Symbol(XYM)アプリ構築の解説本『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』11月18日に発売

by BITTIMES

秀和システムは2023年11月15日に、シンボル(Symbol/XYM)を活用したアプリケーションの構築について解説する書籍『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』を2023年11月18日に「Amazon」と「楽天ブックス」で発刊することを発表しました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

2023年11月18日に発刊予定

IT書籍やビジネス書を出版している「秀和システム」は2023年11月15日に、シンボル(Symbol/XYM)のブロックチェーンを用いたアプリケーションの構築について解説する書籍『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』を2023年11月18日に発刊することを発表しました。

シンボル(Symbol/XYM)は、企業や公共機関などといったエンタープライズ分野向けのブロックチェーンであり、負荷に強い基盤を持ち、充実したAPIやSDKの整備が行われている他、ローコード/ノーコードでセキュアなスマートコントラクトを記述できることでも注目を集めています。

今回発売される書籍は、Symbol関連のソリューション開発を行っている「Opening Line」のエンジニア陣によって執筆されたもので、『エンジニアが手を動かしながら、実践的なSymbolアプリケーション構築のさまざまな手法を身に付けることを目指した』と説明されています。

具体的な内容としては以下のようなものが挙げられており、「ブロックチェーンを活用した実用システムを構築するエンジニア」や「エンタープライズのブロックチェーン実装を理解したいエンジニア」向けの書籍になっていると説明されています。

  • Symbol開発環境構築
  • Symbolブロックチェーンの概要とトランザクションの作成
  • ブロックチェーンのサービスロジックの学習
  • NFTを発行するWeb アプリ構築
  • スマートコントラクトのWeb アプリ構築
  • アポスティーユ(書類の正当性や実在性の証明)のWebアプリ構築
  • ファイル検証(本物であること・改竄されていないこと)のWebアプリ構築
  • トレーサビリティのWebアプリ構築

(画像:秀和システム)(画像:秀和システム)

また、この書籍には「刊行に寄せて」として、SymbolのコアデベロッパーであるGimre氏、Hatchet氏、Jaguar氏の3名からの序文も寄せられているとのことで、刊行についても次のようなコメントが寄せられていると報告されています。

このたび、私たちが株式会社Opening Lineによる書籍『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』出版のお知らせができることを大変光栄に思います。

Symbolに対する人気が高まり、その導入が増える中、本書は複雑さを伴うブロックチェーンアプリケーションの開発に取り組む技術者にとって、欠かすことのできない1冊になるでしょう。

ユーザーに好まれているSymbolの特徴であるスピードやシンプルさ、そしてその拡張性について、皆さまに知ってもらえる一助となることを願っています。

なお『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』の著者であるOpening Lineには、Symbolに関する日本トップクラスの技術者が在籍しているとのことで、今月13日には同社が東京都が実施している「安全・安心な東京の実現に向けた製品開発支援事業」の支援対象事業にも選ばれたことも報告されています。

>>Symbol(XYM)関連の最新記事はこちら

秀和システム発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios「AC Milan公式NFT」をACMファントークン保有者に配布|提携クラブ初

Chiliz&Socios「AC Milan公式NFT」をACMファントークン保有者に配布|提携クラブ初

SBI VCトレード:大口取引を行う個人・法人向け特別サービス「SBIVC for Prime」提供開始

SBI VCトレード:大口取引を行う個人・法人向け特別サービス「SBIVC for Prime」提供開始

「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

「ビットコイン価格は1億円に達する可能性がある」マーク・ユースコ氏が大胆予測

コインチェック社長「日本初のアルトコイン」取り扱いも検討=ロイター報道

コインチェック社長「日本初のアルトコイン」取り扱いも検討=ロイター報道

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

SHIBの人気に便乗するエアドロップ詐欺などに要注意「The Daily Shib」が注意喚起

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

Solana系の最新ミームコインSLOTHがプレセールで1500万ドルを調達!上場前に購入できるラストチャンス

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す