暗号資産・NFTを管理・売買できる「SBI Web3ウォレット」提供へ|自動円転機能も搭載

by BITTIMES

SBI VCトレードとSBINFTは2022年10月26日に、両社が共同開発している暗号資産・NFTの管理と売買が行える統合型ウォレットサービス『SBI Web3ウォレット』を2023年1月にリリースすることを発表しました。このウォレットには、暗号資産⇔日本円の交換を自動執行する「自動円転機能」も搭載されていると報告されています。

こちらから読む:NFTをテーマにしたSNSドラマ"ノンファンジブル"公開へ「国内ニュース」

SBI Web3ウォレット:2023年1月リリースへ

SBI VCトレードとSBINFTは2022年10月26日に、両社が共同開発している暗号資産・NFTの管理と売買が行える統合型ウォレットサービス『SBI Web3ウォレット』を2023年1月にリリースすることを発表しました。

SBI Web3ウォレットとは、暗号資産取引所「SBI VCトレード」の口座を持っている利用者が暗号資産とNFTを管理・売買することができる暗号資産・NFT統合型ウォレットサービスであり、最初は「Polygonネットワーク上のNFT保管」や「SBINFT Marketでの売買」が可能になるとされています。

また、暗号資産⇔日本円の交換を自動執行する「自動円転機能」も搭載されているため、NFTの販売収益を常に日本円で管理することが可能で、まるで日本円だけで取引しているような使いやすさを実現するとも説明されています。

また、リリース以降は接続可能な分散型アプリケーション(dApps)の種類も順次追加されていく予定、対応するブロックチェーンも拡大していく予定だとされているため、将来的には日本人にとって魅力的なマルチチェーン対応Web3ウォレットになると期待されます。

「SBI Web3ウォレット」の機能・メリットについて

「SBI Web3ウォレット」の機能・メリットとしては以下のようなものが挙げられています。

「SBI Web3ウォレット」の機能

国内でも実績のある暗号資産取引所の公式ウォレットサービス

  • SBI VCトレードがウォレットを作成し、安全に管理
  • NFT取引はパブリックブロックチェーン上に全て記録、取引情報の透明性を担保

自動円転機能(暗号資産⇔日本円)

  • 暗号資産⇔日本円の交換を自動執行
  • NFTの販売収益を常に日本円で管理可能

dApps(ブロックチェーンに対応したアプリケーション)に対応

  • ブロックチェーンを活用したゲームやNFTマーケットプレイスにも接続・利用が可能に
  • 対応アプリケーションは順次追加予定(リリース時はSBINFT Marketのみ)

「SBI Web3ウォレット」のメリット

・NFT事業を検討・展開している企業の導入メリット

  • SBI VCトレードに口座開設するだけで、暗号資産を保有することなく、NFT売買事業の展開が可能
  • SBINFT Marketと連携することで、二次流通マーケットも利用可能
  • MetaMaskなどのノンカストディアルウォレットともNFT取引が可能

・利用者のメリット

  • SBI VCトレードに口座開設するだけで、暗号資産・NFTのどちらも1つのサービスで管理・売買ができる
  • 暗号資産と日本円のどちらでもNFTの売買ができる

(画像:SBI VCトレード)(画像:SBI VCトレード)

>>「SBI VCトレード」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

カルダノ(ADA): オープンソースプロジェクト「Cardano Rust Project」を発表

カルダノ(ADA): オープンソースプロジェクト「Cardano Rust Project」を発表

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

FUELHASH:最大年利10%「クリプトレンディング」提供へ|暗号資産5銘柄に対応

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

注目度の高い仮想通貨ニュース

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

国内初のスキーNFT「ニセコパウダートークン」の実証実験開始:HashPalette×東急不動産

国内初のスキーNFT「ニセコパウダートークン」の実証実験開始:HashPalette×東急不動産

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

スマホ向け協力・対戦アクションゲーム「GGGGG」ゲーム連動NFTをフリーミントで提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す