Flare Networks:FLR配布関連提案「FIP.01」の質問・回答をまとめたFAQ公開

by BITTIMES

Flare Networksは2023年1月20日に、FLRトークンの配布方法などの内容を含んだ改善提案「Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)」に関するよくある質問とその回答をまとめたFAQ記事を公開しました。この記事では「FIP.01の概要」や「公開されたFAQの内容」をまとめて紹介しています。

こちらから読む:国内取引所も続々とFLR付与「暗号資産」関連ニュース

目次

Flare改善提案「FIP.01」について

フレアネットワーク(Flare Network/FLR)では日本時間2023年1月21日16:00〜2023年1月28日16:00までの期間にかけて「Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)」と呼ばれる改善提案の投票受付が実施されていますが、2023年1月20日にはFlare Networksから「FIP.01に関するよくある質問とその回答をまとめたFAQ記事」が公開されました。

Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)とは『FLRの分布を拡大し、インフレを抑制する』というタイトルの改善提案であり、今月全体の15%が配布されたFLRトークンの残り分85%の配布方法変更などの内容を含めた複数の提案が記載されています。

今回の提案は以下のようなことを目的としたものであり、「FLR配布方法の変更」だけでなく「FLRトークンのインフレ率の引き下げ」や「クロスチェーンインセンティブプール」「エスクローツールの有効化」などに関する内容も含まれています(詳細はこちらの公式記事で確認可能)。

【FIP.01の主な目的】

  • 長期的なトークンエコノミクスの改善
  • 「取引所などが今後のFLR配布を行わない」などのリスクを軽減する
  • 既存参加者への報奨と新規参加者へのインセンティブ付与
  • 流動性をより良い方法で管理する
  • 新規参入者のためのトークノミクス改善
  • FLRの配布を譲渡可能なものにする
  • インフレを抑制しながらFLRを付与できるようにすることで、Flare Networkに価値を生み出すインフラプロバイダーや事業体に報酬を与える

このように「FIP.01」には複数の内容が含まれているものの、この提案が可決した場合には、元々XRP保有者に配布される予定となっていた残り85%のFLRトークンが「WFLR保有者(ラップされたFLRトークンの保有者)」に36ヶ月間に渡って配布されることになり、スナップショット時にXRPを保有していたウォレットには配布されないことになるため、今回の投票には注目が集まっています。(※WFLR保有者に配布されることになった場合、条件を満たした対象者1人あたりのFLR受取数量が増える見込み)

つまり「FIP.01が可決した場合:WFLR保有者にWFLR保有量に応じたFLRを配布」「FIP.01が否決した場合:初回15%を受け取ったウォレットに残りの85%を配布」ということになります。

Flareが公開したよくある質問に対する回答内容

Flare Networkが今回公開したFAQ記事では、以下のような質問内容・回答が掲載されています。なお、この中に答えがない場合は「Flare NetworkのDiscord」でメッセージを送ると回答が得られるとのことです。

Q.提案の可決に必要な最低投票数、最低参加率はあるか?

A.単純多数決が必要で、最低参加率はありません。

Q.投票権はどのように決定されるのか?

A.投票権は「1WFLR=1ガバナンス」の割合で与えられます(スナップショット時に100WFLR保有していた場合は100票が得られる)。

Q.保有トークンが既にFTSOに委譲されていても投票可能?

A.WFLRが既に委譲されていても投票することが可能です。投票数は保有するWFLRの量に応じて決まります。委任されたすべてのWFLRは投票数の計算に含まれます。

Q.可決された場合のトークン配布数計算方法は?

A.毎月受け取る報酬は「その人のWFLR総保有量が全WFLRに占める割合」に依存します。この金額は、その月のいくつかのランダムなブロックの平均保有量に基づいて計算されます。

Q.毎月ラップするのではなく、36ヶ月間放置できる方法はある?

