メルカリ「ビットコイン決済で商品購入できる機能」提供へ=報道

by BITTIMES

6月までに「BTC用いた商品購入機能」を提供

個人間で様々なモノを売買できるフリマアプリ「Mercari(メルカリ)」は、2024年6月までに仮想通貨ビットコイン(BTC)でメルカリアプリの商品を購入できるようにすることを予定していると伝えられています。

日本経済新聞の報道によると、ビットコインを用いた商品購入機能は、メルカリ子会社である「メルコイン」の仮想通貨取引サービス利用が使用できるようになるとされています。

Mercoin(メルコイン)は、暗号資産関連サービスの開発を行うメルカリ子会社で、暗号資産交換業者としての登録を完了している他、メルカリの売上金やポイントをBTCに交換できる「ビットコイン取引サービス」も提供しています。

BTC決済時も売上金は「円」で支払い

ビットコインを用いた商品購入機能では、商品購入時の決済手段として「ビットコイン」を選択することができるようになるとのことで、価格表示は既存の「円表記」を継続、支払われたBTCはメルコイン側が円に交換して出品者に送ると伝えられています。

ただし、BTCで支払う購入者は実質的な売買手数料にあたる「スプレッド」を負担する必要があるとのことです。

メルカリで現在提供されているビットコイン関連サービスは「売上金やポイントをBTCに交換できるサービス」となっており、保有BTCで商品購入する場合には「BTCを売却して得たお金で商品購入する」という手順が必要だったため、BTCで直接商品購入できるようになれば、BTC保有者がより簡単にメルカリ内で商品購入できるようになると期待されます。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

日本経済新聞報道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

Moonstakeウォレット「MoonPay」のサービス統合|簡単・安全な暗号資産購入が可能に

Moonstakeウォレット「MoonPay」のサービス統合|簡単・安全な暗号資産購入が可能に

GMOコイン「平日も休日も最短10分」で新規口座開設・取引が可能に

GMOコイン「平日も休日も最短10分」で新規口座開設・取引が可能に

ビットコインの新レイヤー2「Anduro」を発表:BTCマイニング企業Marathon

ビットコインの新レイヤー2「Anduro」を発表:BTCマイニング企業Marathon

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説