取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

by BITTIMES

暗号資産取引所コインチェックは2024年2月8日に、Coincheck OnRamp(コインチェック・オンランプ)と呼ばれる組込型の暗号資産購入・送金サービスの提供を開始する計画を発表しました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

コインチェック「Coincheck OnRamp」提供へ

コインチェックは2024年2月8日に、仮想通貨を購入してWeb3ウォレットで受け取ることができる暗号資産購入・送金サービス「Coincheck OnRamp(コインチェック・オンランプ)」の提供を2024年2月20日から開始することを発表しました。

オンランプとは「法定通貨を仮想通貨に交換するサービス」のことであり、オフランプは「仮想通貨を法定通貨に交換するサービス」のことを指します。

仮想通貨業界では、仮想通貨と法定通貨の交換を容易にする「オン/オフランプ」のサービスが多数提供されていますが、今回はコインチェックが「組込型のオンランプサービス」を提供することが発表されています。

コインチェック・オンランプとは?

Coincheck OnRamp(コインチェック・オンランプ)は、仮想通貨の購入からWeb3ウォレットへの送金までをスムーズに行うことができる組込型の暗号資産購入・送金サービスです。

暗号資産を購入して自分のウォレットで管理・利用する際には「仮想通貨取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨をウォレット宛てに送金する」という手順を取るのが一般的で、日本円入金・仮想通貨購入・仮想通貨送金などで手数料がかかることもあるため、ユーザーを悩ませる課題の1つとなっていました。

コインチェック・オンランプはそのような複雑さを解決する新しいサービスであり、取引所以外の外部サービスなどで簡単に仮想通貨を購入して、自分のウォレットで受け取ることができるように設計されています。

オンランプサービスを利用するためには「コインチェックのアカウント登録・口座開設・本人確認」が必要で、サービスによっては「外部ウォレットの作成」が必要となりますが、同サービスを利用すれば、外部サービス内でアプリを閉じたりすることなく、日本円で暗号資産を購入・送金することができます。

また「Coincheck OnRamp」は事業者が簡単に導入できるように設計されているため、事業者は専用ID発行後にプロダクト内にいくつかのパラメータ(変数)を付与したURLを埋め込むだけでオンランプサービスを導入することが可能です(※埋め込み方法は事業者プロダクトによって異なります)。

(画像:コインチェック)(画像:コインチェック)

コインチェック・オンランプの特徴

  • 事業者が提供するゲーム・アプリなどで簡単に仮想通貨を購入してウォレットに送金できる
  • プロダクトからログアウトしたりアプリを閉じたりせずに日本円で暗号資産を購入・送金できる
  • 事業者はID発行・URL埋め込みで簡単に仮想通貨購入手段を提供できる

購入できる暗号資産(2024年2月8日時点)

イーサリアム(ETH)
ポリゴン(MATIC)

フィナンシェが「Coincheck OnRamp」を導入

今回の発表では、暗号資産を活用したトークン発行型のクラウドファンディングサービスを展開しているFiNANCiE(フィナンシェ)が「Coincheck OnRamp」の導入を決定したことも報告されています。

FiNANCiE(フィナンシェ)は、スポーツクラブ・クリエイター・アーティストなどが独自トークンを発行したり、一般ユーザーがそれらのトークンを売買できるようにするプラットフォームであり、FNCT(フィナンシェトークン)という暗号資産も発行されています。

フィナンシェは同社が運営する「FNCT.xyz」でコインチェック・オンランプを導入するとのことで、これによって「FNCT.xyz」でフィナンシェトークン(FNCT)を購入できるようになると説明されています。

株式会社フィナンシェの代表取締役CEOである國光 宏尚氏と、コインチェックの当社執行役員 web3Cloud事業本部長である大塚 雄介氏は、公式発表の中で次のようにコメントしています。

【株式会社フィナンシェ:國光 宏尚氏】
暗号資産FNCTのメインページである「FNCT.xyz」にて「Coincheck OnRamp」の導入が決定いたしました。同サービスの導入はフィナンシェが1例目です。これにより「FNCT.xyz」内で完結する形で、FNCTを購入していただけるようになります。従来よりシンプルで、シームレスに向上したUX体験を是非お試しください。

今後も、暗号資産・Web3業界をリードする存在であるコインチェック社と共に、両社の強みを掛け合わせた取り組みで、業界を盛り上げてまいります。

【コインチェック:大塚 雄介氏】
この度は、スポーツやエンタメ、地方創生など様々な領域でクリエイターエコノミーを実現されているフィナンシェ社に「Coincheck OnRamp」をご活用いただけることを大変嬉しく思います。

昨今、あらゆる金融系の機能がEmbedded Finance(組込型金融)化しはじめる中、web3プロダクト上でユーザーが暗号資産を使用するためのプロセスは非常に複雑になっており、ユーザー体験の改善が強く求められている状況が続いています。

そうした中で、「Coincheck OnRamp」は、ユーザーのUXを向上させ、web3テクノロジーと金融の両軸からプロダクトの成功を支援するパートナーでありたいと考えております。

今後もweb3プロダクトを運営する事業者の皆様のビジョン実現を最大限支援していくとともに、crypto/web3関連領域の各種機能を解放していくことで、業界の健全な発展への貢献により一層努めてまいります。

>>コインチェック関連の最新記事はこちら

暗号資産取引所Coincheckの公式サイトはこちら

コインチェック発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

闇サイトで仮想通貨取引の「アカウント情報販売」会社員の男性逮捕:京都府警

闇サイトで仮想通貨取引の「アカウント情報販売」会社員の男性逮捕:京都府警

仮想通貨GaloCoin(GLC)を発行|ブラジルのサッカークラブ「アトレチコ・ミネイロ」

仮想通貨GaloCoin(GLC)を発行|ブラジルのサッカークラブ「アトレチコ・ミネイロ」

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

BitMEX「本人確認手続き(KYC)」を義務化|全てのユーザーが対象に

DMMビットコイン「テゾス(XTZ)・エンジンコイン(ENJ)のレバレッジ取引」提供へ

DMMビットコイン「テゾス(XTZ)・エンジンコイン(ENJ)のレバレッジ取引」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

バイナンスジャパン「WBTC・FIL・SUI」の上場発表|取扱う仮想通貨は合計50種類に

バイナンスジャパン「WBTC・FIL・SUI」の上場発表|取扱う仮想通貨は合計50種類に

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

自動利回り付きのイーサリアムL2「Blast」メインネットローンチ

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す