X上の仮想通貨ギブアウェイ詐欺「1年間で95,000件以上発生」大学の研究チームが報告

by BITTIMES

AI活用の自動検出システムで詐欺調査

アメリカ・カリフォルニア州にあるサンディエゴ州立大学の研究者チームは2023年8月10日に、X(旧:Twitter)上で行われている「仮想通貨ギブアウェイ詐欺」について分析した包括的なレポートを公開しました。

仮想通貨のギブアウェイ詐欺とは、SNS上などで"仮想通貨の無料配布"を装って騙された人から仮想通貨を騙し取る詐欺手法であり、数年前から様々なサービス上でギブアウェイ詐欺が横行しています。

今回のレポートを作成した研究者らは、人工知能(AI)の技術を活用して仮想通貨のギブアウェイ詐欺を自動検出する「GiveawayScamHunter」と呼ばれるシステムを開発したとのことで、この自動検出システムを用いて調査分析を行なったと報告されています。

1年間で95,111件のギブアウェイ詐欺を検出

研究チームの報告によると、2022年6月〜2023年6月までの期間で「GiveawayScamHunter」を実行したところ、数千のTwitterアカウントによって実行された95,111件のギブアウェイ詐欺が検出されたとされています。

これらの詐欺行為は「人気のアカウントを乗っ取る・スパムアカウントを作成する」などといった様々な戦略を組み合わせて実行されていたとのことで、『レポート執筆時点でもスパムアカウントの43.9%がアクティブなままの状態だった』とも説明されています。

さらに、研究チームは「327個の無料配布詐欺ドメイン」と「121個の詐欺ウォレットアドレス」を特定したことも報告しています。

詐欺アドレスを追跡した結果、365人を超える被害者に推定総額87万2,000ドル(約1億2,600万円)の経済的損失が発生したことが明らかになったとのことです。

ギブアウェイ詐欺はTwitter以外のプラットフォームでも広く実行されている詐欺行為であり、過去には「詐欺のYouTube動画を作成して、概要欄から詐欺アドレスへの送金を促す」といった詐欺行為も行われていました。

最近では「仮想通貨プロジェクト関係者の公式アカウントを乗っ取った上で、乗っ取られた公式アカウントから詐欺投稿を行う」など、詐欺師の手法も多様化してきているため、エアドロップなどの企画に参加する場合などにも十分な警戒が必要です。

>>詐欺関連の最新記事はこちら

研究チーム報告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

総合格闘技RIZIN:IOST活用のNFTマーケット「RIZIN FIGHTING COLLECTION」公開へ

米規制当局、次の標的は「Bybit」か?Coinbaseに対してバイビット調査関連で召喚状

米規制当局、次の標的は「Bybit」か?Coinbaseに対してバイビット調査関連で召喚状

BINANCE:フレキシブルローンの担保資産に「SHIB・THETA・ENJ・IOST」などを追加

BINANCE:フレキシブルローンの担保資産に「SHIB・THETA・ENJ・IOST」などを追加

NFT保有者の行動が影響する「AIタレント」が登場|fandaoマーケットでNFT販売開始

NFT保有者の行動が影響する「AIタレント」が登場|fandaoマーケットでNFT販売開始

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

BINANCE:仮想通貨「先物取引プラットフォーム」公開へ|レバレッジ最大20倍

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す