仮想通貨モネロを勝手にマイニングするマルウェアが感染拡大

by BITTIMES

2月4日、中国のサイバーセキュリティ会社である「360 ネットラブ」の研究員がアンドロイド端末に感染して仮想通貨モネロ(XMR)をマイニングさせるマルウェアを発見したとの発表がありました。

発見されたマルウェアは「ADB.マイナー・ワームスキャン」と呼ばれており、スマートフォン・タブレット・テレビ等のあらゆる種類のアンドロイド端末に影響を与える可能性があると伝えられています。
この ADB.マイナー・ワームスキャンに感染するとユーザーの知らない間にモネロ(XMR)のマイニングが行われ、自動的に単一のウォレットに送られるとの事です。

このマルウェアは、1月31日から感染を始め、3日から急激に拡散しており、中国韓国を中心に 7,000台のアンドロイド端末に感染しているらしく、感染のスピードがとても速く被害を受けた端末の数が 12時間毎に倍になっていたとのことです。

6日に発表によると 7,000台の感染をピークに一旦は落ち着いたようですが、去年もこのようなマルウェアは多数見つかっているため今後も注意が必要です。

今回のようにユーザーの端末に忍び込んで勝手にマイニングを行うケースがここ最近増えてきており「クリプトジャック」と言われています。もし普段使っている端末に何か異変を感じた場合は、一度調べてみた方がいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huaweiがブロックチェーン技術を利用した特許を申請中

Huaweiがブロックチェーン技術を利用した特許を申請中

仮想通貨市場に影響力のある重要人物 5選

仮想通貨市場に影響力のある重要人物 5選

仮想通貨モネロ(Monero)「66倍の高騰からみる将来性」

仮想通貨モネロ(Monero)「66倍の高騰からみる将来性」

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

仮想通貨リスク(LISK)中国大手取引所Huobiに上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す