シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

by BITTIMES   

メディア・エンタメ業界でブロックチェーン技術活用

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)が、メディア・エンタメ業界におけるブロックチェーン技術の活用を探求することを目的として「コンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)」に参加したことが明らかになりました。

コンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)は、1970年に国際記録メディア協会(IRMA)として設立された国際的な非営利団体であり、その後デジタルコンテンツ配信が始まったことを受けて知的財産保護を目的とした「CDSA」に進化したと報告されています。

今回の提携は「ブロックチェーン技術を活用してディープフェイクや盗作などといったAI分野の懸念事項に対処すること」を目指すもので、SHIB関連のレイヤー2であるShibariumを活用してAI関連の懸念に対処するとも報じられています。

CoinDeskの報道によると「シバイヌ開発者はCDSAと提携してセキュリティとコンテンツ配信に焦点を当てたメディア・エンタメ向けのブロックチェーン技術を提案・開発する」とのことです。

今回のニュースはSHIB公式ニュースサイトである「The Daily Shib」でも報告されていて、Shiba Inuの主任開発者であるShytoshi Kusama氏は次のようにコメントしています。

CDSAのメンバーは、スタジオから世界的なエコシステムを構成する主要パートナーに至るまで、メディア・エンターテインメントの最大手で構成されています。

ブロックチェーンと人工知能の融合が進む中で、メディアやエンターテインメント分野の管理職の人々がこれらの革新的な技術をより効率的に活用できるよう支援しているCDSAの活動に、ブロックチェーン第一のユニークな視点を提供できることを楽しみにしています。

CDSAには多数の大手企業が参加

The Daily Shibの報告によると、CDSAのメンバーには主要なコンテンツ制作会社とメディア関連パートナーが数多く含まれているとのことで、CDSAの取締役会には以下のような大手企業の技術責任者が名を連ねているとも説明されています。

  • Adobe
  • Amazon
  • Amblin
  • Apple
  • BBC
  • Disney
  • Hasbro
  • Legendary
  • LEGO
  • Lionsgate
  • NBCUniversal
  • Netflix
  • Skydance
  • Technicolor

人工知能(AI)の登場によって現在はディープフェイクや盗作などの問題が深刻化してきていますが、SHIBチームの協力によってCDSAメンバーはコンテンツ配信分野におけるブロックチェーン活用を円滑に進めることができるようになると期待されています。

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムの新テストネット「Holesky」正式ローンチ|予定通り再起動を完了

イーサリアムの新テストネット「Holesky」正式ローンチ|予定通り再起動を完了

アスター(Astar/ASTR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

アスター(Astar/ASTR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Huobi Japan:取引所の「BTC/JPY取引手数料」を無料化|2022年2月1日から

Huobi Japan:取引所の「BTC/JPY取引手数料」を無料化|2022年2月1日から

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

メタバース対応NFTトレーディングカードゲーム「NFT DUEL」を発表:NOBORDER.z

メタバース対応NFTトレーディングカードゲーム「NFT DUEL」を発表:NOBORDER.z

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す