コインチェック:米ドルステーブルコイン「USDC」取扱いへ|米Circle社と提携

by BITTIMES

暗号資産取引所Coincheck(コインチェック)は2024年2月27日に、米ドル連動ステーブルコイン「USDC」を発行しているCircle(サークル)と提携したことを発表しました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

USDCへのアクセス拡大に向けて提携

Coincheck(コインチェック)は2024年2月27日に、米ドル連動ステーブルコイン「USDC」を発行しているCircle(サークル)と提携したことを発表しました。

今回の提携は「日本市場におけるUSDCへのアクセス拡大」を目的としたもので、コインチェックでUSDCを取り扱う方針も発表されています。

USDコイン(USDCoin/USDC)は、通貨1枚の価格が1ドルで安定して推移するように設計された米ドル連動ステーブルコインであり、流動性の高い現金や現金同等資産によって100%裏付けられているため、米ドルと1対1で交換することができます。

日本では2023年6月1日に施行された改正資金決済法で、USDCのようなステーブルコインが「電子決済手段」として位置付けられているため、コインチェックでUSDCを取扱うためには「電子決済手段等取引業の登録」が必要となりますが、同社は今後USDCの取扱いに向けた取り組みを進めていくとのことです。

USDCは海外取引所・分散型アプリケーション(DApps)分散型取引所(DEX)などといった仮想通貨関連の様々なサービスで利用される代表的なステーブルコインであるため、コインチェックでUSDCの取扱いが開始されれば、そのようなサービスもより簡単に利用できるようになると期待されます。

Circleの共同創業者兼CEOであるジェレミー・アレール氏、マネックスグループの代表執行役会長である松本 大氏、コインチェックの代表取締役社長執行役員である蓮尾 聡氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

【Circle:ジェレミー・アレール氏】
コインチェックとの協力関係は日本市場におけるUSDCの安定性と信頼性の構築における基盤となります。コインチェックと協力し、日本におけるデジタル金融の新時代を切り拓くことができることを大変嬉しく思います。

【マネックスグループ:松本 大氏】
ステーブルトークンのグローバルスタンダードであるUSDCを日本に導入し、ジェレミーとサークルチームと共に、日本の暗号資産市場とブロックチェーンエコシステムをさらに発展させることを大変嬉しく思います。

【コインチェック:蓮尾 聡氏】
Circle社が発行・運営しているUSDCの取扱い開始に向けて、同社と協働できることを大変嬉しく思っております。

国内暗号資産ユーザーのステーブルコイン取扱いへの期待は高いものと認識しており、ステーブルコインは、暗号資産やNFTの売買取引における決済通貨としての使用が見込まれる上、暗号資産の流動性やNFTの売買高の増加に繋がることが期待されます。

ステーブルコインのなかでも質の高い米ドル建て準備資産に裏付けされ、各国の規制にも準拠するUSDCの取扱いに向けて一歩を踏み出せることは、当社ならびに当社のお客様にとって大きな意味を持つものと考えます。

>>コインチェック関連の最新記事はこちら

暗号資産取引所Coincheckの公式サイトはこちら

コインチェック発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

金(ゴールド)連動型ステーブルコイン「xcoin Gold(x-Gold)」公開:エクスチェンジャーズ

金(ゴールド)連動型ステーブルコイン「xcoin Gold(x-Gold)」公開:エクスチェンジャーズ

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

パリ・サンジェルマンFC「Chiliz」の公式バリデータに【スポーツクラブ初】

パリ・サンジェルマンFC「Chiliz」の公式バリデータに【スポーツクラブ初】

ビットコイン、わずか半日で「20%」上昇|価格調整は終了したのか?

ビットコイン、わずか半日で「20%」上昇|価格調整は終了したのか?

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す