米大統領候補RFK Jr.氏「BTC売却時の税金免除・BTCによる米ドル裏付け」などの政策を発表

by BITTIMES

BTCに焦点を当てた具体的な計画を発表

ビットコイン(BTC)肯定派としても知られる大統領候補のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏が「Heal-the-Divide PAC」のイベントで講演した際に「BTCで米ドルを裏付けること」や「BTCの利益をキャピタルゲイン税から免除すること」などの政策を語ったことが明らかになりました。

BTCなどによる米ドルの裏付け

同氏は今回の講演で「発行済み国庫短期証券の1%を金・銀・プラチナ・ビットコインなどのハードカレンシーで少額から裏付ける」という計画を明かしており、結果を見ながら毎年割り当てを増やすことも視野に入れていると説明しています。

・銀・プラチナ・ビットコインなどの希少価値がある現物資産を裏付け資産として利用すれば、米ドルの強さを取り戻してインフレを抑制することができると期待されています。

ドルと米国の債務を現物資産で裏付ければ、ドルの強さを取り戻してインフレを抑制し、米国の金融安定・平和・繁栄につながる新時代を迎えることができるだろう。

BTCの利益をキャピタルゲイン税から免除

税金関連の政策では「ビットコインを米ドルに交換した際に発生するキャピタルゲイン税を免除する」という計画が発表されています。

これによってもたらされるメリットとしては以下のようなものが挙げられており、「これは政府が言論の自由に対して通貨を武器にすることが難しくなることを意味するものである」とも語られています。

  • イノベーションの促進と投資の促進
  • 国民のプライバシー保護
  • 米国内でのビジネスや雇用の拡大

法定通貨は戦争のために発明された

ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は、同氏の叔父であるジョン・F・ケネディ大統領は「ハードカレンシーの重要性」と「代替通貨が存在しない法定通貨の危険性」と理解していたと述べており、『法定通貨は戦争に資金提供するために発明された』と語っています。

私の叔父であるケネディ大統領は在任中に、ハードカレンシーの重要性や、他の選択肢のない法定通貨の危険性を理解していました。彼は法定通貨と戦争、法定通貨と非常に破壊的な環境プロジェクト、さらには巨大な富の集中と富の不均衡の関係を理解していました。

法定通貨は戦争に資金を提供するために発明されました。私は基軸通貨が好きです。なぜなら基軸通貨は戦争をより難しくするからです。単にお金を印刷して戦争資金を調達し、インフレという隠れた税を通じて国民に課税することはできません。

実際に国民の前に出て『この戦争にはこれだけの費用がかかります』と言わなければなりません。

仮想通貨を支持するRFK Jr. 氏

ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は以前から仮想通貨を支持していることでも知られており、今年5月には「今回の選挙でBTCの寄付を受け入れること」を発表して「米国をBTCの世界的ハブにする」とも語っています。

また、今月は「ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏が最大25万ドル相当のビットコインを保有していること」も明らかにされています。

今回の米大統領選挙には、仮想通貨支持派の人物が多数立候補していますが、ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏が今回語った政策が実現すれば、ビットコインや仮想通貨にプラスの影響がもたらされる可能性があるため、今後の動向などには注目が集まっています。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

BTCを売買できる暗号資産取引所SBI VCトレードはこちらBTCを売買できる暗号資産取引所SBI VCトレードはこちら

The Street報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

【重要】BINANCE「バイナンスジャパン」への移行申込受付を開始|期日までに本人確認を

【重要】BINANCE「バイナンスジャパン」への移行申込受付を開始|期日までに本人確認を

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

アフガニスタン警察当局、1週間で「16の暗号資産取引所」を閉鎖=報道

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」2024年まで遅れる可能性

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」2024年まで遅れる可能性

Pepeの価格が強気に反発|新しいミームコインCowabungaとShibieも上昇

Pepeの価格が強気に反発|新しいミームコインCowabungaとShibieも上昇

ディープコイン(DEP)を獲得できるすごろくゲーム「Rogue Roll Ruler's」登場

ディープコイン(DEP)を獲得できるすごろくゲーム「Rogue Roll Ruler's」登場

Fundstratのビットコイン価格予想|2024年半減期前に需要大幅増の可能性

Fundstratのビットコイン価格予想|2024年半減期前に需要大幅増の可能性

DMMビットコイン:現物&レバレッジ取引の取扱銘柄を大幅拡充

DMMビットコイン:現物&レバレッジ取引の取扱銘柄を大幅拡充

Grayscaleのビットコイン保有量は「世界2位」ArkhamがGBTCのオンチェーン資産を特定

Grayscaleのビットコイン保有量は「世界2位」ArkhamがGBTCのオンチェーン資産を特定

OKX「32種類の仮想通貨取引ペア削除」を発表|一部銘柄は入出金も停止

OKX「32種類の仮想通貨取引ペア削除」を発表|一部銘柄は入出金も停止

BINANCE:モロッコ大地震の被災者に「300万ドル相当のBNB」を寄付

BINANCE:モロッコ大地震の被災者に「300万ドル相当のBNB」を寄付

分散型金融(DeFi)次の強気相場で「CeFi」を超える可能性|BINANCE CEOが予想

分散型金融(DeFi)次の強気相場で「CeFi」を超える可能性|BINANCE CEOが予想

PEPE「Telegramアカウント乗っ取り」の報告|チーム分裂の主張も

PEPE「Telegramアカウント乗っ取り」の報告|チーム分裂の主張も

野村HD子会社「機関投資家向けのビットコインファンド」立ち上げ

野村HD子会社「機関投資家向けのビットコインファンド」立ち上げ

IDOL3.0 PROJECT「最終投票の候補者29名」が決定|NIDT価格は一時100円まで高騰

IDOL3.0 PROJECT「最終投票の候補者29名」が決定|NIDT価格は一時100円まで高騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所などNEW

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

マーブレックス(MARBLEX/MBX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

ワールドコイン(WLD)とは?分散型IDで仮想通貨を配布する話題のプロジェクト

人気のタグから探す