2024年へ向けて注目の新しい仮想通貨5選

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

投資家の中には、少額のBitcoin(ビットコイン)を保有するよりも、より大きな成長が期待できる時価総額やトークン単価の低い新しい仮想通貨を求める人もいます。

しかしながら、新しい仮想通貨の全てが中長期的に成長するわけではなく、新しい仮想通貨を取り入れるという戦略は、利益をもたらすこともありますが、その一方で高いリスクがあることも否めません。

そこで、この記事では、これまでのパフォーマンスに基づいて、高い将来性のある仮想通貨プロジェクトを5つ厳選し、分析しました。これら5つの仮想通貨には、早期投資家からの需要が高く、まだプレセールの段階にある最新のトークンも含まれています。

2024年に予測されているブルラン(強気相場)に向けて投資をする際の参考にしてみてください。

Bitcoin Minetrix(ビットコイン・マイントリックス)

Bitcoin Minetrix($BTCMTX、ビットコイン・マイントリックス)は、よりシンプルで効率的なクラウドマイニングを提供する革新的な仮想通貨プラットフォームです。

Bitcoin Minetrixは、Ethereum(イーサリアム)を基盤としたスマートコントラクトを採用しており、$BTCMTXトークンの保有者は保有トークンをステーキングし、マイニングに必要なクラウドマイニングクレジットを獲得することができます。このクレジットを取引することはできませんが、Bitcoin Minetrix上で焼却することで、Bitcoinのクラウドマイニングパワーが購入可能となります。

$BTCMTXのプレセールは好調な滑り出しで、現在600万ドルの調達を達成、ステーキングのAPY(年間利回り)は103%となっています。

Bitcoin Minetrixのホワイトペーパーによると、ユーザーは割り当てられたマイニング時間と、マイニング収益の割合に基づいた報酬を受け取ることが可能です。このように、クラウドマイニングプロセスをトークン化することで、Bitcoin Minetrixは、仮想通貨やマイニングの知識がない人でも、クラウドマイニングすることを可能にしました。

さらに、Bitcoin Minetrixは、マイニング参加者への報酬の支払い方法として、取引が不可能なERC-20トークンを使用しているため、ユーザーは自分の資産を管理することができます。このような点において、第三者のサービスを利用することで、詐欺のリスクが高まる通常のクラウドマイニングとは異なっています。

また、40億トークンの供給量のうち、28億のトークンがプレセールに割り当てられています。

Bitcoin Minetrixの画像

本稿執筆時点では、$BTCMTXの価格は$0.0124であり、39回目のプレセール最終ラウンドでは$0.0148まで上昇する予定となっています。プレセールでは、最低10ドルからの購入が可能で、仮想通貨への投資が初心者の方でも、参加しやすい状況があります。

Bitcoin Minetrixの最新情報に関しては、X(旧Twitter)や、Telegramチャンネルをご覧ください。

Meme Kombat(ミームコンバット)

Meme Kombat($MK、ミームコンバット)は、他のミームコインとは異なるユニークな特徴が注目されており、すでに450万ドル以上が調達されています。

その特徴の1つとして、実用性の広さがあげられます。Meme Kombatは、保有者がAPYを得ることができるStake-to-Earn(ステーク・トゥ・アーン)コインの側面だけでなく、バトルアリーナで行われるPlay-to-Earn(プレイ・トゥ・アーン)の側面も持っています。

プレイヤーは、ステーキングしたMKトークンを、Pepe(ペペ)やWojak(ウォジャック)といった人気のミームコインキャラクター同士のバトルの結果を予測するために、使うことができます。

Meme Kombatの画像

このプロジェクトでは、ブロックチェーン技術とAIを利用して、プレイヤー対プレイヤー、プレイヤー対ゲームの対戦を可能にする上、その結果は公平性・透明性・安全性も備えています。

ミーム業界では珍しく、開発者たちの情報が公開されていますが、ゲームに旬なアプローチを採用しており、ロードマップには、新しいシーズンで新しいキャラクター・テーマ・ゲームモードを導入することが記載されています。

購入者は、プレセール中でもMKトークンをステーキングして、現在200%という高いAPYを獲得し始めることができます。

Meme Kombatの画像

Meme Kombatのトークンの供給量は、1億2,000万とミームコインとしては少ないですが、その50%がプレセールへ、30%がステーキングとバトル報酬へ、10%がDEX(分散型取引所)の流動性へ、10%がコミュニティ報酬に割り当てられており、チームへの配分は設定されていません。

MKトークンは、現在0.257ドルで購入可能で、プレセールのハードキャップ(資金調達上限)は500万ドルとなっています。

プロジェクトの詳細と最新情報に関しては、X(旧Twitter)や、Telegramチャンネルホワイトペーパーをご覧ください。

Sponge V2(スポンジ)

Sponge V2($SPONGE、スポンジ)は、2023年に時価総額が100倍の1億ドル以上に達した$SPONGEミームトークンの新しいバージョンです。

$SPONGEは、そのように急上昇した後も、人気が衰えることはなく、現在でも、トークンの保有者は11,500人を超え、時価総額は900万ドルを超えています。

Sponge V2の画像

$SPONGEのホワイトペーパーを見てみると、この新しいトークンは、供給量を1,500億へと拡大し、Play-to-Earn(プレイ・トゥ・アーン)の仮想通貨ゲームを設定することで、プロジェクトの発展を促そうとしています。このゲームでプレイヤーは、スポンジ・ボブとしてレースに参加することで、$SPONGEトークンを獲得することができます。

