NFT×アクションRPG「DARK THRONE」HOME Verseでサービス開始

by BITTIMES   

OasysのL2チェーンで「DARK THRONE」を提供

韓国のブロックチェーンゲーム開発会社「EPIC LEAGUE」が運営するハック&スラッシュRPGである『DARK THRONE(ダークスローン)』が、Oasysのレイヤー2ブロックチェーンである「HOME Verse」で正式にサービスを開始したことが明らかになりました。

DARK THRONE(ダークスローン)は、戦闘で敵を倒し続ける"ハック&スラッシュ"と呼ばれるジャンルのアクションRPGであり、没落した世界で生き残った英雄たちが王位奪還を目指すストーリーが描かれています。

HOME Verseは、ユーザーが快適な環境で遊べるように設計されたゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のレイヤー2ブロックチェーンであり、double jump.tokyo株式会社が運営しています。

DARK THRONEは既に「Polygon」や「Binance Smart Chain」で提供されていましたが、今回は新たに3つ目のブロックチェーンとして「HOME Verse」でもサービス提供が開始されたことが報告されています。

また、今回の連携によって『DARK THRONE』のゲーム通貨である「$EPL」がHOME Verse上でも使用できるようになるとも報告されています。

DARK THRONE(ダークスローン)とは?

DARK THRONE(ダークスローン)とは、ブロックチェーン技術を活用した無料で遊べるハックアンドスラッシュ系のアクションRPGです。

このゲームは「iOS・Android・Steam・ウェブブラウザ」でプレイすることが可能で、言語は「日本語・英語・韓国語」に対応、日本居住者でもゲームをプレイすることができます。

DARK THRONEの世界は、美しいアートビジュアルで広がるダークファンタジーの世界となっており、プレイヤーは魔物に占領された世界を舞台に、進化し続ける悪魔、様々なアイテムやモードなど、多彩なプレイを楽しむことができます。

壮大なストーリーの中のミッションをプレイ

プレイヤーは、壮大なストーリーの中に散りばめられたミッションをプレイすることが可能で、一発触発の緊張感のあるバトルで繰り出される、ド派手なスキルアクションで敵を一掃する爽快感が魅力となっています。

プレイヤーには挑戦する度に変化するダンジョンや、ボス戦ごとに必要とされる戦略など、高い攻略スキルが求められます。

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

特殊スキルを持つ複数のキャラクター

ゲーム内では「パラディン・アサシン・デーモンハンター・ソーサレス・ウォーリアー」の中から操作キャラクターを選択することができます。

キャラクターはそれぞれが特殊なスキルを持っており、様々な装備とスキルの組み合わせで個性的で最高のヒーローを創造することができます。

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

魅力的なビジュアルとサウンドエフェクト

DARK THRONEには、マーベルとDCコミックのカバーアーティストとして活躍しているJeehyung Lee氏がアートディレクターとして参加、魅力的で迫力あるビジュアルが実現しています。

また、韓国を代表するK-POPプロデューサーのKeeprootsがサウンドエフェクトを担当、DARK THONEのゲームへの没入度を最大化させています。

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

ストレスフリーのゲームコントロール

DARK THRONEは、最適化されたUXデザインを採用することによって、シンプルかつ簡単な操作で深みのあるゲーム体験を提供します。繰り返し操作をなくしてプレイヤーの疲労感を最小化し、スリルのある激しいアクションの爽快バトルを実現させています。

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

トーテムNFTとユーザーNFT

「トーテムNFT」は、パラディン・アサシン・デーモンハンターなどのプレイアブルキャラクターを模したNFTです。それぞれにポーズや属性が設定されており、ゲームプレイに役立つ効果を備えています。

トーテムNFTは「ゲーム体験を向上させて便利な機能を提供すること」を目的としているため、それぞれ明確な役割があり、装備することでゲーム内報酬やキャラクター性能の向上によるゲームプレイの優位性を期待することができるようになっています。

「ユーザーNFT」は、ゲーム内で得られる特定のアイテムを使って作成できる自分だけのNFTです。ユーザーが作成したNFTはユーザー間で取引できるだけでなく、EPIC LEAGUEエコシステムの他のゲームでも使用することができます。

ユーザーNFTは、トーテムNFTと合わせて「EPIC LEAGUE」の世界における様々なゲームをつなぐことが可能で、エコシステムを維持し続けることができます。

ゲーム名DARK THRONE(ダークスローン)
ジャンルアクションRPG
ゲームリリース日2022年9月30日
トークン$EPL
チェーンPolygon/BSC/HOME Verse
公式サイトDARK THRONE公式サイト

double jump.tokyo発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨イベントスケジュール|2018年4月

仮想通貨イベントスケジュール|2018年4月

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

世界最大級のSNSトレードeToro「ADA・TRXのステーキングサービス」提供開始

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

The Shibで紹介された「AIRian・RUNNER X・AIRトークン」とは?新たなM2Eアプリの登場

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

SBI VCトレード:最大5万円もらえる「初回取引&カムバックキャンぺーン」開始

SBI VCトレード:最大5万円もらえる「初回取引&カムバックキャンぺーン」開始

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す