Google:フルマネージド型ノードホスティングサービス「Blockchain Node Engine」リリース

by BITTIMES

Google Cloud(グーグルクラウド)は2022年10月28日に、ブロックチェーン基盤のプラットフォームで新しいプロダクトを構築・デプロイするWeb3開発者を支援するために、フルマネージド型のノードホスティングサービスである「Blockchain Node Engine」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:BINANCE独自のオラクルサービス登場「ブロックチェーン」関連ニュース

フルマネージド型サービスでWeb3開発者を支援

Google Cloud(グーグルクラウド)は2022年10月28日に、ブロックチェーン基盤のプラットフォームで新しいプロダクトを構築・デプロイするWeb3開発者を支援するために、フルマネージド型のノードホスティングサービスである「Blockchain Node Engine」をリリースしたことを発表しました。

「Blockchain Node Engine」はブロックチェーンノードの管理をより簡単に行うことができるフルマネージド型のノードホスティングサービスとなっており、同サービスを活用することによってノード運用の負荷を最小化することができると説明されています。

専用ノードを必要とするWeb3企業は同サービスを活用することによって、Google Cloudのコンピュートおよびネットワークインフラストラクチャに期待される信頼性、パフォーマンス、セキュリティを保ちながら、トランザクションの中継・スマートコントラクトのデプロイ・ブロックチェーンデータの読み取りや書き込みを行うことができるとのことです。

「Blockchain Node Engine」は最初にイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンをサポートするとのことで、同サービスを活用するWeb3組織は以下のようなメリットを享受することができるとされています。

プロビジョニングの合理化

ノードを手動でデプロイする際には「コンピュートインスタンスのプロビジョニング、Ethereumクライアントのインストール、ノードがネットワークと同期するのを待つ」など時間がかかり、最初のブロックからフルノードを同期する場合は数日かかることもある。

Google Cloudの「Blockchain Node Engine」を活用すると、デベロッパーは1回の操作で新しいノードをデプロイし、目的のリージョンとネットワーク(Mainnet、Testnet)を指定できるため、このプロセスを迅速かつ簡単に行うことができる。

セキュアな開発

安全なブロックチェーンインフラストラクチャを構築したい場合、現在の市場には限られた選択肢しかないが、「Blockchain Node Engine」はノードへの不正アクセスを防ぐことができるクラス最高のセキュリティ構成を提供する。

VPCファイアウォールの背後にノードを配置することで、信頼できるマシンやユーザーのみがクライアントエンドポイントと通信できるようになる。Cloud ArmorなどのGoogle Cloudサービスは、ノードをDDoS攻撃から保護し、セキュリティを確保するのに役立つ。

フルマネージド型のオペレーション

ブロックチェーンインフラストラクチャを準備して可用性を確保するためには、一般的に開発運用チームを設置してシステムをモニタリングし、停止中に問題を修正する必要があるが、「Blockchain Node Engine」はフルマネージドサービスであるため、可用性について心配する必要がない。

Google Cloudがノードをアクティブにモニタリングし、問題が発生した場合はノードを再起動する。専任のDevOpsチームの必要性を減らし、市場でクラス最高のサービスレベル契約(SLA)を提供することで、チームがインフラストラクチャではなく、ユーザーに集中できるようにする。

「Blockchain Node Engine」は、Google Cloudのセールスチームに連絡して、プライベートプレビューにアクセスすることによって実際に試す事ができるとのことで、Blockchain Node Engineの詳細については「Google Cloud for Web3」のページで説明されています。

>>「Google」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ブロックチェーン活用した「デジタル通貨」の実証実験を開始|富山第一銀行

ブロックチェーン活用した「デジタル通貨」の実証実験を開始|富山第一銀行

CBOEのイーサリアム先物が「ビットコイン価格」を上昇させる|Thomas Lee

CBOEのイーサリアム先物が「ビットコイン価格」を上昇させる|Thomas Lee

TrustSwap:暗号通貨の信頼構築&DeFiの変革実現

TrustSwap:暗号通貨の信頼構築&DeFiの変革実現

シバイヌ関連の最新情報を発信、WEB雑誌「The Shib Magazine」公開

シバイヌ関連の最新情報を発信、WEB雑誌「The Shib Magazine」公開

Optimism「OPトークン」正式ローンチ|暗号資産取引所にも続々と上場

Optimism「OPトークン」正式ローンチ|暗号資産取引所にも続々と上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す