Grayscaleのビットコイン保有量は「世界2位」ArkhamがGBTCのオンチェーン資産を特定

by BITTIMES   

1,750以上のアドレスに分散して管理

ブロックチェーン分析企業の「Arkham Intelligence」は2023年9月7日に、グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)のオンチェーン保有資産を特定したことを明らかにしました。

Arkham Intelligenceの報告によると、グレイスケールのビットコイン投資信託は「世界で2番目に巨大なBTCエンティティ」であるとのことで、160億ドル(約2兆3,600億円)相当以上のBTCを管理しているとされています。

速報:ArkhamがGrayscale Bitcoin Trustのオンチェーン保有資産を特定

これは世界で2番目に大きなBTCエンティティであり、160億ドル相当以上のBTCを保有しています。

グレイスケールは口座残高を公表していますが、信託のオンチェーンアドレスを特定されることを拒否しています。

Arkham Intelligenceは一連の投稿の中で「GBTCの資産が1,750以上のアドレスに分散されていること」も報告しており、「それぞれのアドレスで管理されているビットコインは1,000BTC以下である」とも説明されています。

ETHEの資産特定報告も

Arkhamは2023年9月2日にグレイスケール・イーサリアム・トラスト(ETHE)の保有資産を特定したことも報告しています。

同社はこの時の報告で「これは50億ドル(約7,380億円)相当以上のETHを管理する世界で2番目に巨大なETHエンティティである」と報告しており、「この資産はそれぞれが3,000万ドル以下になるように、500以上のアドレスに分散されている」とも説明しています。

速報:ArkhamがGrayscale Ethereum Trustのオンチェーン資産を特定

これは世界で2番目に大きなETHエンティティであり、50億ドル相当以上のETHを管理しています。

このことはこれまで報告されておらず、公にも確認されていませんでした。

Arkham Intelligenceは最近の調査で「謎とされていた世界3位のBTCクジラ」も特定しており、このアドレスが「Robinhood」のものであることを報告しています。

なお、Grayscale(グレイスケール)はGBTCを現物ビットコインETFに切り替えるための申請を行なっていることでも注目を集めていますが、最近では「ETF転換に関する裁判でグレイスケールが米SECに勝訴したこと」も報告されています。

>>クジラ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

コインチェック「NASDAQへのDe-SPAC上場計画」を発表|2022年中を目処に上場予定

コインチェック「NASDAQへのDe-SPAC上場計画」を発表|2022年中を目処に上場予定

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

節税に役立つ「不良資産化したNFTの買取サービス」開始:マネックスクリプトバンク

節税に役立つ「不良資産化したNFTの買取サービス」開始:マネックスクリプトバンク

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

新仮想通貨【Jコイン】みずほ銀行他70銀行で運用開始か?

注目度の高い仮想通貨ニュース

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す