Terra:LUNA・LUNC関連の最新版ウォレット「Station」公開|ステーキングで新機能も

by BITTIMES

テラ(Terra/LUNA)は2023年1月15日に、Terra関連資産の保管・管理・送受金・ステーキング・ガバナンス投票などを行うことができる最新版のウォレット・プラットフォームである「Station(Interchain Station)」をリリースしたことを発表しました。StationはTerra Classic(LUNC)にも対応しており、ステーキング作業を簡素化する新機能「クイックステーク」なども搭載されています。

こちらから読む:Google Chromeに脆弱性、利用者は要注意「暗号資産」関連ニュース

最新版プラットフォーム「Station」をリリース

テラ(Terra/LUNA)は2023年1月15日に、Terra関連資産の保管・管理・送受金に加えて、ステーキングやガバナンス投票などを行うことができる最新版のウォレット・プラットフォームである「Station(Interchain Station)」をリリースしたことを発表しました。

Terra(LUNA)では元々「Terra Station」と呼ばれるプラットフォームや「Terra Station Wallet」と呼ばれるウォレットが提供されていましたが、今回はこれらのウォレット・プラットフォームの大型アップグレードが実施され、新しく『Station』としてリリースされています。

TerraのWeb3に向けたインターフェース構築の第一歩が完了しました。

私たちは「Station🛰」を発表できることにワクワクしています。これは複数のブロックチェーンネットワークとやりとりする複雑なプロセスを簡素化するインターチェーンウォレットです。

Mac・Windows・Linux・拡張機能・ウェブアプリなどを提供

Terraのツイート内に記載されているリンク先ページでは、以下のような複数のバージョンのStationアプリケーションをダウンロードすることが可能となっており、Stationを利用すると「ステーク・ガバナンス投票・トークンの送受信・DAppsとのやりとり」などを簡単に行うことができると説明されています。

【提供されているStationアプリケーション】

  • Mac版Station
  • Mac版Station(M1チップ)
  • Windows版Station
  • Linux版Station(.rpm)
  • Linux版Station(.deb)
  • Chrome拡張機能版Station
  • Firefox版Station
  • ウェブアプリ版Station

※デスクトップ・Chrome・Firefoxなどで「Terra Station」を既にダウンロードしている場合は、アプリを再度開くか拡張機能を更新すると「Interchain Station」に更新されます。

Terra Classic(LUNC)などにも対応

「Terra Station」を「Interchain Station」としてリニューアルすることが最初に発表された際には『移行後にTerra Classic(LUNC)がサポートされなくなる』という話題が注目を集めていましたが、結果的に今回リリースされた「Station」ではTerra Classic(LUNC)を含めた複数のネットワークがサポートされています。

2月までにはさらに多くのチェーンが追加される予定であるとのことで、「リリース時のサポートチェーン」と「今後のサポートに向けて取り組んでいるチェーン」については以下のように報告されています。

【リリース時の対応チェーン】

  • Terra
  • Osmosis
  • Juno
  • Kujira
  • Carbon
  • HuaHua
  • Crescent
  • Terra Classic
  • Mars(テストネット)
  • Sei(テストネット)

【今後サポート予定のチェーン】

  • Akash
  • Andromeda
  • Cheqd
  • Comdex
  • Cosmos Hub
  • Injective
  • Prism
  • Quicksilver
  • Regen
  • Secret
  • Stargaze
  • Stride

ステーキングをもっと簡単に「クイックステーク」

新たにリリースされた「Station」には、希望するチェーンとステーキング数量を選択するだけで簡単にステーキングすることができる「Quick Stake(クイックステーク)」の機能が追加されています。

従来の「Terra Station」でステーキングする際には委任先のバリデータを自分で選択してステークする必要がありましたが、新しくなった「Station」のステーク画面には「クイックステーク」の機能が追加されているため、この機能を利用すれば「投票力で上位3分の1に含まれる・チャージ手数料5%以下・過去3ヶ月間で罰則を受けていない」などの条件を満たしたバリデータを自動で選択してステーキングを開始することができるようになっています。

なお、従来通りの方法でバリデータを選択してステーキングを行う「Manual Stake(主導ステーク)」の機能も残されているため、バリデータを自分で選んでステーキングしたい場合には「Manual Stake」のタブでステーキング作業を行うことによって、これまで通りの方法でステーキングすることが可能となっています。

ガバナンス投票画面も一括化

新しい「Station」のガバナンス投票画面では、サポートされているすべてのチェーンの提案を1つの画面でまとめて閲覧することができるようになっています。

基本的なデザインは従来のままで、ネットワークを選択してガバナンス提案を確認することができ、これまで通り各種提案をクリックすることで、提案内容を確認したり、投票したりすることができるようになっているため、インターフェースやプラットフォームを切り替える手間なくガバナンス投票を行うことが可能となっています。

新たにリリースされた「Station」の詳細は、以下のMedium記事で詳しく説明されています。

>>「Station」の詳細はこちら
>>「Station」のウェブアプリはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

ゴールド支持派のジェフリー・ガンドラック氏「ビットコインに対する考え」に変化

ゴールド支持派のジェフリー・ガンドラック氏「ビットコインに対する考え」に変化

暗号資産取引所CoinBest「販売所におけるBTC・ETH現物取引サービス」提供開始

暗号資産取引所CoinBest「販売所におけるBTC・ETH現物取引サービス」提供開始

PepsiCo:独自のNFTシリーズ「Pepsi Mic Drop」発行へ|数量限定で無料配布

PepsiCo:独自のNFTシリーズ「Pepsi Mic Drop」発行へ|数量限定で無料配布

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

coinbook:新規口座開設で「1,000円相当のADA」プレゼント|キャンペーン開催

coinbook:新規口座開設で「1,000円相当のADA」プレゼント|キャンペーン開催

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

OpenSea:イーサリアムL2「Arbitrum Nova」をサポート

OpenSea:イーサリアムL2「Arbitrum Nova」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す