A.はい。エコシステムのパートナーは「automatic executors(自動執行者)」と呼ばれる小額の手数料で定期的にあなたのアカウントに報酬を請求するサービスを提供しています。トークン配布の場合、これは月に1回行われますが、標準的なFTSOインフレ報酬の場合、これは1エポック(3.5日ごと)に1回行われます。このサービスの詳細については「Bifrost Wallet」「Flare Oracle」などを参照してください。

Q.この提案が可決された場合、同量のトークンを受け取れるのか?

A.FIP.01が可決された場合、受け取るトークン量は「WFLRをいくつ保有しているか」によって異なります。FTSOの委任によってさらにトークンを獲得することができるので、分配によって受け取る金額は、平均的な委任率と委任した特定のFTSOデータ・プロバイダーのパフォーマンスによって異なります。

平均的なパフォーマンスのデータプロバイダーと、委任する保有者の割合が平均的であれば、トークン委任者は新しい方法によって36ヶ月間により多くのトークンを受け取ることができるはずです。また、インフレの抑制により、流通するトークンの数が少なくなるため、保有割合の合計も高くなります。私たちのエコシステムパートナーである「Flare.Space」は、提案された変更があなたが受け取ることのできるFLRの数にどのように影響するかを確認できるdappを作成しています。

Q.最大限の分配を受けるには毎月の報酬も全てラップすべき?

A.FLRトークンを多くラップすればするほど毎月の分配金が多くなります。トークン所有者は最初に受け取った15%分をラップするだけでも、36ヶ月間毎月分配金を受け取ることができます。しかし、毎月の分配金で受け取ったトークンや、それらのトークンをFTSOに委任することによって受け取れる報酬も全てWFLRに変換すれば、全体の取り分はもっと大きくなります。

Q.トークン配布は通常の「委任報酬」とは別物?

A.FTSOデータ・プロバイダーに委任することで得られるインフレ報酬は、毎月の分配金とは別に36ヶ月のトークン分配が終了した後も継続されます。

Q.受け取った分配金はその後の報酬計算に加えられる?

A.毎月の分配金は「あなたが保有するWFLRトークンの合計数」によって決まります。より多くラッピングすればするほど、つまり流通するWFLRのシェアを増やせば増やすほど、毎月の分配金も多く受け取ることができます。

Q.売却されたFLRを購入してラップしても報酬を受け取れる?

A.36ヶ月の分配期間中に取得され、ラップされたFLRトークンは残りすべての毎月の分配金の分け前を受け取ることができます。

Q.委任報酬なども全てラップした場合の合計受取数量は?

A.「平均的な委任率」と「委任した特定のFTSOデータ・プロバイダーのパフォーマンス」によって異なります。150WFLRを保有する場合、平均的なパフォーマンスのデータプロバイダーと平均的な委任率であれば、実際には36ヶ月間で1000トークン以上を受け取ることができます。「Flare.Space」が作成した報酬シミュレータを使えば、さまざまな変数が最終的なトークン報酬にどのような影響を与えるか試すことができます。

Q.トークンの一部を売却しても、分配金を受け取ることができる?

A.最初の15%を売却してWFLRを保有していない場合は分配金を受け取ることができません。しかし、保有するトークンの一部を売却した場合でも、保有するWFLRの量に応じて、残りの毎月の分配金を受け取ることができます。

Q.投票までに取引所から配布されなかった場合は?

A.投票が行われる前に取引所がトークンを配布していない場合、残念ながら投票することはできません。しかし、投票が可決された場合は、トークン受取後にそれをWFLRに変換することによって毎月の分配金を受け取ることができます。WFLRをデータプロバイダーに委任すれば通常のインフレ報酬も受け取ることが可能です。

Q.委任せず15%分を別ウォレットに移動したら残り85%分は没収される?

