次のPEPEやBONKともいわれる新しいミームコインとは?Sponge V2、Meme Kombatをチェック!

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年に仮想通貨市場で大きな話題となったミームコインですが、その人気は2024年も続くと予想されており、多くの投資家は市場の動きを注意深く観察しています。

PEPE(Pepe、ぺぺ)とBONK(Bonk、ボンク)は、2023年に急上昇を遂げ、最も注目されたコインとなりましたが、最近は価格が下落しており、勢いが弱まっています。

ここで、PEPEやBONKに取って代わり、2024年に大きな成長が期待されている新しいミームコインとして、Sponge V2とMeme Kombatがあげられます。

これら2つのコインについて、以下で詳しくご説明します。

Sponge V2(スポンジ)

Sponge V2の画像

Sponge V2($SPONGE、スポンジ)は、スポンジ・ボブの影響を受けた仮想通貨で、2023年にローンチ(発売)された$SPONGEミームコインの新しいバージョンです。Sponge V1(バージョン1)は、ローンチした後に急上昇し、100倍のリターンを獲得した投資家も現れたことから、2023年に大きな話題となりました。

このミームコインの魅力的な所は、Sponge V1が弱気相場の中で、たった1つの取引所であまり宣伝されずにローンチされたにも関わらず、急上昇して成功を収めたということです。ステーキングが導入された際には、価格が500%も上昇しました。

したがって、Sponge V2の活躍についても期待する声が多く、保有者は1万2,000人以上、X(旧Twitter)では2万7,000人以上のフォロワーがおり、プロジェクトへの参入者は増加傾向にあります。

また、仮想通貨Tron(トロン)の創設者で、トレーダーでもあるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏も、ビットコインからアルトコインへとシフトしており、その選択肢の1つとしてミームコインである$SPONGEに注目しています。$SPONGEの価格が、先月の月末にかけて178%高騰する中、Sun氏は最近、Binance(バイナンス)から1,420万ドルを移動させました。

$SPONGEは現在、V1からV2への移行期間としてStake-to-Bride(ステーク・トゥ・ブリッジ)のシステムを稼働しており、V1の$SPONGEを購入すると、同額のV2トークンが追加で獲得できます。また、APY(年間利回り)応じて、V2トークンが付与されるようになっており、現在のAPYは413%です。

さらに、移行期間終了後もV1をロックしておくと、4年間に渡って報酬を受け取ることもできます。

このように、Sponge V2は、安全性と収益性を兼ね備えており、多くの投資家が注目しているプロジェクトとなっています。

Sponge V2の公式サイトをチェックする

Meme Kombat(ミームコンバット)

Meme Kombatの画像

Meme Kombat($MK、ミームコンバット)は、Play-to-Earn(プレイ・トゥ・アーン)のゲーム機能とミームコインキャラクターを組み合わせた、高いエンタメ性のある新しいミームコインです。

Meme Kombatでは、$MKをステーキングできるだけではなく、ステーキングした$MKトークンを使って、ミームキャラクター同士が繰り広げるバトルの結果を予測して遊ぶことができます。

Meme Kombatのゲームは、有名な格闘ゲームであるMortal Kombat(モータルコンバット)というゲームをモデルとしており、ここ10年で大きな話題となったトップミームキャラクターを採用しています。

シーズン1のバトルで採用されたミームキャラクターは、Pepe・Pepe2・Shiba・Sponge・Wojak・Milady・Baby Doge・Doge・Floki・Kishu・Mongの11種類となっており、お気に入りのミームコインがある場合は、Meme Kombatのエコシステムに参加するきっかけとなるかもしれません。

また、ゲームはブロックチェーン技術とAIをベースに運営されているので、ゲームの結果の公平性が保証されています。プレイヤーは、コンピューターと1対1もしくは、他のプレイヤーと1対1で、試合結果を予測するなどをして、ゲームを楽しみつつ、収益を上げられる仕組みが提供されています。

Meme Kombatの公式サイトをチェックする

2024年も期待されるミームコイン

2023年に引き続き、仮想通貨で大きなリターンを上げようと市場を模索している投資家を中心に、ミームコインは2024年も期待される仮想通貨となっています。

仮想通貨市場は価格の変動が激しく、成長する可能性のあるミームコインを見極めるのは非常に難しいですが、次のPEPEやBONKともいわれている$SPONGEV2・$MKの動向は、今後も注意深く観察した方がいいかもしれません。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

Bybit:本人確認手続き(KYC)完了でボーナスがもらえるキャンペーン

Bybit:本人確認手続き(KYC)完了でボーナスがもらえるキャンペーン

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

Play-to-Earnゲームをテーマとしたエコフレンドリーな仮想通貨eTukTuk、プレセールでもうすぐ350万ドルを調達

Play-to-Earnゲームをテーマとしたエコフレンドリーな仮想通貨eTukTuk、プレセールでもうすぐ350万ドルを調達

Bitget:eスポーツ団体「Team Spirit」の公式暗号資産パートナーに|スポンサー契約を発表

Bitget:eスポーツ団体「Team Spirit」の公式暗号資産パートナーに|スポンサー契約を発表

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説