暗号資産取引所FTX「業務再開の可能性」FTT価格は2倍以上に急騰

by BITTIMES

経営破綻した米国の暗号資産取引所「FTX」が業務再開を検討していることが明らかになりました。今回の発表を受けて、FTXトークン(FTT)の価格は2倍以上にまで急騰しています。

こちらから読む:仮想通貨関連記事を新着順で確認「暗号資産」関連ニュース

FTX「暗号資産取引所の業務再開」を検討

2022年11月に経営破綻した米国の暗号資産取引所「FTX」の弁護士であるAndy Dietderich氏は2023年4月12日に、アメリカ・デラウェア州破産裁判所で開催された公聴会で証言を行った際に「FTXが暗号資産取引業務の再開を検討していること」を明らかにしました。

Andy Dietderich氏の報告によると、FTXが回収した資産は現金と仮想通貨を合わせて約73億ドル(約9,700億円)ほどあるとのことで、2023年1月以降で8億ドル(約1,100億円)以上増加したとも報告されています。

FTXは現在、会社の将来のための今後の取り組みについて関係者と多くの選択肢について話し合いを行なっている段階で、「暗号資産取引所の業務再開」は交渉が行われている選択肢の1つとされています。

これについては「今四半期中(4月〜6月)に決定がなされる可能性がある」とも伝えられているものの、取引所を再開する場合は多額の資本を調達する必要があるため、現在は「FTXが回収した資産を使用するか」「第三者からの投資で調達するか」などについて社内で議論が交わされているとも報告されています。

さらに「FTXの顧客は"現金で受け取るはずだった収益の一部を、今後の取引所に対する何らかの権利で受け取る"という選択肢を選べる可能性がある」とも伝えられていますが、同弁護士は『FTX再開の可能性は多くの可能性のうちの1つであり、いかなる決定も最終決定にはほど遠い』と強調しています。

現状、資産引き出しが可能なのは日本の顧客のみ

なお、日本居住者向けの暗号資産取引所である「FTX Japan」では2023年2月21日から法定通貨と暗号資産の出金・出庫サービスが再開されていますが、資産の引き出しが可能になっているのはFTXグループ全体で"日本の顧客のみ"であるとのことで、日本の堅牢な暗号資産規制によって日本ユーザーの資金回収がスムーズに進んだことも説明されています。

FTX経営破綻などを含めた複数の問題によって、日本の仮想通貨規制の堅牢性は再び注目を集め始めており、自民党デジタル社会推進本部のweb3プロジェクトチーム(web3PT)が今月公開した「web3ホワイトペーパー(案)」の中では、『現在の厳しい冬の烈風は、web3の真価を問い直し、新たな革新の芽を育む好機である』との見解が示されています。

なお、FTXに関しては2023年4月12日の発表で「スイスの裁判所がFTXの欧州事業"FTX Europe"の売却を含む戦略的選択肢を探ることを可能にする手続きを承認した」ということも報告されています。

公聴会FTX発表

FTXトークン(FTT)の価格は急騰

FTXの仮想通貨であるFTXトークン(FTT)の価格は、FTX破綻の影響を受けて170円付近まで下落していましたが、今回の報道後には価格が急騰して一時的に362円付近まで回復しています。

2023年4月6日〜13日 FTTの価格チャート(画像:CoinMarketCap)2023年4月6日〜13日 FTTの価格チャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

ユニスワップ:全く新しい拡張機能「Uniswap Extension」を発表

ユニスワップ:全く新しい拡張機能「Uniswap Extension」を発表

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

チリーズ(CHZ)スポーツの試合予測で報酬がもらえる「Play Caller」と提携

チリーズ(CHZ)スポーツの試合予測で報酬がもらえる「Play Caller」と提携

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

イーロン・マスク氏:契約違反で「OpenAI」を提訴|ワールドコインの価格下落にも影響?

イーロン・マスク氏:契約違反で「OpenAI」を提訴|ワールドコインの価格下落にも影響?

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

人気のP2Eゲーム「Gods Unchained」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

人気のP2Eゲーム「Gods Unchained」スマホアプリ公開|iOS・Androidに対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す