【続報あり】ブラックロック:現物イーサリアムETF「iShares Ethereum Trust」の申請書類をSECに提出

by BITTIMES   

現物イーサリアムETF提供に向けて準備中?

約9兆ドルの資産を運用する世界最大の資産運用会社BlackRock(ブラックロック)が、現物イーサリアムETF(上場投資信託)の提供に向けた準備を進めている可能性があることが明らかになりました。

これは、2023年11月9日に米デラウェア州のウェブサイトに「iShares Ethereum Trust」の申請書が掲載されたためであり、仮想通貨業界で大きな話題となっています。

ブラックロックは、米国証券取引委員会(SEC)に現物ビットコインETFの申請を行う7日前に、米デラウェア州で「iShares Bitcoin Trust」の登録を行なっていたため、同様の流れで今度は現物イーサリアムETFの申請が行われる可能性があると注目されています。

「iShares Ethereum Trust」がデラウェア州で登録された。

ちなみに、ブラックロックの「iShares Bitcoin Trust」は、SECにETF申請を行う7日前に同様の方法で登録されている。

ETH価格は2,000ドル以上まで高騰

仮想通貨業界では「現物ビットコインETFの承認」に期待が高まっていますが、現物イーサリアムETFの申請が行われることになれば、ビットコインETFの承認後にイーサリアムETFも承認される可能性があるため、今回の登録には注目が集まっています。

なお、イーサリアム(ETH)の価格は今回の報告直後に急騰しており、2023年11月10日0時頃には、ETH価格が2,000ドル(約30万円)を突破しています。

2023年11月10日 ETH/USDの3時間足チャート(画像:TradingView)2023年11月10日 ETH/USDの3時間足チャート(画像:TradingView)

続報:NASDAQが上場申請書類を提出

(追記:2023年11月10日)
ブラックロックの「iShares Ethereum Trust」がデラウェア州のウェブサイトに掲載された数時間後に、大手証券取引所「NASDAQ」がブラックロックの現物イーサリアムETFの上場申請書類(フォーム19b-4)を提出したことが明らかになりました。

提出された書類によると、ブラックロックの現物イーサリアムETFでは「Coinbase Custody Trust Company」がETHの保管を担当し、「CME CF Ether-Dollar Reference Rate」というCMEの指数を利用する予定だとされています。

続報:ETH現物ETFの申請書類をSECに提出

(追記:2023年11月17日)
BlackRock(ブラックロック)が2023年11月15日に、現物イーサリアムETFである「iShares Ethereum Trust」の申請書類(フォームS-1)を米国証券取引委員会(SEC)に提出したことが明らかになりました。

米国における現物ETF申請は複数のプロセスに分かれており、米SECへの提出が求められる書類には、ETFを市場で取引できるようにするために提出される登録申請書である「フォーム19b-4」や、IPO(新規株式公開)などの証券オファーのために必要な登録届出書である「フォームS-1」などが存在します。

11月10日の報告では「iShares Ethereum Trust」の上場先となるNASDAQが「フォーム19b-4」を提出したことが報告されていましたが、今回はブラックロックが「フォームS-1」の書類を米SECに正式に提出したことが報告されています。

(画像:米SEC)(画像:米SEC

米国では現物ビットコインETFや現物イーサリアムETFはまだ1つも承認されていませんが、仮想通貨業界の専門家からは"近いうちに承認される"という予想も多く語られれているため、今後の動向にも注目です。

>>ETF関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「DeFi取引の編集機能」を大幅強化

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「DeFi取引の編集機能」を大幅強化

ビットコイン価格「68万円」ラインに要注意|仮想通貨の冬、再来の可能性も?

ビットコイン価格「68万円」ラインに要注意|仮想通貨の冬、再来の可能性も?

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

規制関連ニュースが「仮想通貨価格」に影響|国際決済銀行の研究者が論文で指摘

規制関連ニュースが「仮想通貨価格」に影響|国際決済銀行の研究者が論文で指摘

暗号資産の損益計算ツール「Gtax」Arbitrum・Fantomに新規対応|キャンペーンも開催

暗号資産の損益計算ツール「Gtax」Arbitrum・Fantomに新規対応|キャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

ジャック・ドーシー率いるBlock社「ビットコイン毎月購入計画」を発表

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す