Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

by BITTIMES

イーサリアム(EVM)やレイヤー2などに対応

株式会社NFTDriveは2024年1月29日に、同社が提供するNFT特化型ウォレット「NFTDriveEX」がマルチチェーン対応することを発表しました。

NFTDriveEXは様々な機能を搭載したNFT特化型の国産ウォレットであり、「シンボル(Symbol/XYM)のブロックチェーンを活用したフルオンチェーンNFTの発行機能」や「3Dデータ表示・QRコードによるNFT売買・仮ウォレット・マルチレベルマルチシグ」などの機能も搭載されています。

このウォレットは元々「Symbol」のブロックチェーンに対応していましたが、今回は同ウォレットがイーサリアム(EVM)やレイヤー2などの複数チェーンに新規対応することが報告されています。

また今回の発表では、NFTDriveEXのフルオンチェーンNFT発行機能を活かしながら「Symbol ⇄ 他チェーンの相互交換」を可能にすることによって、従来のNFTの信頼性を引き上げてフルオンチェーン化に取り組んでいくということも説明されています。

マルチチェーン対応でフルオンチェーン化を推進

マルチチェーンとは、特定の暗号資産やNFTが複数のブロックチェーンネットワークに対応している構造のことであり、共通の暗号資産が異なるネットワークを相互に行き来できるようにすることによって、ブロックチェーンの課題であるコスト・スケール・流通量などを補うことができるようになっています。

現在流通している一般的なNFTでは、NFT作品のデータがブロックチェーンの外部(オフチェーン)に保存されていて、参照先URLのみがブロックチェーン上に保存されているため、データが消失したり変更されたりする懸念がありました。

しかし、NFTDriveEXのフルオンチェーンNFT発行機能では「全てのデータをブロックチェーン上に保存するNFT」を発行できるため、Symbol上にNFTデータをマスターデータとして安定的に保存して、従来のNFTの信頼性をもう一段階引き上げていくと説明されています。

NFTDriveは現在、Symbol上のフルオンチェーンデータをマスターデータとして他チェーンNFTの参照先とした「ハイブリッドフルオンチェーン」技術を提供しており、大手マーケットプレス上でも展開が可能となっています。

また、Symbol以外のチェーンで発行・所有していたNFTを簡単にSymbolへ切り替えられるようにすれば、第三者であるマーケットプレイスを通さないため、より自由で開かれたブロックチェーン本来のP2Pトラストレス取引が可能となります。

さらに、支払いに関しては「ETH・レイヤー2のERC20トークン・ステーブルコイン」に対応することによって、XYMを保有していない人もNFTDriveのフルオンチェーンNFTを発行することが可能となり、従来のSymbolチェーンと同じくイーサリアム・他チェーンでのNFTを表示・送信するなどの機能もそのまま利用できるとも説明されています。

なお、マルチチェーン対応に関する進捗などは「NFTDriveの公式X」や「公式ホームページ」などで報告していくと説明されています。

>>Symbol関連の最新記事はこちら

NFTDrive発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:ロシアの法定通貨「ルーブル(RUB)」サポートへ

BINANCE:ロシアの法定通貨「ルーブル(RUB)」サポートへ

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

ヤッターマンなど「人気アニメ3作品のNFT」数量限定販売へ|タツノコプロ60周年記念

ヤッターマンなど「人気アニメ3作品のNFT」数量限定販売へ|タツノコプロ60周年記念

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

パレット基盤NFTの配布・受取を簡単に|HashPalette「SUSHI TOP MARKETING」と提携

パレット基盤NFTの配布・受取を簡単に|HashPalette「SUSHI TOP MARKETING」と提携

Moonstake Wallet「FIO Protocol(FIO)のステーキング」に対応

Moonstake Wallet「FIO Protocol(FIO)のステーキング」に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

X(Twitter)のコメント欄「80%はフィッシング詐欺」仮想通貨関連が特に多い傾向=報告

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す