総額82億円!モネロ(XMR)全体の5%が不正マイニング

by BITTIMES   

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)は、悪意を持ったマイナーの標的になりやすいということが、セキュリティ会社であるPalo Alto Networksの調査によって明らかになりました。マルウェアなどによってマイニングされたMoneroはXMR全体のおよそ5%に当たる約82億円分にものぼるとされています。

不正マイニングは5%以上?

セキュリティ会社であるPalo Alto Networksは、現在流通している全てのモネロ(XMR)のうちの約5%が悪意を持ってマイニング(採掘)されているという報告書を6月11日に発表しました。

この調査によると、これらのマイニングは他のユーザーのコンピュータの処理能力を使用して、所有者の許可なく仮想通貨のマイニングを行う行為である『クリプトジャック』によって行われています。

Palo Alto Networksの脅威インテリジェンスチーム『Unit 42』で研究しているJosh Grunzweig氏は、Palo Alto Network WildFireプラットフォーム内でいくつのクリプトジャックマイナーが特定されたかについて、約47万の固有サンプルを収集しました。

この報告書には、マイニングプールに接続された、
・3,773の電子メール
・2,995のマイニングプールのURL、
・2,341のモネロ(XRM)ウォレット
・981のビットコイン(BTC)ウォレット、
・131のエレクトロニウム(ETN)ウォレット
・44のイーサリアム(ETH)ウォレット
・28のライトコイン(LTC)ウォレット
が発見されたと報告されています。

Grunzweig氏によれば、Moneroはマルウェアの標的となる仮想通貨に「信じられないほどの独占権」を持っており、総額1億7500万ドル(約82億7,227万円)が悪意を持って採掘されており、これは現在流通している全てのMoneroの約5%にあたるとされています。

またこのレポートでは、WebベースのMoneroマイナーやアクセスできない他のマイナーがデータに含まれていないため、5%は計算が低すぎる可能性が最も高いとも指摘しています。

悪質なマイナーが標的とする仮想通貨の分布(Palo Alto Networksから)悪質なマイナーが標的とする仮想通貨の分布(Palo Alto Networksから)

マルウェアやクリプトジャックの現状

この報告書によると、Moneroクリプトジャックの総ハッシュレート(採掘速度)は、毎秒19メガハッシュ(MH/s)で1日約30,443ドル(約335万円)をもたらします。これは世界的なMoneroネットワークのハッシュパワーの約2%に相当します。上位3つのハッシュレートソースは、毎日約2,737ドル(約30万円)、2,022ドル(約22万円)、および1,596ドル(約17.5万円)です。

『Monero Malware Response Work Group』のJustin Ehrenhofer氏は、「Moneroは明示的なユースケースなしで構築されているため、Moneroのプライバシーとアクセス可能な証拠は不正な個人的利益のために利用されることがある」と指摘しています。

このようなことからJustinのグループは、マルウェアやクリプトジャックを回避するための方法についてを仮想通貨ユーザーに教えるためのボランティア活動に取り組んでいます。

「Moneroコミュニティは、望ましくないシステムマイニングやその他の悪質な行為の犠牲者を支援することに関心を持っています。

すべてのマシンが危険にさらされるのを防ぐことはできません。Moneroで採掘されると推定されるコインの割合は、侵害された機械の数に大きく影響します。Moneroのマイニングに加えて、彼らは迷惑メールを送信してユーザーを監視する可能性があります。

私たちの貢献がソースでの望ましくない動作を制限することを願っています。

先日も日本の警察が、Coinhive(コインハイブ)と呼ばれるマイニングソフトウェアを使ってMoneroのクリプトジャックを行なった事件について調査したと報じています。
セキュリティチームは先週、金融、教育、政府などの業界のMoneroを含む、4万台以上のコンピュータがマイニングマルウェアに感染していることを発見しています。

日本で逮捕者も

arrest

2018年6月14日には、愛知県警が仮想通貨の「不正採掘」を巡り、アダルトサイトを運営する20代の男性を書類送検しています。

書類送検されたのは京都市北区に住むアダルトサイトを運営している23歳の男性で、Moneroを得るため、自らが運営するアダルトサイトに、他人のパソコンを不正に動かすプログラムを設置した疑いが持たれています。

この男性は不正プログラムを悪用して、他人のパソコンでマイニングを行い利益を得ていたとみられており、本人も「ウェブサイト運営費を稼ぐために行った」と容疑を認めていると報じられています。

匿名通貨が廃止される日

今年の2月にも中国のサイバーセキュリティ会社である「360 ネットラブ」の研究員がアンドロイド端末に感染してモネロをマイニングさせるマルウェアを発見したとの発表がありました。

このマルウェアは、1月31日から感染を始めた後に2月3日から急激に拡散した結果、中国と韓国を中心におよそ7,000台のアンドロイド端末に感染しました。このマルウェアは感染のスピードがとても速く、被害を受けた端末の数は12時間毎に倍になっていたと報告されています。

またCoincheck(コインチェック)はモネロを含めた匿名性の高い通貨4種類の取り扱いを廃止することを5月18日に発表しています。

コインチェックはこの決定について「マネーロンダリングの防止とテロ資金供与対策の管理体制の整備と強化のために、これらの仮想通貨を取り扱うことが適切ではないと判断した」と説明しています。

廃止日とされている2018年6月18日に対象となる通貨を保有していた場合は、市場価格で売却され、日本円に転換されることになっているのでまだコインチェックで匿名通貨を保有している方は、早めに確認しておくようにしておきましょう。

モネロ(Monero/XMR)の価格

2018年6月14日前後のモネロのチャート(coingecko.comから)2018年6月14日前後のモネロのチャート(coingecko.comから)

Moneroの価格はここ最近の報道でさらに下落していましたが、14日にはやや回復し現在は約14,000円前後で取引されています。

仮想通貨の購入はセキュリティ面でも信頼の高いbitbank(ビットバンク)がおすすめです。モネロを他社に移動する場合はHuobi.pro(フォビ)などもおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

(引用:researchcenter.paloaltonetworks.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

注目度の高い仮想通貨ニュース

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

ユヴェントスFC:Socios.comで「公式ファントークン」販売開始|仮想通貨投票が可能に

BINANCE「イーサリアム先物取引」のテストを開始

BINANCE「イーサリアム先物取引」のテストを開始

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

ブロックチェーン用いたオンライン医療ソリューション「楽医」開発へ:テックビューロ

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

Softbank:デジタル通貨対応の「SBCウォレットカード」発行へ|Wi-Fi機能なども搭載

Softbank:デジタル通貨対応の「SBCウォレットカード」発行へ|Wi-Fi機能なども搭載

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す