クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)の自動損益計算サービスであるクリプタクト(Cryptact)が新たに50種類の仮想通貨をサポートし、合計20,000種類以上のコインに対応したことが明らかになりました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

新しいミームコインなど50種類の仮想通貨に対応

Cryptact(クリプタクト)は2024年5月10日に、クリプタクトの対応コインが20,000種類を突破したことを発表しました。

クリプタクトは確定申告などで必要となる仮想通貨の損益計算を自動で行うことができる自動損益計算サービスであり、暗号資産取引所の取引履歴をアップロードしたり、API連携したり、ウォレットアドレスを入力することによって、損益計算を行うことができるようになっています。

公式サイトの情報によると、今回は新たにミームコインや主要通貨を含む以下50種類の仮想通貨が新規サポートされたとのことで、これによってクリプタクトで管理できる仮想通貨は20,000種類を超えたと報告されています。

  • MNet(NUUM)
  • Undeads Games(UDS)
  • Icrypex token(ICPX)
  • BNDR(SWIPES)
  • DeMi(DEMI)
  • Crodie(CRODIE)
  • csas (Ordinals)(CSAS)
  • Book of Ethereum(BOOE)
  • Pedro The Raccoon(PEDRO)
  • Wrapped OKB(WOKB)
  • HyperHash AI(HYPERAI)
  • STARX TOKEN(STARX)
  • Croakey(CROAK)
  • Merlin Chain(MERL)
  • Multi Universe Central(MUC)
  • Gram(GRAM)
  • ChatAI(CHATAI)
  • Saga(SAGA)
  • Brett(BRETT)
  • cat in a dogs world(MEW)
  • Kendu Inu(KENDU)
  • Danol Tremp(TRWP)
  • Hide Coin(HIDE)
  • AgoDefi(AGO)
  • Puss Cat(PUCA)
  • DogWif2.0(WIF2)
  • Hank(HANK)
  • mouse in pasta(STUCK)
  • Phoenic(PNIC)
  • Memes vs Undead(MVU)
  • Zydio AI(ZDAI)
  • bonsAI Network(BNSAI)
  • Axel Wrapped(AXLW)
  • Dogecoin20(DOGE20)
  • Axiome(AXM)
  • ANGRYSLERF(ANGRYSLERF)
  • DeepSouth AI(SOUTH)
  • dillwifit(DILL)
  • BonkWifGlass(BONG)
  • ATLAZ(AAZ)
  • PIRB(PIRB)
  • piin (Ordinals)(PIIN)
  • Wrapped Origin Ether(WOETH)
  • Arky(ARKY)
  • Pongo(PONGO)
  • FECES(FECES)
  • Carlo(CARLO)
  • Povel Durev(DUREV)
  • GPTVerse(GPTV)
  • Meson Network(MSN)

対応通貨の確認は「対応コインリスト」から

クリプタクトがサポートしている全ての仮想通貨は「対応コインリスト」のページから確認することが可能で、検索窓に通貨名やティッカーシンボルを入力すれば、その通貨がリストされているかを簡単に確認できるようになっています。

クリプタクトは、今後も引き続きリクエストがあったものから順次対応を拡大していくと説明しているため、今後は対応通貨がさらに増えていくことになると予想されます。

サポートしてほしい仮想通貨がある場合には、ヘルプページ右下にある「サポート」ボタンの「新規追加リクエスト」から問い合わせを行うことが可能です。

なお、クリプタクトは分散型取引所(DEX)分散型金融(DeFi)NFT取引などにも対応していて、今年2月には「おすすめプラン診断」の機能も導入されています。

>>税金関連の最新記事はこちら

クリプタクトの画像 クリプタクト「無料アカウント開設」はこちら

クリプタクト発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

JPYC株式会社「東京法務局への供託完了+発行体としての届出書提出」を報告

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

コインチェック:メタバース都市でフェンシング五輪銀メダリスト「太田 雄貴氏」とコラボ

コインチェック:メタバース都市でフェンシング五輪銀メダリスト「太田 雄貴氏」とコラボ

Everdome「メタバース土地NFTのミント」が可能に|鋳造後は取引も可能

Everdome「メタバース土地NFTのミント」が可能に|鋳造後は取引も可能

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

オーストリア最大の通信事業者「A1」仮想通貨決済を本格展開|2,500店舗で導入へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す