暗号資産部門責任者であるCuy Sheffield氏は、FTXデビットカードのグローバル展開について次のようにコメントしています。

【FTX:Sam Bankman-Fried氏】
世界最大の決済ネットワークの1社であるVisaと提携して、世界中にある何百万ものお店で仮想通貨を使用できる方法をユーザーの皆様に提供できることを嬉しく思います。このカードによって、ユーザーの皆様は24時間365日安全に管理費・処理費なしでFTX口座の仮想通貨残高を使用することができるようになります。

【Visa:Cuy Sheffield氏】
Visaは「デジタル通貨が金融サービスとお金の移動の将来に永続的な影響を与える」と信じています。FTXのような大手暗号資産取引所と提携して、人々が仮想通貨を使用する方法に柔軟性と使いやすさをもたらし、Visa加盟店での商品購入に仮想通貨残高を使用できるようにすることに興奮しています。

>>「FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX Card」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

Solana関連ウォレットの資産流出、原因は「Slope」の可能性

ウクライナ政府:暗号資産寄付者に「エアドロップ」実施へ|ETHの少額寄付も増加

ウクライナ政府:暗号資産寄付者に「エアドロップ」実施へ|ETHの少額寄付も増加

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

QUOREAの「登録・初期設定方法」自動売買設定・クレジットカード情報登録など

QUOREAの「登録・初期設定方法」自動売買設定・クレジットカード情報登録など

今さら聞けないビットコイン(BTC)とは?注目される理由・魅力をわかりやすく解説

今さら聞けないビットコイン(BTC)とは?注目される理由・魅力をわかりやすく解説

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

毎日更新のSHIB公式ニュースサイト「The Daily Shib」登場

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す