ビットコインの歴史上で過去最高額「4億6,800万円相当の取引手数料」支払い

by BITTIMES   

米ドル換算の取引手数料では過去最高額

2023年11月23日に行われたビットコイン(BTC)のオンチェーン取引で、ビットコインの歴史上過去最高のトランザクション手数料額となる313万ドル(約4億6,800万円)相当のBTCが支払われたことが明らかになりました。

今回の送金は「約139 BTC」を別のウォレットへと送金するオンチェーン取引でしたが、この送金では「約83 BTC」のトランザクション手数料が支払われているため、実際に対象ウォレットに届いたBTCの数量は「約55 BTC」となっています。

2023年11月23日に支払われた83 BTCの取引手数料(画像:mempool.space)2023年11月23日に支払われた83 BTCの取引手数料(画像:mempool.space

歴史上最も枚数が多かったのは「約291 BTC」

なお、ビットコインの歴史上で最も多い枚数のBTCがトランザクション手数料として支払われたケースは2016年4月26日の取引で、この時には「約291 BTC」が取引手数料として支払われています。

ただし、この時に支払われたBTCは当時の価格換算で129,602ドル(約1,900万円)に相当するため、米ドル換算した場合の取引手数料が最も高額なのは、今回支払われた313万ドル(約4億6,800万円)であると伝えられています。

2016年4月26日に支払われた291 BTCの取引手数料(画像:mempool.space)2016年4月26日に支払われた291 BTCの取引手数料(画像:mempool.space

高額の取引手数料が支払われた理由は?

今回の取引で高額の手数料が支払われた理由については「送金者が間違って高額な手数料を設定してしまった可能性がある」と言われていますが、その一方では「手数料の上乗せで取引を置き換えれるようにするRBFのノードポリシー」と「送金者の知識不足」も影響しているようだと伝えられています。

Xユーザーであるmononaut(@mononautical)氏は「今回の送金者はおそらくパニック状態になって、RBFで取引をキャンセルできると思ってしまったのだろう」と推測しています。

RBFの履歴では、最後の交換で手数料が20%増加して「12.54824636 BTC」の手数料が追加されているとのことで、送金者は取引をキャンセルするために料金を繰り返し変更した可能性があると伝えられています。

支払われた高額手数料はマイニング報酬に

今回支払われた巨額のトランザクション手数料は、ビットコインのトランザクションを処理する役割を担う「マイナー」への報酬として支払われており、マイニングプールの「Antpool」が今回ブロックのマイニングを行なったと報告されています。

BTCをオンチェーンで送金する際には、高額の手数料を支払うことによって素早く送金を処理してもらうことが可能ですが、一般的なBTCのトランザクション手数料は数千円程度であるため、今回支払われた手数料がいかに高額であるかがわかります。

ステーブルコイン発行会社の「Paxos」が間違って50万ドル以上の手数料を支払った場合には、取引を処理したマイニングプールの「F2Pool」が取引手数料の返還を行なったと報じられていましたが、今回の取引を処理した「Antpool」は今のところコメントを発表しておらず、送金者の詳細も不明であるため、今回支払われた巨額の手数料が返還されるかどうかは不明です。

仮想通貨の送金では「トランザクション手数料の設定ミスで高額の手数料を支払ってしまった」「アドレス入力ミスで送金相手を間違った」などいったミスが定期的に報告されているため、送金時には内容などをしっかりと確認することが重要です。

続報:Antpoolが返金対応

(追記:2023年12月1日)
Antpool(アントプール)は2023年12月1日に「2023年11月23日にガス代として支払われた83 BTCを返金する」と発表しました。

今回の発表では、返金対応の方法についての説明も行われており、「2023年12月10日までにアントプールに連絡を行い、以下の方法で本人確認を行うように」との説明もなされています。

  1. 署名ツール(Electrum または Bitcoin Core)を準備する
  2. 上記署名ツールを使用してアドレス「bc1qn3d7vyks0k3fx38xkxazpep8830ttmydwekrnl」の秘密鍵を使用し、メッセージ「AntPool」に署名する
  3. 署名したテキストを電子メールアドレス「support@antpool.com」に送信する

ウォレット管理者はハッキング被害に?

(追記:2023年12月1日)
なお、メモリプール開発者であるMononaut氏は、今回話題となったウォレットの管理者が「@83_5BTC」というXユーザーであることを確認したと報告しています。

署名を確認しました。確かに「@83_5BTC」が83.7 BTCの手数料を支払った鍵を管理しているようです。

しかし、この管理者はウォレットをハッキングされている可能性があるとのことで、「彼はBTCを新しいコールドウォレットに送金したが、第三者によって別のウォレットに転送されてしまった。攻撃者は83BTCの手数料を支払って56BTCを盗むことに成功したが、被害者は手数料だけでなく、140BTC全体を失ったことになる」とも報告されています。

実際にウォレットがハッキングされていた場合には、元のウォレットにBTCを返却しても攻撃者に盗まれてしまう可能性があるため、その場合AntPoolは別の方法で返金対応を行う可能性があるとも報告されています。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitfinexハッキング事件の容疑者2人を逮捕「36億ドル相当の暗号資産」を押収

Bitfinexハッキング事件の容疑者2人を逮捕「36億ドル相当の暗号資産」を押収

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

メディアエクイティ「HEXAメタバース公認建築家」を募集|採用者には特典も

ソラナに革新的新機能「Blinks」登場|Xなどのサービス上で仮想通貨取引が可能に

ソラナに革新的新機能「Blinks」登場|Xなどのサービス上で仮想通貨取引が可能に

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

GREE:Sui開発元「Mysten Labs」と提携|日本発IP活用したWeb3ゲーム展開へ

GREE:Sui開発元「Mysten Labs」と提携|日本発IP活用したWeb3ゲーム展開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説