A.投票が可決された場合、WFLRを保有するために選択したウォレットは問題ではありません。あなたは、あなたのWFLRを保持しているウォレットを使用して、毎月の分配金の取り分を請求することができます。将来の分配金は、トークンではなく「トークンを保有するウォレット」に結びつきます。あなたはFLRをラップするだけで分配金を受け取ることができますが、もしあなたがFTSOに委任しないのであれば、分散型データ提供をサポートすることに対するネットワーク報酬を逃すことになります。

Q.取引所の配布が遅れ、かなり時間が経った場合は?

A.投票が完了するまでにトークンを受け取っていればラップして委任するチャンスがあり、利用できる最大の報酬を受け取ることができます。毎月の分配が開始されるまでトークンが配布されなかった場合は、残りの毎月の分配の一部しか受け取ることができません。

Q.取引所がラップ・委任に対応してない場合はどうすれば?

A.Flareがサポートするウォレットに自分のFLRトークンを移動させて「Flare Portal」などを使ってネットワーク上でラップ・委任を行ってください。

Q.取引所から別ウォレットへの送金は売却と判断される?

A.いいえ。FLRをラップして毎月の分配金を受け取るためには、この方法が必要になる可能性があります。トークンは毎月「あなたのWFLRを保有していたウォレット」に請求することができます。トークンを2つのウォレットに分けた場合、両方のウォレットで毎月の分配金を請求することができます。

FIP.01:記事執筆時点では「賛成」が圧倒的多数

なお、記事執筆時点におけるFIP.01の投票数は「賛成:94.75%」「反対:5.25%」と賛成が圧倒的に多い結果となっています。FIP.01の投票期間は「日本時間2023年1月21日16:00〜2023年1月28日16:00まで」となっています。

>>「Flare Network」の公式発表はこちら
>>「FIP.01」の投票はこちらから

bitbankの画像FLRも取扱うビットバンクはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Enjin × Avex Technologies:ブロックチェーン事業で提携「NFTの相互運用」が可能に

Enjin × Avex Technologies:ブロックチェーン事業で提携「NFTの相互運用」が可能に

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

OpenSea:柔軟かつ効率的なNFT売買を可能にするプロトコル「Seaport」を発表

OpenSea:柔軟かつ効率的なNFT売買を可能にするプロトコル「Seaport」を発表

Liquid「LTC・XLM・BATの現物・レバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

Liquid「LTC・XLM・BATの現物・レバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

ブロックチェーンゲーム開発基盤「The Sandbox」仮想空間LANDのプレセール実施へ

ブロックチェーンゲーム開発基盤「The Sandbox」仮想空間LANDのプレセール実施へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Venmo:PayPalの米ドルステーブルコイン「PYUSD」をサポート

Venmo:PayPalの米ドルステーブルコイン「PYUSD」をサポート

eコマース大手Shopify「Solana Pay」に対応|USDC決済の受け入れが可能に

eコマース大手Shopify「Solana Pay」に対応|USDC決済の受け入れが可能に

米財務省:仮想通貨の税金関連で新ルール提案「ウォレット・DEXのKYC必須化」を懸念する声も

米財務省:仮想通貨の税金関連で新ルール提案「ウォレット・DEXのKYC必須化」を懸念する声も

シバイヌ(SHIB)で今後予定されている「5つの展開」チームメンバーが報告

シバイヌ(SHIB)で今後予定されている「5つの展開」チームメンバーが報告

ARK Investと21Shares「イーサリアム現物ETF」を申請

ARK Investと21Shares「イーサリアム現物ETF」を申請

Binance NFT「Polygonネットワークのサポート終了」を発表

Binance NFT「Polygonネットワークのサポート終了」を発表

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

The Sandboxで「キャプテン翼」のアバターコレクション展開へ|無料体験イベントも

The Sandboxで「キャプテン翼」のアバターコレクション展開へ|無料体験イベントも

ビットバンク:国内初レンダートークン(RNDR)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:国内初レンダートークン(RNDR)取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

FTXが保有する暗号資産が判明|売却への懸念で短期的な価格下落も

FTXが保有する暗号資産が判明|売却への懸念で短期的な価格下落も

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所などNEW

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

人気のタグから探す