LINE:Web3事業拡大に向け「フィンシア財団」を設立|ホワイトペーパーも公開

by BITTIMES   

LINE(ライン)は2023年4月17日に、同社のグループ会社であるLINE TECH PLUS(LTP)が、グローバルWeb3事業のさらなる拡大に向けてアラブ首長国連邦アブダビで非営利団体「Finschia Foundation(フィンシア財団)」を設立したことを発表しました。

非営利団体「Finschia Foundation」を設立

LINE(ライン)は2023年4月17日に、同社のグループ会社であるLINE TECH PLUS(LTP)が、グローバルWeb3事業のさらなる拡大に向けてアラブ首長国連邦アブダビで、2023年3月31日に非営利団体「Finschia Foundation(フィンシア財団)」を設立したことを発表しました。

Finschia Foundation(フィンシア財団)は、LINE TECH PLUSが昨年12月に発表した「トークンエコノミー2.0」戦略の一環として設立された財団であり、今後は第3世代のブロックチェーンメインネット「Finschia」とLINE独自の暗号資産「LINK」を運営していくと報告されています。

また、Finschia Ecosystemの拡大に向けて「Finschia Governance」を導入し、既存のガバナンス体制をコンソーシアム型へと転換することも予定しているとのことで、『パブリックチェーン化を目指して、ガバナンス参加者やパートナー企業とともに"Finschia"を安定的に運営しながら、透明性のあるトークンエコノミーを構築していく』と説明されています。

フィンシア財団の取り組みについて

Finschia Foundation(フィンシア財団)が運営する「トークンエコノミー2.0」では、新たに"LINKの支払い報酬のルール"を設けた上で、トークンエコノミー2.0開始前にリザーブを発行しない「事前発行リザーブゼロ」戦略が進められています。

また本日17日には、Finschia Ecosystemの運営に向けた今後の計画や政策の内容などを記したホワイトペーパーがFinschia公式サイトで公開されており、ホワイトペーパーの中では"トークンエコノミー2.0"の詳細などが詳しく説明されています。

「Finschia Foundation」はLINE Blockchainが掲げる『Blockchain for All』というミッションのもとで、"世界中のWeb3ユーザーとともに持続可能なトークンモデルを実現すること"を目指しているとのことで、今後は「コミュニティによる意思決定が可能なオンチェーンガバナンス・LINKのステーキング・スマートコントラクト」など機能を通じて"すべてのユーザーが参加できるブロックチェーンプラットフォーム"を構築する予定と報告されています。

なお「LINKをステーキングしたユーザー」や「Finschia Ecosystemの拡大に貢献したユーザー」には、LINKの支払い報酬ルールにのっとって貢献報酬が支払われる予定であるとのことで、第2世代のブロックチェーンメインネットである「Daphne(ダフネ)」はFinschiaに統合される予定とも説明されています。

Finschiaでは、この統合を通じてLINK・FT・NFTの発行・管理など様々なブロックチェーンサービスが提供される予定となっています。

LINE公式発表ホワイトペーパー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

イタリアのバイクブランド「Soriano Motori」仮想通貨決済に対応【世界初】

ビットフライヤー「MATIC・MKR」取扱開始|最大5万円が当たるキャンペーンも

ビットフライヤー「MATIC・MKR」取扱開始|最大5万円が当たるキャンペーンも

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

【仮想通貨不要】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」正式リリース

【仮想通貨不要】ブロックチェーンゲーム「Crypto Alchemist」正式リリース

コイントレード「ADA・PLT・IOST」取扱開始|上場記念キャンペーンも開催

コイントレード「ADA・PLT・IOST」取扱開始|上場記念キャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す