Ponta関連のWeb3プロジェクト「Avalancheサブネット」を採用

by BITTIMES   

アバランチ活用のコンソーシアムチェーンを構築

共通ポイント「Panta(ポンタ)」の利用者向けにWeb3関連サービスを展開する計画を発表していた「プレイシンク」と「ロイヤリティマーケティング」は2023年9月6日に、両社が共同で立ち上げる新規ブロックチェーンで「Avalancheサブネット」を採用することを発表しました。

プレイシンクとロイヤリティマーケティングは今年7月末に「PontaアカウントにWeb3サービスを提供し、世界最大規模となる約1億人超のプラットフォームを構築する」という計画を発表していましたが、今回は同プロジェクトに関する続報が発表されています。

このプロジェクトでは約1億人が利用する"Ponta"のユーザー向けにWeb3サービスが提供されるため、大規模コンテンツ上でNFTが大量に発行・配布されることになります。

このような大規模サービス展開では「ガス代・トランザクション速度(手数料・取引速度)」の問題が発生するため、これらの問題を解決するために"Avalancheの高速なアーキテクチャを活用して新しいコンソーシアムチェーン(*1)を構築する"ということが報告されています。

アバランチ(Avalanche/AVAX)は、分散型アプリケーション(DApps)分散型金融(DeFi)を構築するためのプラットフォームとして機能する高速かつ低コストで環境にも優しいパブリックブロックチェーン・スマートコントラクトプラットフォームであり、暗号資産AVAXは国内取引所にも上場しています。

Avalancheサブネット採用の理由と特徴

プレイシンクとロイヤリティマーケティングが新たに構築するコンソーシアムチェーン(*1)は、プレイシンクとロイヤリティマーケティングがバリデーターとして運用を行うとのことで、「Avalancheサブネット採用の理由」や「新チェーンの特徴」としては以下のようなもの が挙げられています。

(*1)コンソーシアムチェーン:複数の管理者が存在する、参加者が限定されたブロックチェーン。分散化の特徴を少し犠牲にしてやや中央集権的な仕組みを採用することによって、より高速かつ低コストな取引環境が実現する。

Avalancheサブネット採用の理由

  • 世界最速クラスのファイナリティアルゴリズム
  • Avalancheはイーサリアム仮想マシン(EVM)互換のスマートコントラクトプラットフォーム
  • Avalancheメインネットでは数多くのアプリケーションが稼働中
  • 独自ブロックチェーンにAvalancheサブネットを採用することで、高速かつ多機能なサービス提供が可能となる

新ブロックチェーンの特徴

  • 利用者は暗号資産を準備する必要がなく、決済にはPontaポイントや法定通貨が利用可能
  • 高いEVM互換性を持っているため、他のEVM互換チェーンで既に提供されているものも含め、サードパーティーによるアプリケーション提供が可能
  • プレイシンクとロイヤリティマーケティングがバリデーターノードを運用するコンソーシアムチェーン形式を採用
  • Ava LabsのクラウドサービスAvaCloudを活用し、堅牢なインフラストラクチャーを提供

なお、Pontaポイントに関連する仮想通貨ニュースはこれまでにも多数報告されており、今年7月には「SBINFT MarketでPontaポイントが利用可能になること」が発表されている他、8月には「Pontaの香りNFT」に関する発表も行われています。

>>Web3関連の最新記事はこちら

プレイシンク発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「180万円」突破|過去最高値更新は近い?

ビットコイン価格「180万円」突破|過去最高値更新は近い?

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

PLT Place:マーケットプレイスで「クレジットカード決済」対応へ

PLT Place:マーケットプレイスで「クレジットカード決済」対応へ

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

セキュリティトークン取引所「2020年度内のサービス開始」目指す:SBI北尾社長

セキュリティトークン取引所「2020年度内のサービス開始」目指す:SBI北尾社長

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

カルダノのオープンソース開発を推進「PRAGMA」設立|dcSpark・Sundae Labsなども参加

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す