現時点で$SPONGE V2を獲得する方法は、V1トークンをステーキングおよび永久にロックして、ブリッジすることによってのみとなっています。$SPONGEの投資家は、新しい$SPONGEコインの価格上昇によって利益を得るだけではなく、ロックされたV1の$SPONGEから、4年間に渡って報酬を受け取ることもできます。

Sponge V2の画像

現在行われている期間限定キャンペーンとして、$SPONGEを購入してステーキングした投資家は、購入額と同等のV2トークンボーナスも得られます。

$SPONGEの最新情報に関しては、X(旧Twitter)や、TelegramチャンネルDiscordをご覧ください。

eTukTuk(イートゥクトゥク)

eTukTuk($TUK、イートゥクトゥク)は、エコフレンドリーな新しいプロジェクトで、プレセールで40万ドル以上を調達し、506%APYのステーキング報酬を提供しています。

eTukTukは、過去5年間において、大気汚染と二酸化炭素排出の削減に繋がる充電ステーションのネットワークを構築してきました。

eTukTukの画像

現在では、2億7,000万台のトゥクトゥクがICE(内燃機関)を使用して走っており、自動車以上に大気汚染をもたらしています。ICEは、徐々に使用されなくなってきており、トゥクトゥクのドライバーは、生計を立てる方法を失いつつあります。

eTukTukの役割は、ZEV(ゼロ・エミッション車)に対応する様々なEVSE(電気自動車供給設備)を設置することでです。EVSEは、スリランカのコロンボを主要拠点として、主に発展途上国に設置される予定となっています。製造・運営コストを削減するため、eTukTukは地域に根差したパートナーからの支援を上手く活用していきます。

それぞれのEVSEは、指定されたエリアに設置され、そのエリアのパートナーは、EVSEに必要な機器を操作・設置し、EVSEを管理していきます。EVSEが設置・運営されると、TukTukのドライバーは、$TUKトークンを使って充電ステーションで支払いを行うことができます。

パートナーは、充電ステーションでの新たな取引ごとに、コミッションを得られます。トークンの保有者は、パワーステーキングに参加することもでき、EVSEを管理するための電力供給に$TUKを出資することが可能となっています。参加者はその見返りとして、潜在的に高いAPYを得られます。

eTukTukの画像

充電ステーションがより多くの取引を行うほど、ステーキングメンバーはより高いAPYを受け取れる仕組みとなっています。また、eTukTukは、エネルギー効率に優れ、拡張性のあるネットワークであるBinanceスマートチェーンを基盤としており、ドライバーとユーザーにとってのコスト低減へと繋がっています。

eTukTukの最新情報は、X(旧Twitter)や、TelegramチャンネルDiscordホワイトペーパーをご覧ください。

Green Bitcoin(グリーン・ビットコイン)

Green Bitcoin($GBTC、グリーン・ビットコイン)は、Bitcoinの価格予測をゲーム化し、ユーザーが受動的な収入を得ることを目的とした仮想通貨プロジェクトです。

このプロジェクトに参加するには、$GBTCトークンをステーキングし、Green Bitcoinの公式サイト上でBitcoin価格予測をする必要があります。それらの予測の正確性と、ステーキング期間に応じて、報酬が支払われる仕組みとなっています。

Green Bitcoinは、現在プレセールの段階にあり、正式なローンチ(発売)と取引所へのリスティングの前に、$GBTCのトークンを割引価格で購入することができます。プリセール期間中は、各ステージごとに価格が上昇していき、プレセールが終了すると、トークンを請求できるようになります。

Green Bitcoinの画像

プレセール期間中でも、$GBTCトークンをステーキングすることができ、現時点でのAPYは530%となっており、ステーキングされるトークンが増えるほど、APYは下がっていきます。

Green Bitcoinのホワイトペーパーによると、合計で2,100万トークンがありますが、その40%がプレセールで販売され、27.5%がステーキング報酬に使用されるため、総供給量の半分以上が早期参入者へに割り当てられます。

Green Bitcoinの画像

Green Bitcoinのプロジェクトは、トークンの開発において、以下4つのステージが設けられています。

  1. トークンのプレセール開始
  2. トークンの取引所へのリスティング
  3. Bitcoinの価格予測・ステーキングの開始
  4. ゲームの改善

Green Bitcoinに関する最新情報は、X(旧Twitter)や、Telegramチャンネルをご覧ください。

まとめ

今回は、2024年に向けて注目すべき新しい仮想通貨を5つ厳選し、分析しました。仮想通貨への投資をする際に、リスクを分散するためにも、多様なポートフォリオを作成し、それぞれの資産について十分に調査をすることは、賢い考え方といえるでしょう。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクトNEW

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

ETF承認でBTCが急騰、Bitcoin Minetrixのプレセールは800万ドルを達成

ETF承認でBTCが急騰、Bitcoin Minetrixのプレセールは800万ドルを達成

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ウォールストリートミームと柴ミーム: 二つのプレセールを比較

ウォールストリートミームと柴ミーム: 二つのプレセールを比較

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

リップル社「XRP ETF」の実現に向けて準備中?専門家からの見解も

リップル社「XRP ETF」の実現に向けて準備中?専門家からの見解も

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す