SBINFT:NFTマーケットプレイス機能をWebAPIで提供「TOKEN CONNECT」発表

by BITTIMES

SBINFT株式会社は2022年10月27日に、NFTの発行・出品・購入・管理など全ての機能をWebAPIで提供するサービス『TOKEN CONNECT』を発表しました。同社はこのサービスを通じて、NFTの発行・販売から取引データ管理・会計・税務などの煩雑なオペレーションを専門知識がなくても運営できるようにし、NFT事業への参入障壁をなくし、縦横無尽にWeb3の可能性を拡張していくと説明しています。

こちらから読む:モナコインのNFTマーケット、プレサービス開始「NFT」関連ニュース

NFTマーケットの様々な機能全てを「WebAPI」で提供

SBINFT株式会社は2022年10月27日に、NFTの発行・出品・購入・管理など全ての機能をWebAPIで提供するサービス『TOKEN CONNECT』を発表しました。

同社は2021年4月に日本初の承認制NFTマーケットプレイス「SBINFT Market」をリリース、その後は公認アーティストや提携パートナーとともにサービスを提供していますが、今後はそのようなNFTを通じた新たな価値提供の基盤を『TOKEN CONNECT』を通じてより多く人々に広げていくと説明されています。

日本国内では様々なコンテンツ事業者が"NFT事業への参入"を検討・準備していますが、実際に参入する際には「NFTや暗号資産の知識、秘密鍵の管理方法、会計・財務処理」など様々な知識・技術が必要となるため、なかなか事業開始には至れない状態となっていたとのことですが、『TOKEN CONNECT』ではこのような課題を解決するために、NFTマーケットプレイス事業に関する豊富な機能や運営ノウハウ、会計・財務処理に関するサポートなど、全ての業務をワンストップで提供、スピーディかつ低コストでNFTマーケットプレイス事業の展開が行えるようサポートするとされています。

『TOKEN CONNECT』では、豊富な機能が全て"WebAPI"で提供されるため、自社サービスのデザインにあわせてマーケットプレイスを構築することが可能、デジタルコンテンツ・チケット・電子書籍など様々なプロダクトを新たにNFTコンテンツとして、自社ブランドを活かしたまま自由にキュレーションすることができるとのことです。

『TOKEN CONNECT』の機能について

『TOKEN CONNECT』が提供する機能としては以下の5点が挙げられています。

NFT発行機能

画像・映像・3Dファイルなどの各種オリジナルコンテンツのNFTを発行することができる。(対応ファイル形式:JPG、JPEG、PNG、GIF、MP3、OGG、WAV、M4V、MP4、MOV、GLTF、GLB、FBX、VOX)

マーケットプレイス内のCreateボタンからファイルをアップロードし、コレクション・タイトル・ディスクリプション・ジャンル・ロイヤリティ・保存先を設定して、発行ボタンを押すだけで簡単にNFTを作成することが可能。

現状「SBINFT Market」では認証されたウォレットのみNFT発行を許可しているが、今回のサービスでは利用者の設定により一般開放することも可能。

NFT販売機能

NFT販売形式は「固定価格」と「オークション」の2種類。

  • 固定価格:販売したいNFTをマイページから選択し、それぞれに対応した暗号資産で金額を設定。固定価格で一次販売の場合は、クレジットカード決済での支払いも選択が可能。(クレジットカードの利用には別途審査あり)
  • オークション販売:販売したいNFTを選択、オークションのスタート価格や対応した暗号資産で設定し、オークション開始日時と終了日時を決める。(オークション販売はクレジットカード決済には非対応)

NFT購入機能

利用者は、販売されているNFTをそれぞれ対応している暗号資産で購入することが可能。

固定価格での購入の場合は、出品者が指定した暗号資産で支払いを行う。クレジットカードで出品されていた場合は、クレジットカード決済も利用可能。また、出品者が承認した場合にのみ、クレジットカード決済でも購入可能。クレジットカード決済は一次販売でのみ利用できる。

オークションでの購入の場合は、出品者が指定した暗号資産で入札を行う。また、オークション終了5分前に入札が入った場合のために、5分間の自動延長機能も提供される。

マーケット機能

マーケット機能を使うことで二次流通の売買機能も可能。例えばNFTアートからゲームアイテム、チケットまでを幅広く扱うマーケット、あるいは特定のジャンルに絞ったマーケットなど、自由にキュレーションすることができる。

パートナー機能

TOKEN CONNECTを導入した企業は、提携のパートナーを一覧で紹介するパートナーページを作成できる。また、パートナーには、パートナーマーケット機能としてNFTの発行から販売・購入までをキュレーションできるページ機能を提供。

TOKEN CONNECTのプラットフォーム手数料は一律3.0%。

SBINFTは今月26日に暗号資産・NFTの管理と売買が行える統合型ウォレットサービス『SBI Web3ウォレット』を2023年1月にリリースすることを発表していましたが、このウォレットは『TOKEN CONNECT』でも利用可能になる予定だと報告されています。

>>「TOKEN CONNECT」の公式サイトはこちら
>>「SBINFT」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

JPYC Apps「JPYC→giftee Boxポイントの交換機能」追加|500種類のギフトと交換可能に

JPYC Apps「JPYC→giftee Boxポイントの交換機能」追加|500種類のギフトと交換可能に

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す