ビットフライヤー「自己対当取引防止機能」を導入|相場操縦行為を未然に防ぐ

by BITTIMES

自己対当取引防止機能の提供を開始

暗号資産取引所ビットフライヤーは2024年3月15日に、同社サービスである「かんたん取引所」と「bitFlyer Lightning」において自己対当取引防止機能(Self-Trade Prevention/STP)の提供を開始したことを発表しました。

自己対当取引とは

自己対当取引とは、同一の投資家が同一銘柄の売り注文と買い注文を出して約定させる取引のことです。意図的に市場の取引が活発であるかのように装い、他の投資家を誤認させる相場操縦取引として金融商品取引法で禁止されています。

ビットフライヤーは、自己対当取引防止機能を導入することによって、市場が活発であるかのように装い他人を誤認させる不公正な取引を未然に防ぐことができるため、より安心して取引できるようになると説明しています。

自己対当取引防止機能の特徴

ビットフライヤーが導入した自己対当取引防止機能は、ユーザーが「かんたん取引所」や「bitFlyer Lightning」で買い注文・売り注文を行う際に、その注文と反対方向の注文がすでに行われ、なおかつ当該注文が約定していない場合に、同社システムが自動で自己対当取引に該当するかどうかを判定する仕組みとなっています。

システムによって「自己対当取引に該当する」と判断された場合には、注文画面に警告が表示され、その注文は発注できなくなります。

自己対当取引に該当すると判断された場合には注文画面に警告が表示される(画像:bitFlyer)自己対当取引に該当すると判断された場合には注文画面に警告が表示される(画像:bitFlyer)

なお、防止機能は世界の主要な証券取引所でも導入され、一部では有料で提供されていますが、ビットフライヤーはこの機能を無料で提供します。

自己対当取引防止機能がもたらす効果

  1. 安心安全な取引機会
    導入後はすべての注文に自動で対応するため、意図しない対当取引を未然に防ぐことができ、ユーザーが安心して取引を行うことができる
  2. 取引機会の逸失を回避
    ユーザーの注文は必ず自己以外の注文と対当するため、意図しない対当取引による取引機会の逸失や、不要な手数料の支払いを防ぐことができる
  3. 法人顧客の利便性を向上
    機関投資家を中心とした法人のユーザーは、複数のアカウントで複数のトレーダーによる取引を行うケースがあり、同一の法人による自己対当取引も未然に防ぐことができる

>>日本国内の仮想通貨ニュースはこちら

ビットフライヤー発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PassPay株式会社:日本円ステーブルコイン「JPYWorld(JPYW)」一般向け販売開始

PassPay株式会社:日本円ステーブルコイン「JPYWorld(JPYW)」一般向け販売開始

金融アプリRevolut「ADA・SOL・MATICの上場廃止」を決定|米規制の影響で

金融アプリRevolut「ADA・SOL・MATICの上場廃止」を決定|米規制の影響で

【Chiliz&Socios】トルコの「Alanyaspor」と提携|$ALAファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコの「Alanyaspor」と提携|$ALAファントークン発行へ

gumi×MCH:ブロックチェーン事業で協業「有力IPを用いたマイクリNFT」リリースへ

gumi×MCH:ブロックチェーン事業で協業「有力IPを用いたマイクリNFT」リリースへ

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

BINANCE:複数のステーブルコイン取引ペアを追加|TUSD・USDT・USDC・USDPなど

BINANCE:複数のステーブルコイン取引ペアを追加|TUSD・USDT・USDC・USDPなど

注目度の高い仮想通貨ニュース

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す