シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

by BITTIMES

ShibName取得に役立つガイドを公開

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)と提携しているドメイン関連企業D3は2024年3月11日に、今月7日から早期アクセス登録受付が開始された「*SHIB Name Token」の取得に役立つガイドを公開しました。

*SHIB Name Tokenは「〜*shib」の形式で提供されるWeb2・Web3対応のネームトークンであり、以下のような様々な用途で使用できるようになる予定となっています。

  • ウォレットアドレスを紐づけて簡単な文字列で仮想通貨を送受信する
  • 一般的なウェブブラウザでドメインを使用する
  • ドメインを使用してメールを送受信する
  • ドメインをマルチチェーン・クロスプラットフォームIDとして使用する

*SHIB Name Tokenでは「myname*shib」などのように自分の好きな名前を取得することができるため、「どのような名前で取得するか」でも悩みがちですが、今回はそのような悩みに役立つガイドがX上で公開されています。

Shib Nameが大人気です!
「my*shib、toy*shib、sir*shib、cute*shib、party*shib、david*shib」などの素敵な名前が多数登録されています🔥

何を登録すればいいか迷っていませんか?
そんな方のために役立つガイドをご用意しました🧵👇

*SHIB Name Token取得時のガイドライン

今回公開されたガイドは以下の通りです。

何に使うかを決める

Shibdentityは以下のような用途で使用することが可能。これを考慮して最初に「何に使うか」を決めることが重要。

  • ShibArmyにおける自分のデジタルID
  • 匿名のウォレットアドレス
  • 名前や苗字などの公開ID
  • 自分のビジネスやプロジェクトの名前
  • 後で使う予定の特別な名前

カテゴリーを選ぶ

名前には様々なカテゴリーが存在するため、どのようなカテゴリーの名前を取得するかを考えることも重要。具体的なカテゴリーとしては以下のようなものが挙げられる。

  • 姓名(例:maria*shib、thompson*shib)
  • 単語(例:icon*shib、sharp*shib、coconut*shib)
  • ミーム(例:wagmi*shib、degen*shib)
  • 数字(例:69*shib、890*shib、4200*shib)

候補をリスト化して再確認する

すでに取得されている名前は取得できないため、欲しい名前をいくつか決めてリストを作るのがおすすめ。

リストができたら実際にその名前を読み上げて響きを確認する。一度聞いただけで印象に残るようなものがベスト。

公式サイトで一括検索する

*SHIB Name Tokenの購入ページ」では、一度に最大10個の名前を検索することができるため、一括検索機能を用いて取得したい名前を検索する。

名前を検索すると、画面下部に「AIが推奨する他の名前」も表示されるため、これを利用すれば「検索した名前に近い名前」を簡単に見つけることができる。

クーポンコードを利用して支払い

欲しい名前が見つかったら、実際の支払い手続きを行う。早期アクセス時に購入する場合は、クーポンコード「69420」を入力することによって、最初のカートの最大20個までを69%割引で購入できる(※支払いはクレジットカード・仮想通貨決済に対応しています)。

「*SHIB Name Token」は、今後のSHIBエコシステムで広く長く利用されていくことになると予想されるため、実際に購入する場合は今回のガイドラインを参考に納得できる名前を取得するようにしましょう。

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

Cardano(ADA)の大型アップグレード「Vasil」実施予定日が決定

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

Astar zkEVM:2月下旬にメインネット公開|ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催

Astar zkEVM:2月下旬にメインネット公開|ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催

IDOL3.0 PROJECT「NIDTポータル」公開|投票・推し活ポイントなど様々な機能を提供

IDOL3.0 PROJECT「NIDTポータル」公開|投票・推し活ポイントなど様々な機能を提供

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す