仮想通貨で成功している億万長者は何人?暗号資産と富裕層に関するレポート公開

by BITTIMES   

仮想通貨の富裕層に関するレポート公開

ロンドン拠点の投資移住コンサルティング会社である「Henley & Partners」は2023年9月5日に、仮想通貨の富裕層に関するデータをまとめた「Crypto Wealth Report」を公開しました。

このレポートでは「世界の仮想通貨ユーザー数」や「億万長者の人数」などが報告されている他、「国別にみた仮想通貨・ブロックチェーンの採用度指数」なども公開されています。

世界の仮想通貨ユーザー数は約4億2,500万人

2023年6月30日時点における全世界の推定仮想通貨ユーザー数については「約4億2,500万人」と報告されています。

これはビットコインをはじめとする何らかの仮想通貨を保有している人々の総数であり、ビットコインを保有している人の数は「約2億1,000万人」とされています。

なお、仮想通貨ウォレットは1人が複数のウォレットを使用している可能性もあるため、正確な数値は報告されているものよりも少なくなる可能性があります。

BTC・仮想通貨を保有する億万長者の人数

100万ドル(約1億円)以上のビットコインや仮想通貨を保有する億万長者の人数に関しては「100万ドル以上・1億ドル以上・10億ドル以上」という3つの規模に分けて報告が行われています。

ミリオネアの人数
100万ドル以上の仮想通貨を保有するミリオネアの人数は「約88,200人」とされており、100万ドル以上のビットコインを保有するミリオネアの人数については「約40,500人」と報告されています。

センチミリオネアの人数
しかし、1億ドル(約100億円)以上の仮想通貨を保有する人数は非常に少なく、仮想通貨全体の場合は「182人」、ビットコインの場合は「78人」とされています。

ビリオネアの人数
さらに、10億ドル(約1,000億円)以上の仮想通貨を保有する人数については、仮想通貨全体で「22人」、ビットコインでは「6人」とされているため、10億ドル以上の仮想通貨を保有する人が非常に少ないことがわかります。

(画像:Henley & Partners)(画像:Henley & Partners)

仮想通貨・ブロックチェーンの採用度指数

仮想通貨・ブロックチェーンの採用度指数は「一般採用率・インフラ整備度・イノベーションとテクノロジー・規制環境・経済的要因・税制優遇度」など基準に基づいた総合スコアでランク付けが行われています。

総合評価が最も高かった3カ国は「シンガポール・スイス・アラブ首長国連邦(UAE)」で、日本は今回掲載されている26位までの中に含まれていない結果となっています。

今回公開された仮想通貨の採用度トップ26は以下の通りです。

ランク合計スコア
1位シンガポール50.2
2位スイス46.9
3位アラブ首長国連邦45.7
4位香港45.6
5位アメリカ合衆国44.3
6位オーストラリア43.1
7位イギリス42.7
8位カナダ40.4
9位マルタ38.9
10位マレーシア37.5
11位タイ37.0
12位オランダ36.3
13位イタリア34.8
14位アンティグア・バーブーダ34.7
15位オーストリア34.3
16位ニュージーランド34.2
17位モナコ33.0
18位ポルトガル31.9
19位キプロス31.6
20位モーリシャス30.9
21位ルクセンブルク30.8
22位セントクリストファー・ネービス29.9
23位ギリシャ28.9
24位トルコ27.5
25位モンテネグロ25.6
26位ナミビア24.8

なお、仮想通貨関連の課税で高い評価を獲得した国としては「シンガポール、UAE、香港、モーリシャス、モナコ、アンティグア・バーブーダ、マレーシア、ナミビア、スイス」などが挙げられています。

今回公開されたレポートの内容は「Crypto Wealth Report」のページで確認することができます。

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitterで「ワールドコインの偽アカウント」が増加|エアドロップ詐欺などに要注意

Twitterで「ワールドコインの偽アカウント」が増加|エアドロップ詐欺などに要注意

ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

クリプタクト:DeFi機能で「Optimism・Arbitrum」に新規対応|損益計算・確定申告を簡素化

クリプタクト:DeFi機能で「Optimism・Arbitrum」に新規対応|損益計算・確定申告を簡素化

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

Enjin:1億ドル規模のメタバースファンド「Efinity Metaverse Fund」を設立

Enjin:1億ドル規模のメタバースファンド「Efinity Metaverse Fund」を設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す