対戦型オンラインRPG「9Lives Arena」とは?Oasys L2:HOME Verseでサービス開始

by BITTIMES   

(追記:2024年1月10日)
HOME Verseで「9Lives Arena」のサービス提供が開始されましたので、記事の内容を追記・更新しました。

HOME Verseに「9Lives Arena」が参加

double jump.tokyoは2023年3月23日に、ゲーム特化型ブロックチェーンOasysのレイヤー2ブロックチェーンである「HOME Verse」に、Stargazerが運営する対戦型オンラインRPGゲーム『9Lives Arena』が参加したことを発表しました。

HOME Verse(ホームバース)はゲームに特化したブロックチェーン「Oasys」上でOptimistic Rollupと呼ばれる技術を利用して構築されたdouble jump.tokyoが運営するレイヤー2ブロックチェーンであり、ガス代無料・高速な取引処理などを実現してユーザーが快適な環境でゲームをプレイできるように設計されています。

HOME Verseには昨年12月の正式稼働以降、続々と高品質なゲームが参加していましたが、今回は新たにパソコンでプレイ可能なブロックチェーン技術を活用した対戦型オンラインRPGゲーム『9Lives Arena』が参加したことが報告されています。

HOME Verseでサービス提供開始

(追記:2024年1月10日)
double jump.tokyoは2024年1月10日に、2023年12月27日からHOME Verseで「9Lives Arena」のサービス提供が開始されたことを発表しました。

今回の発表では、9Lives Arenaの公式サイトでゲーム内で使用できる「マウント」や「Ooogy」などのNFT販売を開始したことも報告されており、2024年1月下旬には「9Lives Arena専用公式NFTマーケットプレイス」をリリースするとも報告されています。

9Lives Arenaの公式サイトではクレジットカードや仮想通貨OASを使ってNFTを購入することが可能で、公開予定の公式NFTマーケットではOoogyのおもちゃコレクションから人気の高いユーティリティアイテムまで多様なNFTコレクションを追加予定だと説明されています。

この拡張はゲーム全体の楽しみを高めることを目的としたもので、プレイヤーにNFTの売買やトレードの機会を提供します。売買できるNFTには、プレイヤーがクラフトしたアイテムやレアな戦利品も含まれるとのことで、「アセットにレアリティが追加され、その価値に直接影響を与えることで、より楽しく魅力的なゲーム体験が実現する」と説明されています。

「マウント」や「Ooogy」の概要は以下の通りです。

【マウント】
9Lives Arenaを探索する際に、スピーディーでスタイリッシュなライディングを可能にする。9999個という限られた数の中で、各マウントはランダムにロールされ、世界に1つだけの外見を保証する。見た目だけでなく、スタミナ(黄色いハート)やスピード(青い稲妻)などのステータスも異なる。ランダムに生成されるステータスポイントが彼らの性能を決定、緑はアンコモン、青はレア、紫はエピック、オレンジはレジェンドを意味します。

【Ooogy】
Ooogyは単なるバーチャルペットではなく、プレイヤーがオフラインの状態でもプレイヤーのために休むことなく働き、時間とともにレベルアップして究極の味方になってくれます。それぞれのOoogyは、肌の色・模様・目・歯などの一般的な属性から超レアな王家の血統まで、膨大な数の遺伝子に基づいたランダムなロール形質を特徴とするユニークな創造物です。王家の血統を持つOoogyほど希少価値が高く、見た目もクールです。

9Lives Arenaとは?

9Lives Arenaは、プレイヤー同士の対戦(PvP)を楽しむことができるブロックチェーン技術を活用した対戦型オンラインアクションRPGゲームであり、プレイヤーは究極の戦士になるために相手を研究して鍛錬し、PvPバトルに挑むことができます。

このゲームは美しいグラフィックで描かれた三人称視点のオンラインアクションRPGとなっており、独自のパーマデスシステム・永続的な進行・資源収集・アイテムクラフト・仮想ペットOoogyなどを特徴としてしています。

独自のパーマデスシステム

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

プレイヤーはキャラクターの頭・胸・腕・腰・脚に装備を装着して、武器攻撃や魔法攻撃で相手と戦うことが可能で、PvP対戦バトルでは独自の「パーマデスシステム」が採用されています。

このゲームには練習場である「Trainings Arena」と、本番のバトル会場である「Raked Arena」があり、Raked Arenaのバトルでは負ける度にライフが1つずつ消滅します。

9つのライフが全て消滅しても、ここでゲームオーバーではなく、プレーヤーはスピリットとなり、永久に不死身なキャラクターへと生まれ変わるために9つのライフを求めて狩りに出かけます。

また、9Lives Arenaでは「OOOGY・FISHING・TREASURE HUNTING」などといった複数のゲーム要素も組み込まれているため、プレイヤーはPvP対戦に加えて以下のようなゲーム要素も楽しむことができます。

OOOGY(ウーギー)

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

OOOGY(ウーギー)は、プレイヤーがオフラインの間でも資源の収集やアイテムの作成などを行える、独自のバーチャルオンライン/オフラインコンパニオン。武器や防具に関するクラフトやカスタマイズシステムもあり、プレイヤーは自分のプレイスタイルや見た目に合わせたユニークな装備を作成することができる。

FISHING(釣り)

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

FISHING(釣り)は、プレイヤーがリラックスしてOoogyに餌を与えながら釣りを楽しむことができるゲーム要素。6つの釣り競技のリーダーボードがあり、予期せぬ大物を釣り上げることもできる。

TREASURE HUNTING(宝探し)

(画像:double jump.tokyo)(画像:double jump.tokyo)

TREASURE HUNTING(宝探し)では、釣りで入手した宝の地図を使って、Ooogyを宝探しに派遣し、レアなアイテムを手に入れることが可能。

ゲーム情報・公式サイト

ゲームタイトル9Lives Arena
ジャンル対戦型オンラインRPG
リリース日2023年12月27日
NFT販売公式サイト:2023年12月27日より販売開始

公式マーケットプレイス:2024年1月下旬(予定)
チェーンHOME Verse(Oasys)
公式サイトhttps://www.9livesarena.com
プラットフォームEpic Games
コミュニティTwitter

Youtube

Facebook

Telegram

Discord

Instagram
開発会社Stargazer
言語英語
対応機種PC

公式発表①公式発表②

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国小売大手JD.com「ブロックチェーン研究所」を新たに開設|産業への応用促進

中国小売大手JD.com「ブロックチェーン研究所」を新たに開設|産業への応用促進

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

米裁判所:SECのリップル訴訟で「XRP自体は有価証券に該当しない」と判決

米裁判所:SECのリップル訴訟で「XRP自体は有価証券に該当しない」と判決

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

IOTA財団:スマート製造分野へのDLT活用に向け「Pickert」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す