Symbol活用のファイルセキュリティシステム「JUGGLE」リニューアル版の販売開始

by BITTIMES   

JUGGLEリニューアル版販売開始|フリートライアルも

シンボル(Symbol/XYM)のブロックチェーン技術を活用したサービスを開発している「株式会社Opening Line」は2023年5月25日に、同社が開発する次世代ファイルセキュリティシステム「JUGGLE」のリニューアル版を公開して販売開始したことを発表しました。

JUGGLE(ジャグル)は、Symbolブロックチェーンを活用した企業間で安全・簡単にファイルを共有できるファイルセキュリティシステムであり、今月15日には梓総合研究所が開発する「AIR-Plate」の構成ソリューションの1つとして搭載されたことなども報告されています。

このファイルセキュリティシステムは、アップロードするファイルに対して安全性の高いパスワードを自動で生成し、ブロックチェーン技術と暗号化技術を統合することによって、秘匿性の高いファイル共有と快適な操作環境を実現しています。

文書ファイルなどをパスワード付きZIPファイルにしてメールで送信してパスワードを別のメールで送信する従来のファイル共有方法「PPAP」はセキュリティ対策として問題があったものの、JUGGLEを利用すればPPAPの問題を解決することができるとされています。

具体的には、JUGGLEを利用すればパスワードを意識することなく、セキュリティを維持しながらファイルを共有することが可能で、PPAPの課題であった安全なパスワードの付与、共有の手間と安全性の課題を解決することができると説明されています。

JUGGLEは2022年にリリースされていましたが、今回は利用者の声を受けて、より使いやすいようにリニューアルを実施したとのことで、リニューアルに合わせて"フリートライアル"を開始することも報告されています。

JUGGLE 概略図(画像:Opening Line)JUGGLE 概略図(画像:Opening Line)

JUGGLEの主なリニューアル点

JUGGLEの主なリニューアル点としては以下のような点が挙げられています。

受信履歴一覧画面の追加

自分宛に届いたファイルを一覧で確認することが可能に。一覧画面からファイルダウンロード画面に遷移してダウンロードすることも可能。

(画像:Opening Line)(画像:Opening Line)

複数端末で安全にファイルを受け取る機能の追加

JUGGLEは安全にファイルを受け取るために受信用の鍵を端末に保存している。これによって、特定の端末でのみ受け取れる安全な受信環境を提供していたが、テレワークが定着した中で「複数端末で受信したい」という要望も多かったため、JUGGLEの仕組みを活用して安全に受信用の鍵を複数端末で共有する機能を開発した。

これにより複数端末で安全にファイルを受信できるようになった。

ゲストユーザの受信フローの見直し

JUGGLEは、安全性を高めるために受信用の鍵をセットアップしてからファイルを受け取る仕組みを採用していたが「ゲストユーザが受け取る際のセットアップに手間がかかる」という課題があった。

今回のリニューアルでは、ゲストユーザーの受け取りフローを見直し、従来の半分のステップでファイルを受け取れるように改良が加えられている。

グループ送信機能の追加

送信先アドレスをグループ化することによって、送信先入力時に複数人を指定する必要がある場合に、便利かつ間違いがないように送信先を指定することができるようになった。

(画像:Opening Line)(画像:Opening Line)

今後リリース予定の機能

今後リリース予定の機能としては以下のようなものが挙げられています。

タイムスタンプ機能

ブロックチェーンの改ざんが困難な特性を活かし、JUGGLEで送信したファイルがいつ、誰から送られてきたファイルか、改ざんされていないかを検証できる機能をリリース予定。

Box連携機能

Boxにアップロードしているファイルを、JUGGLEを利用してBox外のユーザに安全に共有する機能をリリース予定。

フリートライアル開始

リニューアル版のJUGGLEを多くの方が体験して導入を検討してもらえるようにフリートライアルを開始。

Opening Line発表JUGGLE製品ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

ブロックチェーンゲーム資産の「市場価値」を簡単確認|Blockchain Game Infoに新機能追加

RICOH:ブロックチェーン用いた「再生可能エネルギー管理」の実証実験開始

RICOH:ブロックチェーン用いた「再生可能エネルギー管理」の実証実験開始

クリプタクトが「Astar Network」に対応|DeFi取引などの確定申告・損益計算を簡単に

クリプタクトが「Astar Network」に対応|DeFi取引などの確定申告・損益計算を簡単に

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

Shiba Inu(SHIB)「Shibarium Bridge」ベータ版のテストが可能に

Shiba Inu(SHIB)「Shibarium Bridge」ベータ版のテストが可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す